賃貸・部屋探し

アパートとマンションの違い!防音が良いのはやっぱりマンション?

投稿日:2015年12月25日 更新日:

店頭で賃貸の営業をしているとお客様から「アパートとマンションの違いって何ですか?」と質問されることがあります。

一般的にアパートとマンションの違いとして思われている事は

  • アパート…木造・軽量鉄骨造
  • マンション…RC(鉄筋コンクリート)造

ということですが、じつは法的に明確な区分けはありません。

実際には、木造でもマンションと呼んで構いませんしアパートで鉄骨造というのも実際にあります。

ですが、不動産業界で便宜上「アパートは、木造・軽量鉄骨」「マンションは、RC(鉄筋コンクリート造)」と区分けして呼んでいるのです。

 

そして、アパートとマンションの違いについて実際に現場でよく気にされるのは「防音」についてです。

賃貸トラブルでもっとも多いのは騒音問題ということもあり、物件の防音性能については多くの人が気にするところです。

では、よく言われるように「アパートよりもマンションの方が防音性能は良いのでしょうか?」

また他には、アパートとマンションの違いとしてどういったものがあるのでしょうか?

今回は、アパートとマンションの違いについて詳しくみていきましょう!

 

スポンサードリンク

 

防音性が良いのはマンションというのは本当だろうか?

さて、ここからが大事な所ですが、実際にアパートとマンションの防音性の違いはどうなのでしょうか?

お客さんにも「マンションだったら音は気にならないですよね?」とよく言われますが、これが正直むずかしい所です。

分譲マンションの場合は、壁や床も防音対策がしっかり施されている(コンクリートが入っている)のですが、賃貸マンションに関しては「壁が木造」という場合も多いです。

ですから、賃貸の場合は必ずしもマンションタイプであれば防音性が高いというわけではありません。

 

じつは音のクレームはマンションの方が多い

また実際のところ、音に関するクレームはマンションタイプの方が多いです。

というのも一般的に、

  • アパートは音が響く
  • マンションは音が響かない

と思われているので、マンションに住む方は「音に気を付ける」という意識が低い方が多いように感じます。

マンションの騒音クレームで多いのは、

  • 子供が上階で走り回っている
  • 玄関の扉を思いっきり閉める

というような、少し生活音を気を付ければ発生しないようなケースが多いです。

逆にアパートの場合は、「音が響く」というのを気にして生活している方が多いので、意外とアパートの騒音クレームは少ないように感じます。

また「床」については、最近の木造や軽量鉄骨造のアパートタイプもクッションフロアがよりやわらかいものを使用するなど工夫がされてきていることも原因の1つとしてあるでしょう。

 

ですから、防音性に関しては「マンションだったら防音性が高い」というのは一概に言えないので、そこは実際に内覧をして、壁をトントンと叩いてみたり、実際に床を歩いて確認するのが一番だと思います。

たまに、壁ドンして「音が響くね」とか言う人いますが、そんなに強く叩いたら響くに決まっているので、普通の生活の範囲で発生するであろう程度の力で叩いてみましょうね。

 

スポンサードリンク

 

アパートとマンションの「セキュリティー」の違いについて

あとアパートとマンションの違いという点で考えると「セキュリティー面」も気にされる方が多いです。

ここでも、「もちろんマンションの方がセキュリティーは高い」と思われがちですが実際のところはどうでしょうか?

私は、個人的にはメゾネットがセキュリティー面では安心だと考えていますが、世間一般的には「マンションはオートロックだから安心」という認識だと思います。

でも「オートロックが安心」ということであれば、最近では「オートロック付きのアパート」もあるんです。

DSC_9510

三階建ての綺麗なアパートで

DSC_9445

入口がオートロックになっています。

そして管理費はエレベーターの有るマンションよりも安いので、ある意味良い所取りではないでしょうか。

 

アパートとマンションの「費用」の違いについて

アパートとマンションの違いは費用面でも表れます。

部屋を借りる時に月額の費用として掛かってくるものに「共益費」があります。

共益費とは、物件の維持管理費や共用部分の電気代(例えば廊下の電気など)に当てる費用のことです。

入居者は「家賃+共益費」が毎月の支払うコストにあたるわけですから、1000円でも安い方が嬉しいですよね。

しかし、この共益費はアパートと比べてマンションの方が割高になっている物件が多いです。

 

というのは、マンションの場合はエレベーターが付いている物件が多いからです。

仮にエレベーター無しのアパートで共益費が3000円が相場の地域の場合、エレベーター有りのマンションだと5000円から6000円くらいまで共益費が上がると思います。

共益費3000円の差となると年間36000円ですから、結構大きいですよね。

この点もアパートとマンションの違いのポイントではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

それでもマンションが人気な理由は?

ここまでアパートとマンションの違いをみてきたわけですが「なんだか最近のアパートだったらマンションよりも良い感じだね」という気がしますよね。

ただ、それでもアパートに無くてマンションにあるものと言えば「高さ=景観の良さ」ではないでしょうか?

火災や地震が起こった時のことを考えると2階が良いと言う人も見えますが、私はやはり高層階からの景観の良さは捨てがたいです。

またマンションの高層階であれば、

  • 日当たりが良い
  • 虫が来ない
  • 冬は冷え込まずに、夏は風通しが良い

などの生活の快適さにも優れています。

こういった点はアパートには無い、マンションならではの良さと言えますよね。

 

おわりに

いかがでしたか?

アパートとマンションでは、色々な面で違いが出てきますが最近のアパート(に分類される物件)も設備やデザインも向上されてきており、最近のアパートは本当に質が高くなっています。

防音性やセキュリティー面でアパートかマンションを選ぶなら、実際に物件を見て比べるられることをお勧めします。

ただ、それでもマンションには「景観など」のマンションならではの良さがあります。

私はアパートもマンションも暮らしたことがありますが、やはり暮らしの快適さ(虫が出ないとか)で言えばマンションの方が良かったです。

以上「アパートとマンションの違い!防音が良いのはやっぱりマンション?」でした。

 

 

【 おすすめ記事 】

-賃貸・部屋探し

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2017 AllRights Reserved.