賃貸・部屋探し

軽量鉄骨とRC(鉄筋コンクリート)の賃貸の違い?住みやすいのは?

投稿日:2016年6月21日 更新日:

部屋探しでインターネットや不動産屋で物件を調べると、物件の構造で「軽量鉄骨造」と「RC(鉄筋コンクリート)造」など聞きなれない言葉も出てきます。

なんとなく「鉄骨使うんだなー」ということは分かりますが、一体何が違うのでしょうか?

「防音が気になるから鉄骨が良いんだけど、軽量鉄骨でもいいのかな?」など、なかなか聞けないことについてズバリ解説していきます!

 

スポンサードリンク

 

軽量鉄骨造とは?

軽量鉄骨造とは、厚さ6mm未満の鋼材を使用します。

鉄骨というので、大きくて厚さのある鋼材を使うイメージがあるかもしれませんが、軽量鉄骨はそこまで厚さもなく鉄板を曲げて作ったものです。

軽量鉄骨造の賃貸物件が多いのは、ひとえに建てやすいからでしょう。

軽量鉄骨造は、工場で生産された材料を使用し、ボルトやナットで組み立てていくため、職人の技術によって出来栄えが変わる事もなく、商品化されているアパート等にとっては、非常に都合が良いと言えます。

では、入居者の視点で軽量鉄骨造の物件を選ぶメリットがあるかと言われると、正直なところ特にありません。

軽量鉄骨造と木造であれば、防音性なども含めて入居者視点で言えば、大きな違いは無い(感じない)と思います。

RC(鉄筋コンクリート)造とは?

RC(鉄筋コンクリート)造は、一般的に9mmか12mmの鋼材を使います。

鋼材もしっかりしているので、3階建て以上のマンションなどで多く採用され、耐震性にも優れています。

しかし、デメリットとして重量が重いので、地盤がしっかりしていないと建てれませんし、基礎工事も費用は高くなります。

物件オーナーにとっては、悩ましい問題かもしれませんね。

では、入居者の視点で考えると、RC(鉄筋コンクリート)造の物件を選ぶメリットはあります。

  • 耐震性
  • 防音性

は、軽量鉄骨造や木造に比べて一般的に高いです。

しかし、高気密のため「北側の日が当らない部屋はカビが発生しやすい」などの問題もよくあります。

 

スポンサードリンク

 

気になる防音性はどっちがいいの?

一般的に防音はRC(鉄筋コンクリート)造の方が言われていますし、そこは構造上同意するのですが、仮に築年数の古いRC(鉄筋コンクリート)造と新築の軽量鉄骨造では、一概にRC(鉄筋コンクリート)造の方が音は響かないと言えないです。

築年数が経過している場合、RC(鉄筋コンクリート)造でも音が響く物件は結構あります。

また、騒音に関しての”最大の問題”は、構造よりも入居者です。

  • 玄関を乱暴に閉める人
  • 朝早くに洗濯機を回す人
  • 子供がジャンプして暴れていても注意もしない人

など、騒音問題のクレームの多くは、入居者に問題がある場合がほとんどです。

防音が気になってRC(鉄筋コンクリート)造を選ぶ方は、まずは住む物件に入居者トラブルが起こっていないかを確認する事を優先すべきでしょう。

 

スポンサードリンク

 

軽量鉄骨造とRC造の物件。どっちがオススメ?

軽量鉄骨造とRC(鉄筋コンクリート)造の物件を比較した場合、築年数などを考慮しなければ、構造上の性能としてはRC(鉄筋コンクリート)造の方が良いでしょう。

しかし、RC(鉄筋コンクリート)造は建築費も高いことから、家賃も基本高めです。

さらにRC(鉄筋コンクリート)造の物件は、エレベーターがあるようなマンションタイプが多いのですが、そうなると共益費も高くなってきます。

つまり、RC(鉄筋コンクリート)造は性能も高いですが、賃料も高いということになります。

そして、入居して快適に過ごせるかどうかは、構造上の性能が高いことが全てではなく、お風呂やキッチンなどの設備も大きく影響します。

そうなってくると一概に、軽量鉄骨造かRC(鉄筋コンクリート)造か、さらには木造が良いかは言えないですけど、私の個人的な経験で言えば、最も快適だった物件は…

6階(最上階)のRC(鉄筋コンクリート)造マンションでした。

最上階というよりも、ある程度の高さが大事で、6階くらいになると夏場でも1,2階に比べて虫が断然少ないです。

高さに関しては、軽量鉄骨造がどうしてもRC(鉄筋コンクリート)造を超えられない壁です。

蚊とかの虫が少ないと、かなり快適な生活を送る事ができますし、物件を迷っている方のアドバイスとして、不動産営業の接客時に話しても「あっ!それは大事!」と喜んで貰えることが多いです(笑)

 

最後に

如何でしたでしょうか?

最近は、軽量鉄骨造の賃貸物件で新築がよく建てられているので、部屋探しの際によく見かけると思います。

鉄骨と書いてあるので、RC(鉄筋コンクリート)造側かなと思うのですが、どちらかというと木造側と思っておいて間違いないでしょう。

だからといって、木造や軽量鉄骨造が安くて悪いという事は無く、建築費が抑えられる分、最近の新築は設備のグレードが良いのに、家賃はお値打ちというのも少なくありません。

LDK3

こんな部屋、住んでみたいと思いませんか?

いろいろ選べるのも賃貸の醍醐味ですから、あまりRC(鉄筋コンクリート)造が良いという先入観に縛られずに、気になる物件は全部見ていくのが間違いないですね。

ぜひ後悔しない部屋探しを!

 

 

【 おすすめ記事 】

-賃貸・部屋探し
-, ,

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2017 AllRights Reserved.