部屋探し・家探し・暮らしに関する色々なことを紹介します!

部屋探し・家探し・暮らし応援ブログ『家エェイ!』

賃貸・部屋探し

南向きの間取り!?玄関やリビングが南向きだと、どう良いの?

投稿日:2015年12月30日 更新日:

部屋探しで間取りを考える時に、「南向き」というのは結構大事なキーワードですよね。

南向き=よく陽が当たるということで、昔から良いとされていますが実際の所はどうなのでしょうか?

賃貸の場合、物件の多くは南向きにリビングやベランダを作っているものが多いので、部屋探しの際はあまり深く考えないかもしれませんが、「いつかはマイホーム」と考えている方は、賃貸で実際に住んだ時の方角のメリット・デメリットを抑えておくと役に立ちますよ!

というわけで、早速南向きの場所について、いろいろ考えてみたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

”リビング”が南向きでもデメリットはあるのか?

昔から”リビングが南向きだと日当たりが良くて最高!”と言われます。

確かに居住スペースとして、最も滞在時間の長い所が日当たりが良いのはいいですよね。

でも、こんな場合は南向きも考えモノです。

DSC_7563

こちらは、2階建てのテラスハウス(西側)で、リビング・ベランダは南向きで、ものすごく日当たりが良い!

DSC_7564

しかも、こちらはロフトがあって、ログハウスをイメージして造られているので2階が屋根裏を利用した形になっています。

ゆえに、暑い!

冬は暖かくて良いですが、夏は暑すぎる!

冬は暖かいというプラス面と夏は暑すぎるというマイナス面を差し引きしてプラスマイナスゼロとはなりませんからね。

夏はハンパ無いです。

少しこのケースは極端ですが、それでも南向きで、さらに西側の部屋だと夏は西日も強いので部屋が暑いことは多いです。

夜でも外壁が熱を持っていて、東側の部屋よりも暑いですからね。

南向きは日当たりが良くて最高ですが、

  • 良すぎても暑い!
  • 西側の部屋だとさらに暑い!

ので、この点は注意した方がいいでしょう。

 

”玄関”が南向きだと、どう?

では南側が玄関の場合は、どうでしょうか?

賃貸物件だと、あまり無いと思いますが、じつは風水的には南玄関というのは吉相とされています。

さらに良いとされているのは、南東(巽)です。

賃貸の営業をしている時に、まれに風水を気にして探される方がいらっしゃいましたが、やはり賃貸だと建てる時には借り手が付くかどうかを考えますので、南玄関は少ないです。

メゾネットタイプですと、ベランダ・玄関ともに南向きでも建てれるので、風水を気にされる方はメゾネットで絞ると良いかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

南向き”以外”の方角は、どう?

南向き以外の方向にリビングや玄関があったらどうでしょうか?

メリットやデメリットを考えていきましょう。

 

東向き

東は朝日が入ってくる方角です。

そのため午前中に明るいリビングで過ごしたい方には良いですし、また寝室に東側の窓があり日が差し込んでくるのも自然に明るくなって体に良さそうですね。

またベランダが東側であれば日が当たるのは正午までと考えると、早起きの方でないと洗濯物は大変かもしれません。

とはいえ、南向きの次に人気のある方角でもあります。

 

西向き

西は夕方に日が差し込んでくる方角です。

夏は西日が暑いと言われますが、実際暑いのと部屋の奥まで光が差し込んできます。(日が沈んでいくので角度が鋭角のため)

ベランダが西側だと夕方まで洗濯物を干しておいても渇きそうですし、玄関側が西だと夕方まで明るくて良いと思います。

 

北向き

北は日が当らないので、寝室向きだと思います。

賃貸だと西側にリビングを持ってくる間取りが多いですから、どうしても北側の部屋はさほど明るくはありません。

でも逆に明るくないので夜勤で日中に寝たい方にとっては、北向き寝室はベストではないでしょうか。

 

結局どの方角がベストなのか?

南向きはやはり日当たりが良いということで、人気の方角です。

実際に賃貸物件の多くは”南向き”にリビング・ベランダをつくる事が多く、理由は人気があるからに他なりません。

しかし、本当に南向きは日当たりが良いかというと少し疑問です。

というのは、「陽のあたる時間の長さ(日照時間)」で考えると、東向きも西向きも、対して南向きと時間は変わらないのです。

こう考えると、部屋探しで大切な事は”南向き”ではなく、自分が部屋にいる時間帯から考えないといけませんよね。

極端は話、日中ほとんど仕事で部屋にいないような方であれば、南向きにこだわる必要は全然無いと思います。

 

最後に

如何でしたでしょうか?

部屋探しで南向きというのは好条件の1つですが、必ずしも”外せないポイント”ではないのではないでしょうか?

大事なのは、南向きという方角よりも自分が部屋にいる時間帯を考えて、その時に部屋に日が差し込むというのが大事そうですね。

また最後に物件でマンションの高層階の場合に関しては、リビング北向きでも東や西に少しふれて(北西、北東)で、窓が東側、西側にあれば十分な明るさが取れます。

しかもリビング北側だと一般的に不人気と考えられるので、家賃が南向きの部屋よりも安く設定されている場合もありますので、意外と狙い目だったりもします。

ということで、まずは自分が部屋にいる時間帯を考えながら、部屋を見ると後悔しない部屋に出会えると思いますよ。

 

スポンサードリンク

 

-賃貸・部屋探し
-, ,

Copyright© 部屋探し・家探し・暮らし応援ブログ『家エェイ!』 , 2017 AllRights Reserved.