賃貸・部屋探し

初期費用が安い賃貸はどこ?賃貸営業マンの私が勧めるのはココ!

投稿日:2016年2月18日 更新日:

「部屋を借りて一人暮らしがしたい!」

「彼女が出来たし、同棲を始めてみたい!」

「でも、部屋を借りるとなると結構お金が掛かるし、どうしよう…。」

確かに部屋を借りるとなると、初期費用だけでも結構なお金が掛かります。

私が住んでいる地域では、2LDKだと25万円~35万円くらいは初期費用で必要です。

そこでお客さんによく言われるのが「初期費用が安く抑えられる賃貸物件ないですか?」という質問。

じつは、そんなご要望に応えられるオススメの会社があるんです。

というわけで、今回は「初期費用が安く抑えられる賃貸物件」についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

初期費用の内訳について

まず一般的に、初期費用には何が含まれているのかご説明します。

  1. 敷金
  2. 礼金
  3. 仲介手数料
  4. 火災保険
  5. 保証料
  6. 鍵交換代
  7. 前家賃

一般的に、この7つの項目は含まれていますが、名称が少し変わったりしている場合もありますので、それぞれ解説していきます。

また、それぞれ交渉の余地があるポイントも合わせて解説していきます。

 

1、敷金

敷金は、退去時にリフォームやクリーニングに充てる費用の預かり金です。

家賃の1~2か月が多いですね。

預かり金ですから、使用されなかった場合は返還されるのですが、最近はこの敷金の返還請求の問題が多いことから、不動産屋としても対応策を取っています。

例えば、償却

物件紹介の時点で「敷金を償却します。」と、記載されている場合は、敷金は100%返還されせん。

「敷金は、すべて退去時の修繕費用に使いますから、それを承知の上で申し込んでください」というのが、償却です。

また大東建託では、敷金礼金がゼロと記載されていても、クリーニング費は初期費用(後払いプランも有り)で請求されます。

敷金から名称が変わって「返還しません」と明言されている事が増えてきてますので、わからない言葉はしっかりと確認しましょう。

 

2、礼金

礼金は大家さんに支払う「お礼」です。

最近は礼金を請求する物件は少なくなってきましたが、今でも家賃の1~2か月で礼金がある物件は見ます。

もし礼金が付いていたら、外せないか相談は出来ます。

案外、礼金が付いているのは、大家さんが仲介業者に支払うAD(広告料)のためだったりするので、交渉の余地はあります。

 

3、仲介手数料

仲介手数料は、不動産屋(仲介業者)に支払う手数料です。

最大で家賃の1ヶ月×消費税と定められています。

こちらは『最大で』ですから、家賃の50%や無料でも法律上問題は無く、実際に仲介手数料は業者によって変わってくるので、出来れば単純な手数料ですから安い所が良いですね。

大手では、

  • アパマンショップ…100%
  • エイブル・ミニミニ…50%

ですから、同じ物件を紹介しているなら、当然会社によって初期費用に差が出ます。

 

4、火災保険

火災保険は、基本的に必須です。

入居者が火災を起こして、大家さんに賠償しないといけないこともありますから、入居者の立場としても火災保険はは必ず入った方が安心です。

火災保険は、

  • 月払い(月額1000円程度)
  • 年払い(年額10000円程度)

が、多いです。

少しでも支払いを抑えたい場合は、自分で火災保険に入って良いか確認してOKであれば、ネットで加入することも出来ます。

 

5、保証料

昔は部屋を借りるのに「連帯保証人」が必要でしたが、最近は連帯保証人の代わりに「保証会社」の加入を必須にする所が増えてきました。

保証料は、保証会社の手数料になるので、こちらは交渉の余地はありません。

  • 月払い(月額1000円程度)
  • 年払い(年額10000円~15000円)
  • 2年払い(2年で20000円)

が、多いです。

 

6、鍵交換代

鍵交換代は、そのまま鍵の交換代です。

ガイドラインでは、鍵交換代は大家負担となっています。

ガイドラインに強制力はありませんので、無理に交渉すると話がこじれる(だったら部屋を借りてくれない)可能性もありますが、場合によっては相談に乗ってくれるかもしれません。

 

7、前家賃

基本的に、家賃は先に支払います。

ですから、通常は初期費用の支払い時に、家賃は1ヶ月分先に支払う事になります。

初期費用を抑えた場合は、フリーレントをお願いすると良いです。

フリーレントとは「家賃をサービスする」ことで、1ヶ月分フリーレントを付けてくれたら、初期費用時に支払わずに住むことが出来ます。(入居から1ヶ月家賃サービスなので)

 

スポンサードリンク

 

初期費用が安い賃貸会社は…?

先の初期費用の内訳から、初期費用を抑えるための交渉可能のポイントはわかって頂けたと思います。

しかし「そんな交渉しなくても純粋に初期費用を抑えられる会社はどこかないの?」と言われれば、私はここをオススメします。

それは『大和リビング』です。

大和リビングは「タダシ」という契約方法があって、そちらを選択すると家賃を少しアップさせることで初期費用がグッと安くなります。

 

・大和リビング”タダシ”

2016-02-18_23h03_54

引用元:ダイワリビング

タダシを選択すると、

  • 敷金
  • 礼金
  • 更新料(保証料)

が、無料になります。

そして大和リビングは、リビング保証制度が付帯されている場合、火災保険は加入の必要がありません。

つまり、初期費用で掛かるのは、

  • 仲介手数料
  • 鍵代
  • 前家賃

となり、仲介手数料も50%の所で借りれば、家賃の1.5カ月分と鍵代だけです。

家賃が6万円で鍵代が9000円だとしたら、

家賃6万円×1.5カ月+鍵代9000円=初期費用99000円

と、随分お値打ちになりますよね。(あくまで一例です。)

さらに、大和リビングの物件では、

  • インターネット使い放題
  • 電子書籍の漫画1日30分無料

になっていたり、設備もかなりグレードの高いものを使用している物件も多いですから、一見の価値はあると思いますよ。

 

最後に

如何でしたでしょうか?

私が賃貸の営業マンをしていた時に「初期費用を抑えたい」と相談されたら、大和リビングのタダシを説明すると安いと驚かれていました。

また、他にも安くできる物件はあるのですが、そういう物件は築年数が古いので交渉可能ですが、やはり部屋を見ると「安くてもこれは…」という方が多かったです。

でも大和リビングの場合は、物件も綺麗なので「部屋まで見せたら鉄板」です。

参考に少し大和リビングの物件写真を掲載しておきます。

DSC_4059

エアコン、室内照明、セキュリティー、室内洗濯物干し等、設備も充実。

DSC_4016

大和リビングの1坪風呂は、もう賃貸という感じがしません。

風呂

これで初期費用安かったら、良くないですか?

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

-賃貸・部屋探し
-, ,

Copyright© 住まい探しブログ『家エェイ』 , 2017 AllRights Reserved.