家探し・土地探し

定期借地権で家を建てる前に読んで欲しい経験者の声!

投稿日:2016年3月12日 更新日:

普段は、ほとんど聞く事が無い「定期借地権」という単語。

家を建てることを考えている方だと「定期借地権」という言葉も聞いたことがあると思います。

一般的なイメージとして、家を建てる土地というのは「自分の所有・購入する」ものだと思います。

しかし、定期借地権というのは一般的に50年間土地を借りて契約の事をさします。

借りた人は、その土地に家を自由に建てるわけですが、土地を購入するわけではないので、土地の購入費を家の建築費用に回して、少しグレードの高い家に住めるというのがメリットでしょう。

しかし、定期借地権という制度が出来てから、まだ50年は経っておらず、実際に50年経って土地を返している人はいないので、どういったトラブルが現実に起こるのかは、まだわかりません。

しかし、すでに定期借地権で家を建てた事に後悔している声も聞きますので、定期借地権で家を建てようか迷っている人は、是非失敗しないためにも参考にしてください。

 

スポンサードリンク

 

定期借地権で後悔している事・老後が不安

定期借地権は、50年後に土地を”更地にして返却する”という契約になっていることがほとんどでしょう。

そもそも定期借地権が出来る前というのは、土地を貸して、借り主が家を建てた場合は、貸主(地主)が買い取らないといけないとか、変な法律だったんですね。

それだったら地主さんも土地を貸したくないとなるので、貸し渋りをなくすために出来たのが定期借地権です。

ですから、50年後に土地を更地にして返却するように保証金などを契約の時点で地主さんに渡していると思います。

そのため、定期借地権で家を建てている方の不安で、最も多いのは「老後に家が無くなってどうすればいいのか?」というものです。

これは本当によく聞きますし、絶対に定期借地権でトラブルになると思います。

仮に賃貸を借りて住めば良いと思うかもしれませんが、賃貸も高齢者になれば部屋を貸してくれる所を見つけるだけでも一苦労です。

いくら定期借地権で少しグレードの高い家に住んでいたとしても、老後は築30年以上のボロボロの賃貸しか貸してもらえないと言う状況が、冗談なく考えられます。

定期借地権で家を建てている方は、最低でも中古マンションが現金で買えるくらいのお金を貯めないと厳しいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

定期借地権で後悔している事・家が売れない

家を建てても会社の転勤などで売却しないといけないという方もいらっしゃいます。

しかし、定期借地権の家は、もう全然売れません。

すぐ売れた人は、相当運が良いです。

よくよく考えて、仮にあなたが定借の家で15年住んでいたとしたら、今度購入する方は、35年しか住む事が出来ません。

35年後に家が無くなる中古物件を、わざわざ選んで買う人は相当少ないです。

コレは現在すでに出ているデメリットと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

定期借地権を勧める不動産屋は要注意です!

定期借地権を積極的に勧める不動産屋は、個人的に要注意だと思います。

もちろん、あなたが定期借地権のデメリットを理解した上で、納得の上で購入するのであれば構いません。

しかし、定期借地権を勧める不動産屋の営業マンは

  • 土地を買わないから月々の住宅ローンが安くなる
  • 50年経っても地主さんと相談すれば住み続けられる

など、かなり際どいトークをする所が多いです。

定期借地権は、確かに住宅ローンは安くなりますが、別途で地代を払わなければいけません。

結局月々安くなっても総額1万円程度ということもあります。

だったら、土地買った方がどう考えても得です。

また、怖いのは50年後に地主さんと相談すれば住み続けられるというようなトーク。

契約上は、あくまで更地で返すことになっていますし、また解体費用に充てられる保証金も先払いになっていると思います。

定期借地権は、50年後に返却が基本なのです。

 

最後に

如何でしたでしょうか?

定期借地権で家を建てた方が、現在住んでいて最も心配しているのは、「老後に土地を返したその後」です。

これは賃貸から考えても、大きな問題になると思います。

現在でも高齢者住宅の問題は出ているのに、これから20年~30年後には定期借地権で家を建てた方が、部屋を探すとなると大変なのは容易に想像できます。

モデルルームのような家を見せられたら夢も広がりますが、今一度営業マンの話を鵜呑みせずに、自分でも少し勉強してから家を建てる事を決めても遅くはありません。

人生の一大イベントですから、焦らずにゆっくりと決めて下さいね。

 

 

【 おすすめ記事 】

-家探し・土地探し
-, ,

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2017 AllRights Reserved.