賃貸・部屋探し

賃貸で入居申し込みしたけど審査が通らないのは何が原因なの?

投稿日:2016年1月8日 更新日:

賃貸で部屋探しをして、入居申し込みをしても必ず部屋が借りられるわけでは無いということはご存知でしょうか?

賃貸の営業をしていた時は、たまに「え?そうなの!」という人も見えましたけど、部屋を借りる時には審査があるんですよ。

この審査ですが、

  • 借入でブラックだと審査に通らない?
  • 無職(無収入)だと審査に通らない?
  • 水商売だと審査に通らない? etc,

というような心配をされている方も、賃貸の営業マンを行っている時には結構いらっしゃいました。

果たして借入でブラックの場合は、部屋を借りられないのか?無職の場合は?

そういったことも踏まえまして、賃貸の入居審査について記事を書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

賃貸の審査は誰が行うのか?

まず賃貸の審査ですが、大家さんが必ず決定権を持っているということはなく

  • 管理会社
  • 保証会社
  • 不動産屋

で、保証会社が通れば審査OKだとか、管理会社や不動産屋が大家さんに任されて審査する場合もあります。

また”あなたを対応した営業マンの判断が審査に影響している”こともあります。

というのは、大家さんに「お客さんが部屋探しに見えてますよ」という時点で、大家さんは不動産屋の営業マンにどういう人か聞きます。

そこで「営業マンが良い人」というのか、「態度が悪い人」というのか、当然審査に影響します。

(むしろこの時点で悪いと言われれば、まず大家さんの審査が通らないですよね。)

 

スポンサードリンク

 

賃貸の審査を通すために行いたい事

先ほども書きましたが、不動産屋で対応した営業マンが伝える情報というのは、審査に影響します。

では、営業マンが何をどう見ているのか?

審査が不利にならないように先回りしてお伝えしましょう!

 

刺青(タトゥー)はNG

タトゥーのある人は、あまり印象が良くありません。

出来れば不動産屋に行く時は、タトゥーは隠した方がいいです。

理由は、銭湯のタトゥー禁止と似ています。

特に個人の大家さんが管理している物件の場合は、営業マンも紹介した入居者さんがトラブルを起こすると、今後の大家さんとのお付き合いに支障がでるので、疑わしい人は無理して入居させない場合が多いです。

世間一般的に怖そうな車で不動産屋に行くのもNG

あと不動産屋では、じつは来店時の車も要チェックしています。

先述のタトゥー同様、もしかしたら物凄く素行が良い人かもしれませんが、世間一般的に「アメ車」「フルスモークのセダン」「不相応な高級車」というのは、なんか横着な人が乗っている人のイメージがあります。

不動産屋は、入居者よりも大家さんを大事にします。

部屋を貸してくれる大家さんがいなければ、商売にならないからです。

ですから、出来るだけトラブルの可能性の芽を摘もうとするのですね。

 

借り入れがありブラックでも賃貸の審査に影響は無い!?

審査と言っても、銀行や消費者金融のように個人の借り入れ情報に対するネットワークがあるわけではないので、借り入れブラックでも部屋を借りることは出来ます。

但し、会社によってはクレジットカードを作る場合があり、そちらで「カードの審査」があって、そのカード審査が通ることが条件になっている物件・管理会社もあるので必ずしもブラックでも審査に通るとは言い切れません。

無職(無収入)の方は、連帯保証人がいればOK

無職(無収入)の場合でも、連帯保証人の方がいれば審査は、かなり通りやすいです。

ただ連帯保証人がいない場合は、保証会社を通す必要があり、これは各会社によって審査の基準が変わります。

※保証会社とは…仮に入居者が家賃を払えない状態になった場合に、大家さんに家賃を代位弁済する会社。当然、代位なので代わりに支払われた家賃は取り立てはされます。

また無職の理由も重要です。

例えば、転職を行って、すでに次の仕事先が決まっているような一時的な場合は、審査はよほど通ります。

さらに無職でも預貯金が300万円あれば審査OKという大手管理会社もあります。

無職だからと諦めずに、色々な物件を当たってみるとよいですね。

 

水商売は部屋を借りにくい!?

大家さんが年配の方だと気にされる方も見えますが、やはり現在はあまり審査に影響はありません。

昔は生活時間が違うからといって、入居者間のトラブルなどがあったそうですが、今では一部上場企業でも夜勤で昼夜逆転の生活もありますから。

期にされる事は無いと思います。

 

スポンサードリンク

 

引っ越し理由は要チェックポイント

不動産屋の営業マンに「引っ越し理由」を聞かれる時は、じつは探られています。

「結婚するから今の部屋が手狭になった」とか「仕事が変わって引っ越ししないといけなくなった」などの明確な理由がある場合は問題ありません。

しかし、不動産の営業マンが引っ越し理由を聞いてくる時は「前の住居を追い出されたのではないか?」「何かトラブルを起こしたのではないか?」ということを探っていますので、きちんとした理由をしっかり答えるようにしましょう。

ようは「入居者トラブル」や「家賃不払い」などで無ければ問題ありません。

例えば、「離婚してすぐに部屋を借りないといけない」とか言いにくい事も、隠さずに正直に言えばいいです。

私が賃貸の営業マンをしている時は、「離婚して部屋を探ししている人」は、毎週部屋の案内をしていました。

収入が少なすぎると審査に影響ありますが、シングルマザーだから審査が通りにくいということはないですから安心してください。

 

賃貸の審査に落ちたらどうなるの?

賃貸の審査に落ちても、同じ管理会社や保証会社で無ければ審査に影響はありません。

不動産の審査は、銀行などのようにネットワークがあるわけではないですから、その点は心配ありません。

一度審査に落ちたからといっても気落ちせずに、頑張って探し続ければ良い部屋に巡り合えると思いますよ。

最後に

如何でしたでしょうか?

案外知られていない事ですが、大家さんや管理会社も、入居者となる人と唯一接している営業マンの言う事は、かなり審査の判断材料として考えています。

不動産の営業マンが「あの人は横着そうだから止めときました」と言えば、大家さんも入居後のトラブルは最もイヤなことですから、そっちの方が良いのです。

稀にお客さんで「部屋を借りてやる」という態度で横柄な方とかいますが、そういう人は営業マンの時点で弾かれる可能性大です(笑)

「賃貸での部屋探しの審査は不動産屋に入った時点で始まっている」

とはいえ、普通に愛想よく接していれば問題無いですけどね。

 

 

【 おすすめ記事 】

-賃貸・部屋探し
-, ,

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2017 AllRights Reserved.