部屋探し・家探し・暮らしに関する色々なことを紹介します!

部屋探し・家探し・暮らし応援ブログ『家エェイ!』

賃貸・部屋探し

フローリングとクッションフロアの違い?退去時の補修とか色々!

投稿日:2015年12月16日 更新日:

賃貸物件で部屋の案内をしていると「このフローリングは、フカフカしてますね」と言われる事が多くて、意外とみなさん「床=フローリング」と思われているようです。

確かに英語では「床材=flooring」ですけど、まあ、なんというか、そういう事じゃないですよね。

別に床材が何か知らなくても部屋に住むのに困る事はありません。

ありませんけど、せっかくなのでひとつフローリングとクッションフロアの違いについて覚えて行って下さいね。

 

スポンサードリンク

 

フローリングとクッションフロアーの違いについて

近年の賃貸物件で使用されている床材の多くは、フローリングではなくクッションフロアーです。

一昔前でクッションフロアーといえば、洗面所などの水を使用すると場所の床材でしたが、最近では「フローリング調のクッションフロアー」があり、フローリングと比べて安価なことから、賃貸物件では床材として広く使われています。

 

フローリングについて、詳しく

一般的にフローリングは「木目の床材」と思われている(ので、木目のクッションフロアーもフローリング)のですが、ある意味で正解なんです。

  • 合板に薄い木を張り合わせた「複合フローリング」
  • 無垢材を利用した「単層フローリング」

があり、一般的に我々がフローリングと呼ぶものは薄い木を貼り合わせる複合タイプのものでしょう。

複合フローリングは、表面に貼り合わせるデザインは多く、木目だけではなく大理石調のものまであります。

また遮音性を高めたフローリングなどもあり、マンションなどでよく使われます。

ちなみに、天然木の無垢材を利用した単層フローリングは、木の質感があること、汚れても表面を削れば綺麗になることから一生モノとされますが、その分値段も高いです。

 

クッションフロアについて、詳しく

フローリングの表面の素材は「木」ですが、クッションフロアは「塩化ビニール」です。

ビニールなので、フローリングに比べて「フカフカ」します。(つまり、やわらかい)

見た目は「木目」ですが、少し押して柔らかければクッションフロアと考えて間違いありません。

施工も大きさにカットして貼るだけなので、最近の賃貸物件では主流の床材となります。

汚れたり、破れたりしても、安価に貼り替え可能というのは、賃貸では大きなメリットです。

耐久年数はフローリングよりも落ちて10年から15年ほどです。

 

スポンサードリンク

 

ズバリどっちがいいの?

いざ自分の家として考えるなら、やはり「木の質感(強さ)」「耐久年数」からフローリングですが、賃貸だったらクッションフロアでもまったく気になりません。

実際に賃貸物件に住むことでフローリングだから良いとか、クッションフロアだから良いというのは正直思いつきません。

でも、いざ退去の時にみなさん気にされるのがフローリングやクッションフロアの傷やへこみついて。

というわけで、よくあるケースに応じて解説していきたいと思います。

 

フローリングに傷!補修すれば退去費用はいらないよね?

フローリングに1センチくらいの傷を付けてしまったので、補修キットで自分で補修しました。

それなりに補修したから退去費用はいらないかというと、答えは”必要”だと思います。

キズの大きさにもよりますが、1センチとなると通常の生活で付くような小傷とは考えにくいですし、故意過失と判断されるのではないでしょうか?

(通常使用で付いた小傷程度は、大家さんの負担です。)

またポイントとなる”補修”ですが、補修してあるから問題無いということはなく、傷に対しての補修費用は請求されます。

但し、張替えまで請求されるとなると行きすぎで、一部補修で1万円前後くらいで十分足りると思います。

 

クッションフロアーの冷蔵庫設置跡は退去費用いる?

冷蔵庫の設置していた場所にへこみ跡が残ってしまったけど、これはクッションフロアの張り替えは…、ズバリ”必要無し”です。

クッションフロアに冷蔵庫を設置すれば、重さでへこむのは仕方が有りません。

通常の使用の範囲と考えられ、ガイドラインでも大家さんの負担となります。

 

たばこで焦げ跡をつけてしまった!修繕費用はいくらくらい?

たばこの焦げ跡は入居者の負担になります。

しかし、必ずしもクッションフロアの修繕費用の全額負担ではありません。

クッションフロアはクロスなどと同様に「減価償却」されるので、仮に6年入居していれば修繕費用の10%未満で済みます。

この「経年劣化」は、退去の際にあまり気にされずに、管理会社やオーナーの言いなりで「長く済んでるし仕方ないよね」で退去費用を支払う方が多いですが、長く済んでいる方ほど物の価値は当然下がっていくので負担額も減っていきますから注意してくださいね。

ホント、びっくりするくらい当たり前のように無茶な請求する会社多いですからね。

是非、退去する前にこちらの記事を読んでください。

敷金トラブルを防ぐ4つのポイント!

 

最後に

如何でしたでしょうか?

フローリングとクッションフロアは、素材が違いますから床材でも別物です。

同じ飲み物でも「コーラ」と「ファンタ」くらい違うわけです。??

使う場面によって、それぞれメリットがあるのでやはり使い訳になると思います。

実際に分譲や家を建ててリビングにクッションフロアを貼ると、耐久年数が15年でいちいち張替となると面倒ですよね。

ですから、分譲や家を建てる際はフローリングを使うのが主流です。

ただ実際に賃貸でクッションフロアの部屋に住んだからといって、大きな問題があるわけではないので、クッションフロアはチープでダメということはないですよ。

 

スポンサードリンク

 

-賃貸・部屋探し
-, ,

Copyright© 部屋探し・家探し・暮らし応援ブログ『家エェイ!』 , 2017 AllRights Reserved.