暮し・インテリア

賃貸のキッチンが狭い?だったらレイアウトを考えてみよう!

投稿日:2017年5月17日 更新日:

突然ですが、あなたはキッチンが狭くて収納に困っていませんか?

賃貸で部屋を借りているとキッチンは狭い物件が多いです。

一人暮らしのワンルーム物件だとなおさら狭いです。

料理をするにも後片付けをするにもキッチンスペースって気になります。

限られた場所で「何からすべきか?」「何をあとに回すべきか?」など、いろいろ考えなければならないので気疲れしてしまうんですよね。

ちなみにネットで「キッチン」を検索すると「収納」に対する記事のなんと多いことか。

つまり、たくさんの人がキッチンの狭さに嘆き、効率的なレイアウトを探しているということなんですね。

 

スポンサードリンク

 

賃貸のキッチンは狭い!だからこそレイアウトを考える!

レイアウトとは、一般的に「物の配置・配列」のこと言いますよね。

「そもそも賃貸のキッチンは狭いのにレイアウトも何もないじゃないか!」と思われるかもしれません。

基本的に賃貸は「システムキッチン」です。

システムキッチンの収納スペースはあらかじめ組み込まれているので、どうしても限られてきます。

では、これでも足りない場合はどうするか?

 

空いている空間を利用するしかありません。

ここ大事なポイントです!

賃貸物件の狭いキッチンの収納は「空間」をどう使うかがコツなのです!

 

スポンサードリンク

 

空間レイアウトを意識して!狭いキッチンで使えるアイテム7選!

限られた収納スペースでは足りないなら、新しく作るしかありません。

そのために活用するのは「空間レイアウト」です。

というわけで、そんな空間を有効活用する便利アイテムを7点ご紹介していきます!

 

シンク上伸縮水切りラック (2段)

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

主に調理の作業スペースとなるワークトップは常に何も置いていない状態にしておきたいものです。

でも実際には収納しきれない調味料類や調理道具などしょっちゅう使うものを並べてしまいがち。

そんな場合は「面に広げるのではなく高さを利用した収納」を考えましょう。

ワークトップと上部キャビネットの間って、結構な空間があるんですよね。

シンク奥の狭いスペースも高さを活かせば食器乾燥棚に。

水受けもついているので安心です。

 

ラップホルダー&キッチンペーパーホルダー

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

よく使うものは引き出しに仕舞い込むと出し入れが面倒ですよね。

出来れば常に手の届くところで「サッ」と使いたい。

そういう時に便利なのが、こちらのステンレスホルダーです。

こうやって見える収納を心掛ければ作業効率も高まります。

 

キッチンツールフック レンジフード用ハンガー

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

調理器具って形がそれぞれに違うので、引き出しに入れるとかさばりますよね。

そして、引き出しから出すときに引っかかって出てきにくいと「イラッ」とします。

しかし、おしゃれなお店みたいにハンガーで吊るしておくと場所も取らなければ見た目にも素敵!

こうしておけば使い分けもしやいですよね。

 

隙間収納家具 シンク棚 下 フリーラック

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

システムキッチンに組み込まれている収納スペースのキャビネットですが、意外と無駄な使い方をしている場合があります。

大きさの違う鍋類が斜めに積み重なっていたりしませんか?

ここでも高さを無駄にしないようにラックなどを利用して、出し入れしやすく無駄な空間のない収納を心掛けましょう。

シンク下の配管周りはデッドスペースになりがちですが、ラックを上手く使えば無駄な空間を少なくできます。

 

シンクドア用 なべぶた ラック

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

扉裏って包丁差しがあるくらいで他は空いていませんか?

もし空きスペースがあるなら「鍋蓋」をそちらに収納してみてはいかがでしょうか。

意外とかさばる鍋蓋も扉裏活用ですっきりと収まります。

 

伸縮式鍋・フライパンラック

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

キャビネットにしまう「フライパン」「鍋」などはすべて大きさが違いますし、これを収まるように入れようとすると重ねる順番も考えないといけませんよね。

大きさや形もまちまちでかさばる鍋類は縦に重ねるのではなく、横置きにすれば取り出すときもしまう時も便利です。

 

えつこの ニュー ワイド ペアスタックラック

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

大きさや形の違う食器類でも無造作に置くと取り出しにくくて大変です。

しかし、ここでも「縦の空間」を活用します!

見た目にも美しく、デッドスペースを有効活用できるワイヤーラックが便利ですよ。

私も使っているのですが、この「えつこの便利収納シリーズ」って作りはシンプルなんですが、主婦ならではのアイデアが満載で使い勝手がいいんです。

お値段もお手頃で種類もいろいろあっておすすめです。

 

キッチンが狭いのに「物」が溢れていく?

食洗機や浄水器など昔には無かった便利アイテムがどんどん増えています。

毎日の洗い物も食洗器があると、かなり手間と時間が短縮されます。

毎日のことですから、主婦の方からすれば「欲しい」アイテムですよね。

最新のシステムキッチンならスペースに配慮したビルドインタイプで収納スペースもたっぷり付いていますが、賃貸でビルドインは見かけません。後付けで設置すると作業できるスペースはほんの少しです。

 

ただ、こういった大きなものを狭いキッチンに置けば当然ですが作業スペースを圧迫します。

ですから少し考え方を変えて「洗い物を少なくする」という風に考えては如何でしょうか?

 

ワンプレートで食器洗いが簡単に!

食器洗いの手間を大きく下げる便利な皿が「ワンプレート」です。

ビュッフェに行くとある例の皿です(笑)

これ、家で使うと洗い物がすごく楽です。


(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

このようなワンプレートを使えば食器を使用する枚数が減りますし、お子さんがいらっしゃるご家庭だと重宝します。

狭いキッチンスペースに便利さを求めて「さらに狭くする」のではなく、キッチンで行う作業自体を楽にする。

こういう考え方だと収納する食器のスペースも削減できますし、まさに一石二鳥の考え方ですよね。

 

おわりに

いかがでしたか?

私も一人暮らしで賃貸物件に住んでいた経験がありますが、やはりキッチンには色々なモノを置いてしまいがちです。

いくら必要なもの以外は置かないと心がけても、必要なものが多いのだから仕方がありません。

その結果狭いキッチンを有効活用するには、やはり「空間」をいかに上手に使うかがコツです。

今回ご紹介したアイテムは、狭いキッチンの空間を上手に使えるものばかりです。

ぜひキッチンが狭くて困っている方は使ってみてください。

以上、「賃貸のキッチンが狭い?だったらレイアウトを考えてみよう!」でした。

 

 

【 おすすめ記事 】

-暮し・インテリア

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2017 AllRights Reserved.