賃貸・部屋探し

敷金礼金とは?気になることを全て解説してみたよ!

投稿日:2016年1月24日 更新日:

賃貸の営業をしているとお客様から質問をされることも多いのですが、その中に「敷金礼金って何ですか?」というものがあります。

敷金礼金という言葉は昔から賃貸業界で使われているので、なんとなく聞いたことがあるのと、ざっくり

  • 敷金…退去時の補修費に充てられる預け金
  • 礼金…大家さんのお礼

というようなものだということはご存知かもしれません。

 

でも「返金されるものなのか?いつ払うのか?いくらなのか?」と具体的に考えていくと、わからない方もみえます。

また、最近の賃貸業界の傾向も踏まえると「名目がいろいろ増えてきている」こともあって、いざ部屋探しに出かけてもピンと来ないこともあると思います。

というわけで、今回は敷金礼金について詳しく解説していきます。

 

スポンサードリンク

 

敷金礼金は返金されますか?

敷金礼金の返金については少しややこしくなっています。(とくに敷金)

というのも、最近は敷金返却のトラブルが多いので「名前を変えて」いるところが多いです。

詳しくみていきましょう。

 

敷金の返金について

敷金は退去時の修繕費などに充てられる預り金ですが、本来は返金があります。

ただ、以下のように名目を変えている場合「退去時にかえってこないお金」となります。

  • 修繕分担金
  • 保証金
  • クリーニング費  etc

「敷金礼金0」や「敷金礼金なし」という物件でも内容をよく見てみると上記のような名目が入っており、結局退去時にかかる費用を先に請求していることが多いです。

ただ敷金のように家賃の2~3か月も掛かりません。

おおよそ5~10万円の間で収まることがほとんどだと思います。

 

礼金の返金について

礼金は「大家さんに対するお礼」ですから、返金はありません。

礼金のトラブルとして多いのは「嫌な住人が住んでいて引っ越したい」というようなケースです。

仮に部屋を借りたけど1か月で退去することになったとしても、基本的に礼金は返却されませんから注意して下さい。

 

敷金礼金は値引き交渉可能なの?

敷金礼金は、絶対できるとは言えませんが値引き交渉は可能です。

基本的に敷金は補修費の預り金なので、先に預かっておくか後で支払うかの違いなので値引きというと意味合い的には微妙かもしれませんけども。

敷金が2,3か月の物件であれば1か月くらいは交渉可能だと思います。

また礼金についても交渉は可能です。

実際、今の礼金は「大家さんへのお礼」というよりも「大家さんが不動産屋に支払う手数料のために」設定していることが多いです。

もちろん全ての物件でそうだとは言えませんが、仮にそうであれば値引き交渉は行いやすいポイントではあります。

 

敷金礼金の値引きが難しいならフリーレントも

敷金礼金の値引きが難しいなら「フリーレント」の交渉が良いかもしれません。

フリーレントとは、家賃をサービスすることです。

フリーレント1か月であれば、1か月家賃無料で部屋に住めるということですね。

大家さんからすれば空室の期間は家賃収入がゼロなので、だったらサービスして入居してもらう方が良いとも言えます。

最近では、かなり浸透しているので値引き交渉のポイントとしては最も行いやすいです。

 

スポンサードリンク

 

敷金礼金はいくら払うの?

敷金礼金を請求される物件で多いのは「家賃の2~4か月分」です。

そのため部屋を借りる際は、初期費用として家賃の半年分くらい必要だと言われてきました。

仮に家賃が5万円の物件だと、部屋を借りる際には30万円ほど必要だったんですね。

しかし、最近では「敷金礼金なし」の物件も多いので初期費用を抑えることも可能です。

 

賃貸大手の「大東建託」や「ダイワリビング」などは、敷金礼金ゼロの物件も多いですし、とくに注目なのはダイワリビングの「タダシ」という契約です。

大和リビングの賃貸物件ってどう?部屋探しの前に写真を見てみる!

家賃を少しアップすると、敷金礼金だけではなく「更新料もゼロ」になるのでおすすめです。

初期費用も10万円前半くらいで済むこともあるので嬉しいですね。

 

その他の敷金礼金の疑問いろいろ

最近では敷金礼金という言葉もあまり聞かないためか若い方が部屋を借りに来ると、まったく敷金礼金が何かご存知ない方も多いです。

「え?部屋って家賃だけで借りられるんじゃないですか?」と初期費用を見てビックリされる方もいますからね。

というわけで、その他敷金礼金の質問で多いものをまとめていきましょう。

 

敷金礼金って毎月払うの?

毎月はもちろんですが、2度も3度も支払うことはありません。

敷金礼金を何度も支払うと、さすがに生活が苦しいですからね。

 

敷金礼金はいつ払うの?

はじめの契約の時です。

初期費用として、初回の家賃などと一緒に支払います。

 

敷金礼金と仲介手数料は違うの?

仲介手数料は、敷金礼金とはまた別です。

仲介手数料は、仲介業者(不動産屋)に支払う手数料のことで、最大で家賃の1か月分(税別)となります。

ただ会社によっては仲介手数料がサービスされるので、賃貸の部屋探しの時には気にしたいポイントですね。

仲介手数料が半額の不動産屋はヤバイ?なぜ手数料が半額になるの?

 

敷金礼金は駐車場でも必要なの?

駐車場にもよりますが、敷金礼金はあります。

敷金に関しては、保証金という意味合いで解約するまでに駐車場代の滞納などなければ返金されます。

礼金や敷引きとなっている場合は、返金はありませんから契約時に要確認です。

 

スポンサードリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

最近は「敷金礼金ゼロ」「敷金礼金なし」という物件も増えていますが、気を付けたいのは他の名目で費用が掛かっていないかということです。

とくに敷金に関しては「退去時の修繕費用で掛かっていない部分は返還される」のですが、修繕分担金など名目が変わっている場合は返金されないことなどは注意したいですね。

また思いのほか多いのが「礼金のトラブル」です。

部屋を借りて住んでみたものの数か月で退去する場合に返金して欲しいということがありますが、これは実際むずかしいです。

こういうことも考えると礼金はゼロの物件で部屋は決めたいですね。

以上「敷金礼金とは?気になることを全て解説してみたよ!」でした。

 

 

【 おすすめ記事 】

-賃貸・部屋探し

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2017 AllRights Reserved.