賃貸・部屋探し

部屋探しのコツを賃貸営業マンが伝授!お部屋探し5つの心得!

投稿日:2015年12月7日 更新日:

以前は部屋を探すのも、まずは「不動産屋に行って、物件を紹介して貰って、案内されて」という流れでしたが、最近ではお客さんがスマホ片手に「ココと、ココの物件を見せてください。」と、物件指定されることが多くなりました。

「時代も変わったなー」と、しみじみ思う今日この頃です(笑)

とはいえ、ほとんどの人が部屋探しを何度も経験されているわけではありません。

なかには変な思い込みがあったりして、「部屋探しで失敗される方」も意外といらっしゃいます。

ここでは実際にあった、お客さんの失敗例なども踏まえながら、お部屋探しで気を付けたい5つの心得をお伝えします!

 

スポンサードリンク

 

賃貸物件の不動産屋巡りは無駄!8割は同じ物件です!

部屋を探すとなると近くの不動産屋に行くと思いますが、ほとんどの人が、

  • ミニミニ
  • アパマンショップ
  • エイブル
  • ピタットハウス

など、TVCMで名前を聞いた所に行くのではないでしょうか?

あとは「ハウスコム(大東建託)」「ホームメイト(東建コーポレーション)」などもありますが、こちらはアパートを建てるのがメインの会社なので、自社物件を中心に勧められるかもしれませんね。

とはいえ「え?違いがわからないんですけど」と思われるかもしれないので、簡単に説明しましょう。

 

仲介会社と建築会社に分かれる

まず「ミニミニ」「アパマンショップ」「エイブル」「ピタットハウス」などは、アパートを仲介(紹介)することで手数料を貰って利益を上げることをメインとしている会社です。

そして「大東建託」「ダイワリビング」「東建コーポレーション」といった会社は、自社で仲介業務も行いますが、アパートを建てることがメインの会社です。

  • 大東建託の仲介会社…ハウスコム
  • 東建コーポレーションの仲介会社…ホームメイト

そのため自社物件や、一般の大家さんの物件、なんでも紹介します。

 

仲介会社は情報を共有している

部屋を探すとなると住みたい地域の仲介会社に相談に行くと思うのですが、だからと言って全部の仲介会社に行ってもあまり効率はよくありません。

というのは、各仲介会社で扱っている物件の8割は「一般物件」と言われ、どこの仲介会社でも扱っているからです。

例えば「スーモ」などで物件を探す(検索)してみると、同じ物件を別の会社がいくつも紹介していることがあると思います。

これは「物件オーナーが地域の仲介会社全部に紹介して!」とお願いしているからです。

オーナーからすれば1社に頼むよりも複数社に頼んだ方が早く部屋を決めてもらえる可能性が高いわけですから、当然そうなります。

 

では残りの2割はどうかというと、これは個人オーナーで「アパートの管理も募集も面倒だから全部任せる」と、すべてを1社に委託してしまう場合があります。

こういう物件は「管理物件」とか「専任物件」といいます。

8割と2割を比べて見ると、8割は大東建託、大和リビング、東建コーポレーションといったアパートの建築をメインとした大手物件は必ず8割に含まれますし、2割は地元の個人の大家さんという感じなので、新築物件などメインどころは仲介会社を複数回らなくても1社で十分なんですね。

意外と部屋探しは時間と労力掛けるので、効率よく良い部屋を見つけたいですよね。

 

じつは仲介会社で手数料が違う!

仲介会社で扱っている物件は似たり寄ったりという話が済んだ所で、お金に直結する話をしましょう。

どこの仲介会社でも部屋を借りる時に「仲介手数料」というものが、入居時の初期費用の明細にあると思います。

これは仲介会社(部屋を紹介してくれる不動産会社)に支払う手数料のことです。

この仲介手数料は借主(あなた)、貸主(大家さん)から合わせて家賃の1ヶ月分と法律で定められています。

そして、この仲介手数料ですが、じつは仲介会社によって違いがあります。

つまり”同じ物件でも仲介会社によって、あなたは多く支払うケースが出てきてしまう”んですね。

これは嫌ですね。

無駄に多く手数料を支払うだけで、何もメリットがありませんから、普通に考えれば仲介手数料が安い所が良いですね。

というわけで、仲介手数料を比較してみましょう。

 

ズバリ!仲介手数料を比較してみよう!

  • ミニミニ…仲介手数料50%
  • アパマンショップ…仲介手数料100%
  • エイブル…仲介手数料50%
  • ピタットハウス…仲介手数料50%?

すいませんが、ピタットハウスだけウチの近所になくて自信がないです(苦笑)

 

ただアパマンショップは黙って何も言わないと仲介手数料家賃の1ヶ月になるので、ミニミニやエイブルでも紹介されている物件だったら、アパマンショップの営業に安くしてとお願いしてみるか、ミニミニ、エイブルで決めるかが単純にお得でしょうね。

仮に家賃が6万円の物件だったら、3万円手数料で違いがあるわけですから、3万円で電化製品でも買った方がよほど有意義です。

また今まで大東建託物件、大和リビング物件に住んでいて、再度大東建託、大和リビングと同じ物件に住むと、仲介手数料が無料になる(はず)なので、一度聞いてみるといいですよ。

 

スポンサードリンク

 

賃貸でネットに出さないお宝物件は、まず無い

部屋探しのお客さんで、たまに「ネットに出ないお宝物件探し」をしている人がいます。

確かに「土地探し」であれば、ネットにあえて出さないお宝物件はあります。

土地の場合は、わざわざネットの広告費をかけなくても、来店のお客さんに紹介すれば決まるからです。

ですが、賃貸物件の場合は良い物件ほどネット広告に載せます。

なぜなら、各仲介会社で同じ物件を扱っているので競争だからです。

ですから、もしあなたが良い物件に住みたいと思うなら、まずはネットで情報収集をこまめに行う事です。

そして、気になる物件があったら即効で連絡をして、すぐに決めてしまいましょう。

1月~3月の繁忙期では、ネットの情報だけで決めてしまわないと、あっという間に他のお客さんに取られてしまいます。

繁忙期以外でも、ネットで良い物件を見つけたら、すぐに内覧をしにいって、よかったら決めてしまう。

「1週間くらい考えても部屋なくならないよね」なんて考えていると、良い部屋なくなっちゃいます。

みんな同じように、ネットで探しているわけですから。

早い者勝ちです。

賃貸で部屋探しするなら、土地探しのように「じっくり足で稼ぐ」というのは間違いで、「ネットを使って素早く決める」のが良い物件に住むためのコツです。

 

部屋を決める際に悩まないための下準備を行う!

部屋探しのコツは即断即決と言っても、正直なかなか決めれない人は結構います。

そして、無くなったら「ああ、やっぱり決めておけばよかった」と後悔する人もいるわけですが、時すでに遅し。

例えば、「綺麗で、家賃も安くて、築浅で、駅も近くて、オートロックで…」なんて条件をたくさん言って、に条件に合う新築物件があったとしても、たぶんそういう人は決めれないです。

そういう人に限って「もっと良いのが出るかも」とか思うんですね。

コレなんでかというと、「自分が”絶対に”欲しい物がわかっていない」んですね。

じつはオートロックなんて欲しくないけど、なんとなく条件に入れているような感じなので、いざ条件にあっても「別に…」みたいな。

実際に「築浅」「綺麗」が条件だったのに、築15年くらいの物件で「家賃が安い方が決め手」だったとか、「駅近」で探してたけど「お風呂が大きい」ことで部屋を決めたとか、はじめと全然違うことよくあります。

部屋を探す前に「どういう部屋に住みたいのか」を考えておくと、「せっかくの休みの度に部屋探ししている」ということもなくなりますので大事ですよ。

やってみるとわかりますが、何件も部屋見て、考えてって、結構疲れますからね。

 

部屋を借りる時の消毒は必要なのか?

部屋を借りる際にセットで勧められる「室内消毒」というものがあります。

これは平たくいうとゴキブリなどの害虫駆除です。

引っ越し前に頼むのですが、値段は1万円くらいはしますのでバルサンと比べると結構高いですよね。

実際に効果あるのでしょうか?

ということで、賃貸営業マンの私が暴露しますけど、正直な所「いらない」と個人的には考えます。(あくまで個人的な意見)

確かに薬を散布した効果はあって「今いるゴキブリは死ぬ」のですが、結局ゴキブリは「配管」などから上がってくるので、物件が古ければはっきり言ってどうしようもないと思います。(散布しても配管内まで駆除できない)

実際やった後にも出ますしね(苦笑)

ですから「ゴキブリだけはイヤ」ということが部屋探しの大きなポイントになっている人はいますが、こういう人は完全に新築で探した方が良いと思います。

 

おわりに

「お部屋探しの5つの心得」ですが如何でしたでしょうか?

イレギュラーなケースではなく部屋探しすると際に必ず当てはまる内容ですから、部屋探しの際には役に立つと思います。

是非、参考にしてください。

また出来るか出来ないわかりませんが、せっかくなので値引き交渉も行うといいでしょう。

  • フリーレント1ヶ月(家賃を1ヶ月サービスしてもらう)
  • 家賃値下げ交渉
  • 設備交渉(エアコン付けて欲しい)

ということもあります。

こちらは物件による部分もあるので必ずというわけではありませんが、チャレンジしてみる価値はあります。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 

 

-賃貸・部屋探し
-, ,

Copyright© 住まい探しブログ『家エェイ』 , 2017 AllRights Reserved.