暮し・インテリア

同棲のメリットとデメリット!始める前に確認すべきポイントは?

投稿日:2016年3月8日 更新日:

賃貸の営業をしていると若いカップルが部屋を探しに来る事も多々あります。

「同棲ですか?」と聞くと二人でニヤリ(* ̄ー ̄*)

これから楽しい事がいっぱい待っていそうです。

私も同棲の経験がありますが、やって良かったと思っています。

振り返ってみても「同棲してイヤだったな」ということは…、とくにありません。

当時、同棲していた女性が、今の奥さんですしね(笑)

 

しかし、賃貸営業をしていると良くも悪くも色々な方の生活を垣間見ることがあります。

顔を腫らして「急いで部屋を探したい」なんて女性が来店することもありますからね。

というわけで、今回は同棲を始めようと考えるカップルに是非お伝えしたい「同棲のメリットやデメリット」についてお伝えしていきます!

 

スポンサードリンク

 

まずは同棲のデメリット!始める前に考えるポイントは?

同棲にはメリットもたくさんありますが、なかには「こんなはずじゃなかった」というようなっことも出てきます。

しかし、そういった事も先に二人で取り決めしておけば無駄な喧嘩を防げるかもしれませんよ。

 

お金のことは事前によく話し合いましょう!

同棲で掛かる費用は

  • 家賃
  • 光熱費(ガス・水道・電気など)
  • 食費
  • その他雑費

など、毎月の固定支払いで出てっいってしまいます。

 

これも彼氏・彼女で単純に半分ずつというのが平等に思えますが、収入の多い少ないもあるので、半分でもケンカになることはあります。

収入が多い方が少し多めに支払うのか?

彼氏が家賃で、彼女が食費など、分担するのが良いのか?

お金のことはしっかりと話合うことが、同棲を上手く進めるコツでしょう。

 

女性は同棲する前に「男性の性格」を見抜きましょう!

女性にとって同棲で怖いのは男性によるDVです。

ケンカになってしまうと女性は体力的にどうしても劣ります。

ですから、とくに女性は同棲を始める前に男性の性格を見抜くようにしましょう。

ちょっとのことで「イライラ」したりするような男性とは同棲するのは避けましょうね。

プライベートな時間をどうするのか?

同棲をするとプライベートな時間が一気に減ります。

  • 友人との時間
  • 仕事の付き合いの時間
  • 趣味の時間

など、個人的な時間についても、よく話あった方がいいでしょう。

 

賃貸の営業で離婚したお客さんの話を聞いていると、嫁や家族をほっといて趣味や友人との時間を自由に使っていたらこうなったという話を良く聞きます。

これは同棲でも言えることです。

外で楽しんでいる方はいいですが、家で一人で待っている方は寂しいし、もしかしたら外で浮気でもしているんじゃないだろうかと心配にもなります。

素敵な同棲にするためにも、しっかりと話をしたいポイントです。

 

スポンサードリンク

 

同棲のメリット!楽しいこともたくさんあります

同棲して二人で暮らすという事は、環境的にも、経済的にも一人暮らしとは違ってきます。

人によっては同棲のデメリットに気を取られてしまうでしょうが、せっかくですから一度くらい同棲を経験するのはお勧めします。

私も結婚する前に同棲していたので、実体験に基づいてメリットをお伝えします。

 

いつも二人一緒で楽しい!

同棲の最大のメリットは、間違いなくコレでしょう。

ご飯を食べるのも、寝るのも、テレビを見るのも、春も秋も盆も正月も一緒。

色々なイベントも。いつも二人一緒です。

これはもう、家賃には変えられない大切な時間です。

協力して生活できるから貯金も出来る!

例えば家賃や生活費を二人で半分にすれば、一人暮らしの時よりも経済的には楽になると思います。

私の場合は、嫁が部屋に転がり込んできましたので家賃などの負担は変わりませんでしたけどね(笑)

この点は2人で話し合って決めれば「貯金は可能」だと思います。

また、私の場合は「ほとんど外食かコンビニ飯」の生活だったので、彼女のおかげで家で食べるようになり食費が下がったのと、あわせて健康的な食生活は送れたのかなと思ってます。

 

家デートも楽しい!

同棲を始めると「デートで外で待ち合わせ」とか、まず無くなります。

外で遊ぶとお金も掛かるし、家でゲームしたり、DVD見たり、というインドアな時間の過ごし方が増えます。

これは「節約」という点で大きなメリットになるでしょう。

でも、たまには外で待ち合わせデートしたり、外食するのもマンネリ化を防ぐ大事なポイントですよ。

デートでは見えなかった相手がわかる!

短時間のデートでは見えなかった相手の性格やクセがわかるのは、メリットだと思います。

「そんなの見えたら気持ちが下がる」

と言う人もいると思いますが、同棲を経て結婚したカップルは、じつは離婚率がすごく低いのです。

結婚してから、相手の知らなかった部分を見て、気持ちが下がって、離婚となると色々面倒です。

同棲して分かれたら部屋の事とか面倒というネットの声も有りますが、離婚する事を考えれば全然マシです。

やはりここは同棲して相手の事がより知ることが出来るというのは、メリットと考えて良いのではないでしょうか。

 

相手の両親への挨拶も意外とスムーズ!

私の同棲は嫁が部屋に転がり込んできましたが、実際ご両親が同棲に賛成しているわけではありませんでした。

それなのに1週間のうち6日か7日はウチで過ごすというような感じでした。

嫁とは付き合っている時から結婚しても良いなと思っていたのですが、さすがに嫁の両親と会う時は顔を合わせずらかったです(苦笑)

でも、いざ挨拶の時には「まあ、これからもよろしくね」という感じでした。

これは「同棲している」から両親も半ば観念している。そんな状態でした(笑)

相手の両親の性格にもよりますが、デートで潮干がりとかタケノコ堀りとか行くかわかりませんけど、そういう時は相手のご両親にも持って行くくらいの気遣いをしておくと良いですね。

 

スポンサードリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

同棲を始める前は、ドキドキして楽しい気持ちになります。

ただ気を付けたいのは「ノリだけ」で同棲をスタートさせること。

同棲をすればお互いの見なかった部分が見えるので、逆に気まずくなるケースも多々あります。

ただ私は「同棲を始めていた時が人生で一番楽しかった」と言っても過言ではありません。

2人でご飯を作ったり、DVDを見るだけでも楽しいものです。

ですから同棲できる機会があるのなら、一度はトライして欲しいと思います。

以上「同棲のメリットとデメリット!始める前に確認すべきポイントは??」でした。

 

【 おすすめ記事 】



 

【最後にPRです!】

家の購入を考えて住宅展示場に行ってみても「結局よくわからない」と悩んでいる方は大勢みえます。

なぜ悩むのかというと、それは「家に対する予備知識が少なすぎる」から。

そんな時は何から始めれば良いかというと、住宅展示場巡りよりも「カタログ集め」が効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは正直大変…」

そう思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!

 

それがTVCMでもお馴染みのHOME'Sが運営する LIFULL HOME`S

お住まいの地域から家づくりの予算や建築方法など様々なテーマで希望の会社を検索出来て、さらに「はじめての家づくりノート」が無料で貰えるのですが、これは「家を探す人」にとってチェックすべきポイントがまとめられているので是非ゲットして欲しいと思います。

 

もちろんカタログ請求は無料ですし、先ほどの「はじめての家づくりノート」もカタログ請求したら無料でダウンロードできます。

家が欲しいと思ったら、まずはカタログ請求で「知識を身に着ける」ことが大切ですよ!

 
 

-暮し・インテリア

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2018 AllRights Reserved.