部屋探し・家探し・暮らしに関する色々なことを紹介します!

部屋探し・家探し・暮らし応援ブログ『家エェイ!』

賃貸・部屋探し

大東建託の賃貸物件ってどう?部屋探しの前に写真を見てみる?

投稿日:2015年11月29日 更新日:

大東建託と言えば、賃貸物件でのシェアは(たぶん)ナンバー1の大手です。

見渡せば、至る所に大東建託の物件を見かけますが、そんな大東建託の物件はどうでしょうか?

まずは大和リビングでも紹介しましたが、部屋とは関係ありませんがテレビCMから見てみましょう。

大東建託は今までにも「深田恭子」「中井喜一」と大物芸能人をテレビCMで起用しています。

今回のCMはダンスも印象的ですね。

まあ、部屋探しとは直接関係ないですけども。

 

スポンサードリンク

 

大東建託・新築~5年の物件

大東建託の新築物件と5年の物件を見ましょう。

新築の居室は、全体的に明るいイメージですね。

DSC_3947

DSC_3952

大東建託の物件は、全体的に白が基調にあって清潔感があります。

築5年の物件では、どうでしょうか?

DSC_3910

DSC_3917

こちらも綺麗ですね。

比べて見ても築5年くらいでは建具なども大きな違いは無いように見えます。

ちなみに水回りを見てみましょう。

新築物件はこちら。

DSC_3960

DSC_3954

DSC_3964

シャンプードレッサーに暖房便座など、さすがに新築は機能も充実しています。

築年数5年では、どうでしょうか?

DSC_3921

DSC_3918

DSC_3919

トイレに暖房便座が無いのと、お風呂が少しデザインが違っています。

とくにお風呂はその年数のモデルがあるので、築年数で違いは感じますね。

特に女性でお風呂など水回りが気になる方は、やはり新築が間違いは無いでしょうね。

一度でも誰かが住んでいれば、いくら築浅といえども、入居の形跡はどこかに残りますしね。

とはいえ、築年数5年だと十分綺麗です。

 

スポンサードリンク

 

大東建託・築5年~10年の物件

築年数が10年に差し掛かってくると、部屋の雰囲気や設備も変わってきます。

てぃーだB 013

最近ではフローリング(厳密にはクッションフロア)も白っぽい明るいものが多いですが、この時期は木目を活かしたデザインの物件が多いです。

キッチンやお風呂などの水回りは、

てぃーだB 009

てぃーだB 022

てぃーだB 020

お風呂や洗面台は先の築5年とあまり変わりがありませんが、キッチンにはそれなりに年数使用してきた感じが出て来てる感じがします。

また、特に設備はわかりやすいかもしれません。

例えば、モニターフォン。

新築では、

DSC_3950

築年数8年だと、

てぃーだB 011

結構違いが出てきますよね(笑)

とはいえ、きちんとモニターフォンとして使えますから。

でも全体的には、まだまだ綺麗なものです。

 

大東建託・築年10年~15年の物件

写真が暗いですが、これで築13年の物件です。

DSC_4730

DSC_4741

あまり築8年くらいの部屋と大きく変わらない印象を受けます。

DSC_4751

DSC_4749

DSC_4753

水回りも大きく変わっている感じはしません。

そう考えると築15年くらいまで大きく部屋が変わらないのであれば、家賃が安くなっているであろう築10年~15年くらいの物件は、じつは狙い目かもしれません。

この次の築20年の物件と見比べると、その理由が良く分かりますよ。

 

大東建託・築年数20年以上の物件

大東建託の物件も築年数20年を超えてくると部屋の雰囲気は随分変わってきます。

もう外観からだいぶ違います。

ドエル 004

このタイプよく見るんですが、大東建託でも木造ではなく鉄骨造なんです。

では、中を見ていくと…

ドエル 008

ドエル 016

玄関入って、すぐにダイニングキッチン。

最近の賃貸物件だと玄関から居住スペースが丸見えというのは少ないですから、ある意味で斬新です。

ドエル 019

ドエル 020

部屋の感じは悪くないですが、収納を見ると中はベニヤというのが古さをかんじさせますね。

ドエル 011

ドエル 013

ドエル 014

水回りはこんな感じですが、独立洗面台では無いのが残念です。

お風呂入った後に使うと濡れてるので大変なんですよね。

でも、家賃はもちろん安くなってますから、古さよりも家賃が安い所で探している人にとってはオススメです。

部屋の感じも出来れば今の作りが良いという方は、やはり15年前後の物件が狙い目です。

 

大東建託の物件について

賃貸の営業を行っていると「大東建託は木造だから音が響くんでしょ?」という話をお客さんからよく聞きました。

確かに木造はRC造(鉄筋コンクリート)と比べると上下階では音が響きやすいです。

ですが、大人が普通に生活していれば、さほど響きませんし、逆にRC造でも子供が走りまわれば響きます。

また壁に関しては、木造もRC造も関係ありません。

部屋の内覧で壁や床をドンドンする人いるんですけど「それだけドンドンすれば当然響くわ」というくらいドンドンして「この物件はダメだ」とか言うんですけど、普通に生活しててそんなに壁ドンドンすることある?って逆に聞きたい。

そんなドンドンする人は、そもそも集合住宅に住んではいけません。

とまあ「大東建託=音が響く」というのは、なんか違うような気はするんですけどね。

ただ最近の大東建託の新築は「これでもかというくらい柔らかいクッションフロアを使っている物件が多い」ので、逆に音に関する問題(苦情)は本当に多かったのかもしれません。

でも私は15年くらい前、実際に大東建託の物件に住んでいましたが、音のトラブルも無かったですし、退去時にぼったくられる事もなかったので、特に悪い印象はありません。

個人的には大東建託は安心して住めると思っています。

 

スポンサードリンク

 

-賃貸・部屋探し
-, ,

Copyright© 部屋探し・家探し・暮らし応援ブログ『家エェイ!』 , 2017 AllRights Reserved.