部屋探し・家探し・暮らしに関する色々なことを紹介します!

部屋探し・家探し・暮らし応援ブログ『家エェイ!』

家・土地

在来工法とツーバイフォー(2×4)の違いは?家はどっちで建てる?

投稿日:2016年6月20日 更新日:

木の家を建てようと思った時。

建築方法として、「在来工法かツーバイフォーのどちらにしようか?」と悩む人は少なくありません。

在来工法とは、家を「柱」で支える工法で、軸組み工法とも言われます。

それに対して、ツーバイフォー(2×4)工法は「壁」で支える工法で、枠組み壁工法とも言われます。

しかし、気になるのは工法の違いではなく、「具体的に何がどう違うのか?」ですよね?

というわけで、在来工法とツーバイフォー(2×4)工法、それぞれテーマを絞って比較して違いを見ていきましょう!

 

スポンサードリンク

 

在来工法と2×4工法で建てた家の性能を比較してみる

家を建てる時に気になるポイントをピックアップして、在来工法とツーバイフォー(2×4)工法で、それぞれ比較していきます。

耐震性

  • 在来工法…必ずしも悪いわけではありません。
  • 2×4工法…在来工法よりも強いとされています。

耐震性に関しては、ツーバイフォー(2×4)工法が良いと言われており、実際に消防署などでもツーバイフォー(2×4)工法で建てられていたりします。

しかし、最近では在来工法でも耐震金物でを使って柱が抜けないように作る工法もあります。

 

気密性・通気性

  • 在来工法…気密性は低いですが、通気性がよく湿気はこもりません。
  • 2×4工法…気密性は高いですが、湿気はこもりやすいです。

在来工法の良さは、通気性でしょうし、ツーバイフォー(2×4)工法は気密性が良いです。

個人的な見解としては、日本は湿度が高い国ですから、気密性よりも通気性を考えたいですね。

 

断熱性・耐火性

  • 在来工法…さほど高くありません。
  • 2×4工法…高いです。

ツーバイフォー(2×4)工法は、壁の内側(枠で組むので)に断熱材を敷き詰めますから、断熱性は非常に高いです。

在来工法はお金をかければ高めることが出来ます。

 

間取り

  • 在来工法…制約は無く、好きな間取りで建てれます。
  • 2×4工法…制約があり、大きな空間を作るのは難しい。

ツーバイフォー(2×4)工法は、壁で組んでいくので間取りのサイズなどは制限があります。

それでも一般家庭で建てる家として考えれば十分な間取りだと思いますが、こだわりの注文住宅を建てるとなると、在来工法になるでしょう。

 

開口(全面窓など)

  • 在来工法…開口は広くとれ、全面窓も可能です。
  • 2×4工法…出来ません。

間取り同様、ツーバイフォー(2×4)工法は制限があります。

全面南窓にするなどは出来ません。

こういう点は、在来工法が有利ですね。

 

スポンサードリンク

 

在来工法と2×4工法の費用面を比較してみる

家を建てる場合に気になるのは、やはりお金ですよね。

在来工法とツーバイフォー(2×4)工法で掛かる費用について比較検討していきましょう。

 

建築費用

  • 在来工法…高いです。
  • 2×4工法…安いです。

純粋なコストとして考えると、在来工法の方が高いですが、ここはハウスメーカーの価格設定にもよります。

ツーバイフォー(2×4)工法は、材料費も安く、建てるのも組み立てなので、在来工法のように大工さんの腕に左右されないです。

 

火災保険

  • 在来工法…高いです。
  • 2×4工法…安いです。

火災保険は、ツーバイフォー(2×4)工法が在来工法の半分くらいの値段で済みます。

 

工事期間

  • 在来工法…4カ月~半年
  • 2×4工法…2か月

工事期間も在来工法の方が長いです。

 

リフォーム

  • 在来工法…行いやすい
  • 2×4工法…行いにくい

リフォームでも増改築などの大掛かりな工事は、ツーバイフォー(2×4)工法は難しいです。

壁を取り払うような場合、建築強度が大きく変わるため、基本行いません。

在来工法は、リフォームなど行いやすいです。

 

在来工法と2×4工法、どっちが良いのか?

先の比較を見て頂くと分かる通り、どちらもメリットがあり、デメリットもあります。

ただ、ツーバイフォー(2×4)工法の家の場合は、いざ部屋を広くしたいなど、住んでから20年後に思っても簡単ではありません。

そういった先の事もツーバイフォー(2×4)工法で家を建てる場合は、検討しておいた方が良いでしょう。

1つのアイデアとして、子供部屋など一部屋一部屋を小さい間取りで作るのではなく、出来る限り大きな部屋で作っておき、取り壊せる壁で仕切り、子供部屋を2つ作るような、先を見据えて作ると後で困りません。

 

最後に

如何でしたでしょうか?

木造住宅で家を建てると、まず比較検討となる在来工法とツーバイフォー(2×4)工法。

それぞれ良い所がありますので、結局は家を建てられる方の好みとなりますが、それでも何が良いのか?悪いのか?が、わからなければいけません。

比較の材料として、この記事がお役にたてば幸いです!

 

スポンサードリンク

 

-家・土地
-, ,

Copyright© 部屋探し・家探し・暮らし応援ブログ『家エェイ!』 , 2017 AllRights Reserved.