部屋探し・家探し・暮らしに関する色々なことを紹介します!

部屋探し・家探し・暮らし応援ブログ『家エェイ!』

賃貸・部屋探し

リノベーションの意味とリフォームとの違いを詳しく教えて!

投稿日:2016年2月10日 更新日:

「リノベーションマンションって、オシャレでいいよね!」

なんて、普段何気なく使っているかもしれませんが、リノベーションってどういう意味か知ってます?

なんとなくオシャレにリフォームしている部屋だと思っていませんか?

リノベーションの正確な意味を知っていなくても、多分これから先の人生でも、そうそう困る事は無いと思いますが、せっかくコチラの記事に辿り着いたわけですし、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

 

スポンサードリンク

 

リノベーションとは?

リノベーションは、すでにある部屋で大規模な改修工事を行って、新たな付加価値を与えることです。

ここで大事なのは「新しい付加価値を与える」ことです。

ちょっと極端な例ですが、お風呂の無い部屋を改修して、お風呂を作ったら、それはリノベーションということですね。

 

リフォームとの違い

では、リノベーションとリフォームの違いはどうでしょうか?

リフォームは、すでにあるものを直す、修繕ということです。

ですから、部屋の壁紙が汚れたので貼り直す場合はリフォーム。

お風呂をユニットバスに変えたらリフォームということですね。

  • リノベーション…改修・付加価値を加える
  • リフォーム…修繕・復元させる

 

スポンサードリンク

 

実際にリノベーション物件を見てみる

リノベーション物件って、実際どういう感じなのでしょうか?

以下は、リノベーション賃貸の Renotta(リノッタ)が手掛けている部屋の数々です。

アフィリエイトでも何でもなく、センスのよい部屋なのでご紹介します。

中古マンションを購入して、リノベーションしたい方も参考になると思うので、是非見てください。

では、写真で見てみましょう!

13

引用元:Renotta(リノッタ)

思い切ったチェック柄にしたデザインの床。

木目柄の天井にすることで、温かみのある空間になっていますね。

13 (2)

引用元:Renotta(リノッタ)

こちらはコンクート柄の天井にダウンライトと、少しゴツゴツとしたワイルドなデザイン。

男性にターゲットを絞ることで、逆に入居率が高まりそうです。

13 (3)

引用元:Renotta(リノッタ)

黒の天井と白い壁とキッチン。

そこにアクセントカラーでパープルのクロス。

都会的な印象を受けます。

13 (4)

引用元:Renotta(リノッタ)

壁を取り壊して、柱だけ残し、いくつかの部屋を繋げて1つの大きなフロアーに変貌。

ここまで思い切ったリノベーションは個人的に秀逸だと思います。

私が勤めていた賃貸の会社が行う、つまらないリノベーション物件の何倍もセンスが良いです。

これなら私も住みたい(笑)

IMG_3364

引用元:Renotta(リノッタ)

収納の棚もデザイン性高いですよね。

まさに見せる収納ですが、この棚に置くセンスの光る小物が見つけれるか(笑)

ヴィレッジバンガード通うしかないですね。

IMG_6829

引用元:Renotta(リノッタ)

このLDKも、元々がこんなデザインの部屋だったわけではなく、リノベーションで生まれ変わったわけです。

中途半端なリフォームじゃなく、ここまで思い切ると築年数の古い部屋も関係ないですね。

IMG_6864

引用元:Renotta(リノッタ)

この会社のリノベーション、個人的に好きです。

特に大家さんは必見だと思います。

地元の昔ながらの不動産屋が管理していると、こういうデザイン力が乏しくて、フルリフォームとか言って、ただ既製品のキッチンや風呂を新品にして、お金ばっかり取られているだけという方、多いと思います。

築年数が古くても、この写真の部屋をスーモやホームズに乗せれば、即効で問い合わせ来ますからね。

本当の意味でリノベーション(付加価値)を与えることが大切なんでしょうね。

 

終わりに

不動産業に携わった経験から、最近は賃貸では大手がバンバン新築を建てて、また家賃設定はかなり低い、もしくは高くても家賃交渉で下げてくれる場合が多いです。

築年数が新しい上に、家賃も比較的安いとなると、どう考えても大家さんは、これからますます厳しい状況になってくると思います。

そうなってくると、今まで面倒だからと管理会社の言いように任せていては、回らなくなってくるでしょうね。

大家さんが、大家”業”として、真剣に取り組まなければいけない時期が近いような気がします。

と、賃貸の営業経験からポロリ。

話をリノベーションに戻して、分譲でも最近は中古マンションをリノベーションして販売する専門業者も増えてきました。

しかし、こうやってデザインを見ていると、中古マンションを安く買って、自分で好きなようにリノベーションしていくという方が、楽しそうに思います。

いろいろな雑誌を買って、リノベーション賃貸を見に行ったり、出来る事は自分でもDIYしたり、自分で作るリノベーションマンションという形は、アリかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

-賃貸・部屋探し
-, ,

Copyright© 部屋探し・家探し・暮らし応援ブログ『家エェイ!』 , 2017 AllRights Reserved.