暮し・インテリア

サーキュレーターおすすめランキング!夏も冬も活躍するのはコレだ!

投稿日:2016年6月4日 更新日:

サーキュレーターは、扇風機と違って涼しさを求める器具ではなく、室内の空気を循環させる事が目的の器具です。

例えば、夏でエアコンを付けていると、床とテーブルの上の高さぐらいでは1~2度は室温が変わります。

こういった室温の変化を均一化するのが、サーキュレーターの役割です。

そのサーキュレーターも、安い物から高い物まで色々な種類がありますが、ここでは機能面・価格面など総合的に考えて、ランキング形式でおすすめのサーキュレーターをご紹介していきます。

スポンサードリンク

 

第5位:ボルネード タワー・サーキュレーター 143-JP

価格:15,500円

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

タワータイプのサーキュレーターでデザイン性が高いです。

タワータイプの首振り扇風機だと風が途切れますが、ボルネードのサーキュレーターは風が途切れる事がありません。

またサーキュレータは、風を広範囲に送るというよりも、一点集中で送るため、タワータイプは安定しないと言われてきましたが、このボルネードのタワー・サーキュレーターはしっかりと安定しています。

 

スポンサードリンク

 

第4位:ZEPEAL  Amazon.co.jp限定 DKS-20W

価格:2,280円

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

価格が安い!あまり部屋が大きくない賃貸で一人暮らしの方などにオススメです。

冷暖房の空気の循環はもちろんですが、ベランダなどに洗濯物をかけて置けない(屋根の部分が無い)所では、部屋干しの強い味方です。

小さので設置場所も融通がきくと思います。

 

第3位:アイリスオーヤマ PCF-C15

価格:4,636円

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

価格もお手頃で、首振り、タイマー、リモコン付きと、一通りの機能も付いています。

部屋の大きさの目安は8帖なので、さほど強力ではありませんが、タイマーに首振りもあり、また首振りも上下左右可能なので、部屋干しの時にも活躍出来るオールマイティータイプではないでしょうか。

サーキュレーターでお値段お手頃だと首振りは、上下のみや横のみが多いので、上下左右はポイント高いです。

 

スポンサードリンク

 

第2位:パナソニック 創風機Q  F-BL25Z-N

価格:28,800円

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

デザインにインパクトがあるパナソニック「Q」シリーズ。

価格もインパクトありますが、静音のDCモーターを採用し、一定の連続送風ではなく、ゆらぎのある風を出す事が可能です。

それを「1/fゆらぎ」として、心地よい風を送る事が出来るので、扇風機のように長時間当たっていても快適に過ごす事が出来ます。

 

第1位:ボルネード サーキュレーター 660-JP

価格:15,580円

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

まるでダース・ベイダーを彷彿させるデザイン!

強力なモーターから送りだされる風は、25M先まで届きます。

そのため狭い部屋よりは広い部屋で使う事をお勧めします。

機能的には、首振り機能が無く、室内の空気を拡散させるのではなく、あくまで循環させることを目的に作られているので、リビングと部屋が続いているようなタイプの部屋や広めのリビング、オフィス向きと言えます。

 

最後に

如何でしたでしょうか?

最近は夏でも冬でもエアコンをつける機会が多く、よりエアコンの効率を上げるために注目のサーキュレーター。

探すポイントは、首振りやタイマーなどの機能面(室内干しでは欲しい)と、使用する部屋の広さに応じての送風のパワーですね。

また購入されている方のレビューを見ると、デザイン面で選んでいる方も多いようですが、カッコいいものも多いので、その点は色々選べて楽しいのではないでしょうか(笑)

ちなみに、我が家では「ボルネード」のサーキュレーターを使用しています。

リビングにはエアコンが付いていますが、続きの和室にはエアコンが無く、また部屋の形が長方形のため、サーキュレーターが大活躍しております。

案外、ウチみたいな間取りは多いと思うので、是非サーキュレーターのおすすめランキングを参考にしてください。

 

 

 

【 おすすめ記事 】

-暮し・インテリア
-, ,

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2017 AllRights Reserved.