家探し・土地探し

新築の設備でおすすめはどれ?場所に合わせてご紹介します!

投稿日:2016年9月21日 更新日:

新築を建てる時、「より快適な住まいにするには何をどうすればよいのだろう?」いろいろ考えますよね。

あなたは、住まい選びのポイントとして、一体何を重要視されていますか?

「仕事や通学に便利なロケーション(立地)」や「家族の形態に合わせたプラン(間取り)」も大事ですが、暮らしの質を高めてくれる「住宅設備」はとても大切なポイントです。

そんな住宅設備の技術は日進月歩。

数年前では無かった高機能や、高級物件にしか備わっていなかったハイクラスなアイテムがどんどんリーズナブルに標準化されて、「家事の負担を軽減してくれる便利機能」から「ひとクラス上のリラクゼーション」を叶えてくれる快適機能まで幅広くあります。

ここではキッチンやバスルームといった水回りからリビングに至るまで、最新かつ人気のアイテムをチェックしていきましょう。

今回は、実際に使用されている方からも評価の高い、家を建てる時におすすめの住宅設備を「場所別ランキング形式」でご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

新築にあって良かった住宅設備!<キッチン編:TOP3>

新築を建てる時に、もっとも女性が気になるのは「キッチン」ではないでしょうか?

ウチの嫁も少ない予算の中で出来る限りこだわったのもキッチンでした。(嫁ちゃんごめんね)

と、とりあえず気を取り直してみていきましょう!

1位:食器洗い乾燥機

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

私が家を飼う時に、嫁が「これだけは絶対外せない!」と選んだのが、食器洗い乾燥機でした。

やはり毎日の食器洗いを簡単にできる点は主婦にとってはありがたいでしょう。

そして、食器洗い乾燥機を新築の時に付けたい理由は、なんといってもビルドインです。

キッチンは食器や食材を置けば狭くなりがちです。

そんな貴重なスペースに後付け置き型の食器洗い乾燥機を置いてしまえば圧迫感がとんでもありません。

ビルドインタイプの食器洗い乾燥機は新築に付けたい設備の堂々1位でしょう。

 

2位:IHクッキングヒーター

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

オール電化住宅なら間違いなく選ばれるIHヒーターですが、やはり火を使わない安心感はありますよね。

そして、なによりも汚れたらフラットな平面をさっと拭くだけという清掃のしやすさが人気の秘訣です。

汚れがちなキッチンまわりはいつも清潔!

見た目もすっきりで後片付けも手際よく終わるから、忙しい日常でも大助かりです。

 

3位:ディスポーザー

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

ディスポーザーと言えば「マンション」というイメージがありますが、じつは戸建てにも設置は可能です。

というか、密かに設置される方も増えて起きています。

週に数回のゴミ収集だとどうしても数日は家に置いておかなければなりません。

特に夏場はニオイや虫など、気になりますよね。

でも、キッチン排水口にディスポーザーが付いていれば、生ゴミを溜めることなく下水に都度排水してくれるので、いつも清潔に保てます。

ただ、とても便利はディスポーザーですが、戸建ての場合は「生ごみ処理機」という手もあります。

 

生ごみ処理機

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

ディスポーザーを取り付けることが難しい場合は、「家庭用生ごみ処理機」を購入するのも良いですね。(というか設備に含まれない感じがしますけども)

どちらにしても、あったら嬉しい!

 

スポンサードリンク

 

いつでも快適なバスタイムを!<お風呂編:TOP3>

入浴タイムを快適に過ごせるかどうかも住宅設備に大きく影響を受けます。

子供の頃は、冬は震えながらお風呂に入ったりしていましたが、今はそんなことも無くなりました。

1位:浴室暖房乾燥

 

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

まあ、最近の新築で「付いてないことは無い」と思いますが、やはり欲しい浴室暖房乾燥機です。

寒い冬場の予備暖房はもちろん、雨の日の洗濯物乾燥にも活躍します。

短時間で洗濯物が乾かせ、ハンガーにつるして干せるのでシワになりにくいと評判です。

浴室自体のカビ防止にも役立ちます。

またユニットバス自体もお湯張りから追い炊き・足し湯まで自動で行うフルオートバスや乾きやすく汚れのつきにくい素材など、お風呂に手間をかけることがどんどん少なくなっていますよ。

 

2位:ミストサウナ

matome_20150217045736_54e2ca4040ae4

引用元GIRLY

仕事や学校などで一日のスケジュールもしばられがちなご家族も、週末にはゆっくりとしたリラクゼーションを自宅で楽しめるミストサウナ。

女性なら美容目的で自宅エステ、男性なら健康維持に、気軽に使えて体の芯からポカポカ温めてくれるから家での楽しみも増えますね。

 

3位:多機能シャワー

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

シャワーから出る水が色々なパターンに切り替え可能です。

ちなみに、こちらのリクシルの多機能シャワーの場合、

  • ミスト
  • マッサージ
  • スプレー

と切り替え可能です。

浴びるシャワーが気持ちよくて最高です!

 

スポンサードリンク

 

家族が揃って過ごす場所を快適に!<リビング編・TOP3>

リビングは家族が最も長く一緒に過ごす場所になります。

そんな大切な空間だからこそ、快適な設備が欲しいですよね。

1位:床暖房

0000000688

引用元V Home Fair

様々な住宅設備の中でもダントツの人気を誇る床暖房!

最近では賃貸物件でも装備していることがありますが、床暖房ならではの優しいぬくもりは一度経験するとやめられません。

床暖房を経験したことが無い方は「思っていたよりも暖かい」「部屋全体が温まる」ことに驚くのではないでしょうか?

それに、温風などでホコリが舞わないのもポイントです。

ゆえに子育てママにも高評価です!

 

2位:ペアガラス

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

リビングなどの大きな開口部には複層ガラスがおすすめです。

複層ガラスは2枚のガラス板の間に中空層を設けた構造で、「断熱・結露防止・遮音」などの効果があり、冷暖房の効果も上げてくれます。

省エネ+快適を叶えてくれる優等生アイテムですね。

 

3位:室内物干し

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

リビングの設備というわけではありませんが、室内に設置したい設備として外せないのが「室内物干し」です。

なんだかんだで洗濯物は室内で干す機会は出てきます。

そういう時に、家の至る所にハンガーを引っ掛けるよりも、天井からスルスルと洗濯物を引っ掛けるスペースが出てくるのは見た目にも使い勝手にも便利です。

室内物干しを設置するには洗濯物の重量に耐えられる強度が必要ですから、新築を建てる際に合わせて付けておくと安心ですね。

 

おわりに

家を建てる時に考えたい、住宅設備事情はいかがだったでしょうか?

今回ご紹介したのはごく一部ですが、どれも人気の高いアイテムばかりです。

日々の生活でも長い時間を過ごし、そして長い年月を過ごす住まいだからこそ、快適な暮らしをサポートしてくれる住宅設備は重要なポイント。

しっかりとリサーチして住まい選びに役立ててください。

というわけで、「家新築の設備でおすすめはどれ?場所に合わせてご紹介します!」でした!

 

 

 

【 おすすめ記事 】

-家探し・土地探し

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2017 AllRights Reserved.