暮し・インテリア

DIYでタイルデッキにチャレンジ〜準備と手順〜

投稿日:2016年10月7日 更新日:

ウッドデッキとならんでお洒落なエクステリアの代表格となるタイルデッキ。

スタイリッシュなヨーロッパの街並みを彷彿とさせるシャープな印象と洗練された上品さを併せ持った石畳は、デッキスタイルの王道であるとも言えます。

また、流行のウッドデッキには憧れるけど、「DIYでつくるには図面を引いたり、木材を加工したり、後々のメンテなど何かと大変そうだなあ」と、タイルデッキを検討される方も結構多いようです。

そんな機能性と見た目のスタイリッシュが魅力のタイルデッキについて見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

タイルデッキのメリットとは?

DIYにおいて、タイルデッキのメリットは色々あります。

例えば…

バリエーションが豊富!

タイルは普通に販売されているものでもカラーやデザイン、カタチや質感など豊富なバリエーションがあります。

リゾート風、南欧風、和モダンなどなど、お好みの思い描くイメージに合わせて、アイテムを自由にチョイス。

さらには並べ方や組み合わせがセンスの見せどころなのも魅力です。

 

耐久性が高い!

陶器や石が主材料であるタイルは木材に加えて圧倒的に耐久性があります。

木材は経年による破損、腐食、虫喰いなど、様々な劣化に対してのメンテナンスが定期的に必要ですが、タイルは基本的にメンテナンスフリーです。

 

掃除が簡単!

汚れてもほうきで掃く、水を撒いてデッキブラシでゴシゴシこするだけでOKです。

ウッドデッキは水に弱いので、そう考えるとタイルの掃除は圧倒的に楽ですよね。

 

長期的に見てコストパフォーマンスが良い!

施工時の材料費的にはそれほど変わりませんが、定期的に発生するウッドデッキのメンテナンス費用を考えると、メンテナンスフリーのタイルデッキは高コストパフォーマンスであると言えます。

 

スポンサードリンク

 

意外と簡単!タイルデッキのつくり方

では実際にDIYで行う手順について見ていきましょう!

①土間づくり

安定性や強度の面から地面にタイルを直接並べるわけにはいかないので、まずはしっかりとした土間が必要です。

土間コンクリートのつくり方は以前にも紹介しました。

参照:DIYで土間コンクリートにチャレンジ!~準備と手順~

ただし仕上げは必ず「ハケ仕上げ」にしてください。

フラットな金ゴテ仕上げだとタイルとの接着が悪くなり、時間とともに剥がれやすくなります。

 

②下地づくり

土間が完成したら、あとは上にタイルを並べますが、こちらもモルタルの食いつきを高めるため、下地づくりとしてシーラーをロールで塗りこみます。

 

③タイル貼り

モルタルを使ってタイルを並べていきます。

並べ方は自由です。

単一色で統一感を持たせるもよし、数種類を組み合わせ幾何学模様にチャレンジするもよし。

当然ですが小さいタイルだ複雑な組み合わせが可能ですが、大きいタイルだと枚数が少なくて済みます。

並べるタイルの位置はあらかじめ墨出しや糸をつかってラインを引いておくと、真っ直ぐに貼れますよ。

土間とタイルの接着剤となるモルタルはタイル側に1枚1枚塗るのではなく、下地の方に金鏝で塗った方が厚みが均等に塗れます。

また、タイル同士の隙間=目地は約1cmほど確保してください。

タイルを並べた後にゴムハンマーなどで叩いて、まっすぐかつ高さを均等に圧着してください。

端や曲線部でタイルをカットする場合はサンダーを使用し敷地に合わせていきます。

 

スポンサードリンク

 

④仕上げ

最後に目地をモルタルで埋め込み、乾かないうちに水を含んだスポンジでタイル面全般をゴシゴシこすることにより、余分なモルタルとタイル面の汚れを落としていきます。

汚れがとれ、モルタルが完全に乾いたら完成です。

 

お手軽裏ワザ!並べるだけのジョイントタイル

DIYでチャレンジするとは言ったものの、「土間やらモルタルやらカットやらちょっと面倒だな…」「女性のワタシでも出来るか不安…」なんてお考えの方にはジョイントタイルがおすすめです。

ジョイントタイルは文字通り、ジョイントして接続できるタイルマット。

ホームセンターなどでも複数枚セットでよく販売されています。

女性でも簡単にできる手軽さが受けて、いまでは種類も豊富になっています。

ストーン調、レンガ調、ウッド調とお好みに合わせて、デッキやお庭、ベランダなどを簡単にアレンジできます。

ただしお手軽な分、やはり見た目の重厚感や安定性、耐久性は本物のタイルには及びません。

しかし、そこは考えようです。

お部屋の模様替え感覚で手軽に買いかえられるのも、ジョイントパネルの魅力です。

 

 ■ジョイントタイル・陶器風
(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

 

 ■ジョイントタイル・石畳風

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

 

 ■ジョイントタイル・ウッドデッキ風

おわりに

如何でしたでしょうか?

今回はタイルデッキについて紹介しました。

素材選びにワクワクしてしまうバリエーションの豊富さと、お子様でもお手伝いしたくなる施工の手軽さは、ウッドデッキに負けない魅力あるアイテムです。

是非みなさんも挑戦してください。

以上、「DIYでタイルデッキにチャレンジ〜準備と手順〜」でした。

 

こういう子供が頑張っている動画を見るとすぐに泣いてしまう私は、「1日150円で救われる子供がいる」と思ってチャイルド・スポンサーシップに参加しました。

現地に行って支援することまでは出来ないけど、日本にいることで出来ることをやろうと思います。

私のチャイルドは「カンボジアの少年」でした。

 

 

【 おすすめ記事 】

-暮し・インテリア
-, ,

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2017 AllRights Reserved.