部屋探し・家探し・暮らしに関する色々なことを紹介します!

部屋探し・家探し・暮らし応援ブログ『家エェイ!』

暮し・インテリア

ベランダ、バルコニー、テラスの違いって何?固定資産税も変わるの?

投稿日:2016年6月25日 更新日:

よく賃貸の物件資料でも、ベランダやバルコニー、テラスと記載されていて「何が違うんですか?」という質問をされます。

知恵袋でも質問されている方が結構いらっしゃいますが、他にも固定資産税について気にされる方も多いようです。

確かに、家を建てる際に、ベランダの屋根などは後付けの方が、固定資産税が安いなどアドバイスする業者もいますが、実際の所はどうなんでしょうか?

詳しく解説していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

ベランダとバルコニーとテラスの違いは?

まず「ベランダ」「バルコニー」「テラス」が何なのか解説していきましょう。

ベランダとは?

建物の外側に張り出した屋根のあるスペースのことです。

マンションの場合は、ベランダが避難経路となっている場合が多いので、いざという時に逃げる経路を塞ぐようなものを置いてはいけません。

バルコニーとは?

建物の外側に張り出した屋根のないスペースのことです。

一般的にはベランダよりも広い事が多く、下の階の屋根を利用したルーフバルコニーと呼ばれるものもあります。

テラスとは?

建物の1階から外に向かって張り出されたスペースをテラスと言います。

言ってみれば1階のバルコニーがテラスですね。

ですから、ウッドデッキはテラスに分類されます。

 

本来は、上記のような区分をされますが、最近の賃貸物件の資料などみると、まとめて「ベランダ」と書いてある場合があります。

これは物件資料を作る人が、面倒で全部「ベランダ」としているのであって、正しい表記ではないので、なんでしたら突っ込んでやりましょう(笑)

 

家を建てる時はベランダの有無で固定資産税が変わる?

固定資産税は、屋根がないと床面積に含みませんので、固定資産税で気にしなければいけないのは「ベランダ」です。

ベランダは、

  • 3方に壁があること
  • 高さ
  • 用途性

から考えます。

そして、ベランダで固定資産税が変わるかというと、結論として変わります。

そのため、業者によっては「後で屋根をつけた方が良い」というアドバイスをされる所もあります。

計算方法は、ベランダの素材などでも変わるので、一概に言えないのですが、一般的な戸建てのベランダで言えば、年額で2000円~3000円程度です。

であれば、確かに安いですけど、わざわざ検査完了後に取り付ける手間暇を考えると面倒ですね。

 

スポンサードリンク

 

賃貸を借りる時の注意点

賃貸の物件資料に「専有面積」という項目があります。

平たく言えば、借りる部屋の広さなわけですが、じつは「ベランダ」「バルコニー」「テラス」は、この専有面積に含まれません。

ですから、単純に同じ専有面積の部屋があった場合、「ベランダ」「バルコニー」「テラス」が広い方が気持ちお得です。

実際の利便性もありますが、住んでいる際の目線の広さ(部屋が広く感じる)という面にも大きく影響しますので、部屋を借りる際には密かに気にしたいポイントですね。

但し、ベランダが広いからと言ってマンションでは規約上制限が掛かっている場合もあります。

その点はルールに沿って避難経路に大きな荷物を置くなど、トラブルにならないように気をつけてください。

 

最後に

如何でしたでしょうか?

今まで何度も賃貸物件を借りた事がありますが、一度は広いルーフバルコニーのある部屋に住んでみたかったですね。

「ベランダ」「バルコニー」「テラス」が広いと解放感がありますから、憧れます。

また家を建てる際の税金面に関しては、あまり大きな影響を与えることは無いと思いますが、詳しくは建築業者に確認して頂くのが良いかと思います。

この記事がお役にたてば幸いです。

 

スポンサードリンク

 

-暮し・インテリア
-, ,

Copyright© 部屋探し・家探し・暮らし応援ブログ『家エェイ!』 , 2017 AllRights Reserved.