賃貸・部屋探し

物件探しのコツは?自問自答で理想の部屋を見つけよう!

投稿日:2015年12月12日 更新日:

賃貸の営業を行っていると、物件探しを始めるのも初めてという人が本当に多いなと驚かされます。

私の感覚ですが「全体の半数」くらいは部屋を初めて借りるという方です。

…ん、ちょっと多いかな(笑)

でも、物件を探すのも人生でそう何度も経験することではありません。

だからと言って、せっかく部屋を借りるのに失敗もしたくない。

そんな気持ちで、きっとこのブログを見て頂いていると思いますので、ここは賃貸営業経験をバシッと活かした、きっとあなたの物件探しに役立つコツを伝授していきますよ!

 

スポンサードリンク

 

物件探しのコツは「3W1H」でイメージを掴め!

「どういった物件に住みたいですか?」と質問しても、なかなか明確な答えを持っている方はいません。

これから長く住む部屋だから失敗はしたくないけど、何をどう考えればいいのかわからないですよね。

というわけで、理想の部屋を見つけるために意識して欲しいのが「3W1H」です。

今までに「5W1H」という言葉を聞いた事があると思います。

「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」という6つの要素の頭のアルファベットから「5W1H」です。

そんな感じで

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • どのような(What kind)
  • どのように(How)」

に焦点を当てた「3W1H」で考えると、自分の住みたい部屋がイメージ出来ていきますよ。

 

まずは”いつ引っ越すのか?”を考える

物件探しでまず考えるのは”引っ越しの時期”です。

じつは賃貸で部屋を借りる際に、時期によって家賃交渉が出来る出来ないなど違いがあります。

 

スポンサードリンク

 

1月~3月

入学、入社、転勤、など人が動く時期なので物件も動きやすく、繁忙期で賃貸業界が最も忙しい時期になります。

また1月くらいから退去される人も増えるので物件の数も多いですが、探している人もその分多いので、人気物件をのんびり内覧というわけにはいかず、写真だけで決めてしまわないと内覧している間に他の人が決めてしまうなんてことも多々あります。

またこの時期は探している人が1年でも最も多いので、わざわざ値引きする必要もないため値段交渉も難しいです。

4月~5月

3月の繁忙期を抜けて一段落しますが、ゴールデンウィークのタイミングに引っ越ししたい方で少し集中します。

地域によるかもしれませんが、4月~7月くらいは新築物件が多く完成してくるタイミングだと思います。

繁忙期を外して新築探しに適した時期ではないでしょうか。

6月~8月

他の業界でも言われる事かもしれませんが、賃貸業界も閑散期に入ります。

物件の内覧もゆっくり出来て、値引き交渉も応じてくれやすい時期でもあります。

また引っ越し業者もこの時期はお値打ちなので、引っ越しの時期はいつでも良いという人は、閑散期を狙うのがオススメです!

9月~10月

会社の異動が増えてきて物件に動きが出てきます。

春の繁忙期に次いで忙しくなってくる時期です。

物件数もそれに応じて増えてきますが、値段交渉なども難しくなってきます。

 

11月~12月

新卒の方が部屋を探し出す時期ですが、この時期で3月入居の物件は決められないですが(契約後おおよそ1ヶ月以内に入居するのが一般的)、1月以降は通常月の3倍くらいの来店客になるため、内覧などの下調べが出来るならこの時期から行っておくと良いでしょう。

こうして1年を通してみると毎月同じ条件で部屋探しが出来ると言うわけでもありません。

自分が引っ越さなければいけない月で効率よく部屋を決めるためには、もしかしたら少し早い段階から下見を始めた方が良いかもしれませんし、逆に急いで部屋を決めずにお値打ちな時期まで待った方が良いかもしれません。

まずは自分の引っ越し期を決めるのが、物件探しの第1のコツです。

 

スポンサードリンク

 

”どこに住みたいのか?”を考える

次に物件探しで大事なのは「場所」です。

例えば、部屋を探しに来たお客さんが希望する物件を見つける事が出来なかった場合に、私たち賃貸営業マンがどうするかというと

  • 予算を上げてもらう
  • 場所を広げてもらう

という2つのうち、どちらかを譲歩してもらいます。

そして、物件が見つかりやすいのは「場所を広げてもらう」方で、なんとなく予算を上げてもらった方が部屋は見つかりそうと思われるかもしれませんが、その地域の相場がありますから、相場が7万円の地域で予算を10万円にしたからといって物件数が急激に増えるということはありません。

 

ですから、まずは

  • どこに自分は住みたいのか?(例えば、A駅の近く!希望は新築!)
  • なぜそこに住みたいのか?(例えば、仕事の関係でA駅を利用!でも新築が無い!)
  • その場所から地域を広げることは出来るか?(B駅なら新築あり!通勤もセーフ)

というように、第1候補から地域を譲歩した場合に、どれくらい広げられるかも考えておくと、自分の住みたい物件を見つける確率がグンと上がります。

 

”どのような物件に住みたいか?”を考える

「いつ引っ越すのか?」「どこに引っ越すのか?」と考えて、ようやく「どのような部屋に住むのか?」です。

ここでのコツは正直”見るしかない”と思います。

例えば、「今度初めての一人暮らしを始めて見ようと考えていて、荷物は多めだから間取りは1LDKは欲しい」というような、おおよそのイメージは湧くと思いますが、1LDKでも色々あります。

部屋の大きさ、収納、設備、築年数などは、見ない事にはわかりませんよね。

 

今は「スーモ」「ホームズ」などのポータルサイトで部屋を探せば写真も見れるので、物件のアタリも付けれますから、とにかく色々見てみましょう。

また参考までに物件写真を掲載した記事もあるので、参考に見て頂き”物件イメージを育てる”際にお役に立てください。

賃貸アパートを築年数で比較!写真で見比べてみました!

大和リビングの賃貸物件ってどう?部屋探しの前に写真を見てみる!

大東建託の賃貸物件ってどう?部屋探しの前に写真を見てみる?

安い部屋探し!古い部屋ほど家賃は安いけど一体どれくらいボロいの?

 

その他、住んだ後に後悔しないために教えておきたい事

じつは良いと思っていたけど、住んでみたら意外と…というような事をまとめておきます。

  • 角部屋…冬は冷える、西側は夏の西日で暑い
  • 最上階…夏は暑い
  • 内階段…掃除が面倒

必ずしもデメリットだけというわけではなく、当然最上階であれば景観が良いなどのメリットはあります。

ただこれらは住んでみないと意外と気が付かないポイントとして”どのような部屋に住みたいか?”を考える際の参考にして頂ければと思います。

 

”どのように住むのか?”を考える

さあ、あとは総仕上げです。

いつ、どこに、どのような物件に住むのかを考えて、イメージもかなり出来あがってきたのではないでしょうか?

ただ、ここまでは自分自身の希望で考えてきました。

ですが、実際に部屋を借りに不動産屋に行っても、自分自身のニーズがわかっていないと、結局部屋を見るだけ見て決めれずに時間を無駄にして帰ってくる場合が多々あります。

ここでは自分自身の「真のニーズ」を見つける事がポイントです。

実際によくある例として、

  • 今度結婚するので新居として2LDKの部屋を探している。
  • 場所は駅が近くを希望していて、出来るだけ築年数は浅い方が希望。

というような場合に、駅の近くに築年数の浅い物件がなかったらどうするのか?

本当に自分が求めているのは「駅が近いという立地か?」「「築年数の浅い綺麗な物件か?」という優先順位も考えておかなければいけません。

 

どのように住みたいのかを考える”質問集”

とは言うものの、「どのように住むのかイメージが出来ない」という人もいらっしゃるでしょう。

コツは「自分に質問を投げかけること」です。

参考に以下に質問集を用意しましたので、参考にして下さい。

  1. 通勤・通学の方法(立地、車、自転車、バス、など)
  2. 駅まで徒歩○分以内(立地、駐輪場、など)
  3. 入居に関する予算(月額支払い、初期費用など)
  4. 建物の構造(RC構造・防音性、など)
  5. キッチン(カウンターキッチン・IHコンロ、など)
  6. お風呂(一坪風呂で広い・追い焚き、など)
  7. 近隣の利便性(夜間営業スーパー、病院、など)
  8. 間取り(和室、フローリング、など)
  9. ペット可(犬、猫、大きさ、何匹までOKか?)
  10. 設備(エアコン、独立洗面台、トイレ風呂別、など)
  11. 築年数(部屋の綺麗さ、水回り、など)
  12. セキュリティー(2階以上、オートロック、など)
  13. まだこれ以外の質問もあるかと思いますが、実際に「”どのように”部屋に住んでいるのか?」をイメージして、自分の中の「真のニーズ」を考え出しておくことで、チャンスを逃さないお部屋探しが出来ますよ。

 

最後に

如何でしたでしょうか?

今までに部屋探しをした事がある方は、「先にこういった事を知っていれば時間を無駄にしたり、損する事も無かった」という点もあったのではないでしょうか?

実際に部屋を探すものの決める事が出来ずに、半年も休みの度に不動産屋に入り浸ったと言う方も見えましたし、また時間が無くて本当に住みたい部屋で決めれなかったという方も見えます。

是非あなたには、そんな失敗をして悲しい部屋探しにならないように、この記事に書かれている部屋探しのコツを活用して、満足の行く部屋探しにして頂きたいと思います。

 

こういう子供が頑張っている動画を見るとすぐに泣いてしまう私は、「1日150円で救われる子供がいる」と思ってチャイルド・スポンサーシップに参加しました。

現地に行って支援することまでは出来ないけど、日本にいることで出来ることをやろうと思います。

私のチャイルドは「カンボジアの少年」でした。

 

 

【 おすすめ記事 】

-賃貸・部屋探し
-,

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2017 AllRights Reserved.