賃貸・部屋探し

古い部屋ほど家賃は安い!だけど一体どれくらいボロいの?

投稿日:2015年11月30日 更新日:

引っ越ししたいけどお金が無いから安い部屋を探してるという方は、是非ご覧くださいませ。

部屋の家賃が安くなる理由は、とても簡単です。

それは”物件が古くなる”ことです。

今でもマンションやアパートは新築がドンドン建てられていますから、その中で築年数が古くなればそれだけ部屋を探している方から選ばれなくなってしまいます。

そのため、大家さんからすると「家賃を下げる」ということも考えないといけません。

築25年や築30年となると家賃も下がってきます。

ですが、実際のところどれ位の古さなのか気になりませんか?

まずは不動産屋に行く前に写真で確認してみましょう。

 

スポンサードリンク

 

築年数25年(前後)の物件では?

築年数25年になると物件の古さはどうでしょうか?

DSC_3899

こちらは2DKの和室、洋室の物件。

 

築年数は27年になりますが、退去の際の修繕でクロスの貼り替えなどしっかり行っているので、思いの外きれいですね。

DSC_3889

窓の光が明るすぎる。

明らかに写真がヘタですね。(苦笑)

 

DSC_3885

お風呂に洗面台が付いているタイプですが、結構寝る前の歯磨きの時とか、足が濡れるので不便なんですよね。

 

DSC_3886

トイレも流石に暖房便座はありません。

暖房便座はコンセントがあれば自分で設置出来るので、必要な方は用意しましょう。

 

スポンサードリンク

 

築年数30年の物件では?

ちなみにジャスト築年数30年だと、こういう感じです。

シャトルかみや 005

シャトルかみや 006

部屋の感じは先の築27年の物件とあまり変わりません。

 

シャトルかみや 008

キッチンも似たような感じです。

築年数が近いから大きな違いはありませんね。

でも、たまにお風呂の設備が随分違う物件があります。

 

それが、こちら。

シャトルかみや 010

お風呂の右側に何か付いてますね!

これ「バランス釜」と言います。

 

古い物件には「バランス釜」という、お風呂専用の給湯器が付いている物件もあります。

IMG_1326

こういう物件(昭和初期のテイスト)が好きな人は一部見えるので、そういう方にはオススメですが、お風呂に専用の給湯器があると言う事は、キッチン、洗面所にお湯が出る設備(瞬間湯沸かし器など)が付いてなければお湯出ませんから注意しましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

築30年以上の物件

築30年の物件になってくると、グッと古さも出てきます。

ちなみに写真の物件は築33年です。

リノベーションされていないと、どういう感じでしょうか。

DSC_4703

DSC_4715

DSC_4707

「あれ?思ったほど悪くない?」

玄関から居室、和室の写真ですが、確かに古いですけど、これで家賃が安いならアリではないでしょうか?

 

やたら日当たりもよく見えますね。

DSC_4719

DSC_4709

キッチンに壁掛けの給湯器があるので、お風呂の給湯器とは別ですね。

もしかしたら洗面台はお湯が出ないかもしれませんから、チェックしてくださいね!

入居してからお湯が出ないと困りますから。

部屋を見る際は、古い物件を内覧する際は給湯器は必ず注意しましょう。

 

DSC_4704

DSC_4705

お風呂とトイレですが、ともに年代を感じますね。

なんかトイレ丸いし(笑)

そしてお風呂のタイルがある意味でいい味出してます。

インパクトありますね。

 

築30年以上の物件も本格リノベーションすると…

外観は古いけど、一度部屋の中に入ると凄く綺麗なリノベーション物件もあります。

賃貸の営業を行っている時も「物件が古くても綺麗にリノベーションしていたらOKです。」というお客さんは多かったです。

でも部屋全部を完全リフォームしている所は少なくて、一部屋だけリフォームして、次に洗面台だけ変えて…、という所が実際多いです。

これだとあまり入居率が上がらずに、かえってリフォーム代は払うわ、入居者は入らないわという、大家さんにとって負のスパイラルだと思うのですが、勿体ないです。

実際、築30年の物件でも思い切ってリノベーションすれば「この物件に住みたい!」と言われるような部屋にだってなります。

 

例えば専門業者のリノベーションの一例ですが…

ria

引用元RENOTTA

もとは和室の築30年物件も、リノベーションでこのような洋室になります。

白と濃い茶色のモノトーンが高級感を感じさせますね。

ri

引用元RENOTTA

個人的には、白と黒のように明暗をはっきり分けるクロスの色遣いに、ダウンライトを使うだけでオシャレ度がグッと上がると思うのですが如何でしょうか?

築30年でもこれだったら「住みたい部屋」ですよね。

 

古い物件も家賃が安いという大きなメリットがある

築年数25年以上の物件写真を見て頂きましたが如何でしたでしょうか?

確かに築10年くらいの物件に比べると物件の古さは感じます。

しかし、同じ立地でも毎月の家賃がグッと安くなるのは魅力です。

最近では古い部屋を芸能人がDIYするテレビ番組も増えています。

お風呂を入れ替えるなど大掛かりなことは出来ませんが、クロスにシールを貼るとか、カーペットを敷くとか、家賃の安い古い部屋を自分の好みに作り替えていくのも面白いかもしれませんね。

好きな部屋で毎月の家賃が安いなんて、リノベーション最高ですね。

 

 

 

【 おすすめ記事 】

-賃貸・部屋探し
-, ,

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2017 AllRights Reserved.