暮し・インテリア

モルタルとコンクリートとセメントの違い!その見分け方とは?

投稿日:2016年6月22日 更新日:

先日ふと戸建の物件をに見に行った時に、基礎部分のモルタルで仕上げた部分にヒビが入っており「昔、訪問販売の営業の人が、基礎のコンクリートが割れてヤバイですよ!」と、話していたのを思い出しました。

「ああ、この人はコンクリートとモルタルの見分けもつかないのだなー」と、当時は思っていました。

しかし、「モルタル」と「コンクリート」と「セメント」は、建築資材で石のように固まるものだというのは知っていても、それぞれの違いって何なのか解説できる人は案外少ないのではないでしょうか?

さらに、パッと見て判断が付くものでしょうか?

今回は、「モルタル」「コンクリート」「セメント」それぞれの違いについて解説していきます。

 

スポンサードリンク

 

解説の都合上「セメント」から

まず初めにセメントですが、「モルタル」や「コンクリート」の材料となるものです。

一般的な原料は、石灰石、けい石、年度、酸化鉄、せっこうなどを混ぜた、灰色の粉ですが、これに水を加え混ぜると化学反応を起こして固まります。

セメントの用途は、接着剤のようなものです。

セメントに水を加えて混ぜただけのものは「セメントペースト」と呼ばれます。

 

「モルタル」とは?

モルタルは、セメントが1に対して、砂は3の割合(1:3)で混ぜ(空練り)、水を加えたモノです。

用途は、レンガやブロックの目地、コンクリートの表面の仕上げなどで使います。

最近はDIYでモルタルを使う方も増えていますが、セメントと砂を買ってきて、混ぜて、というのも大変なので、すでに空練りされた物も販売されています。

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

ちょっと使う程度には便利ですね。

 

コンクリートとは?

コンクリートは、モルタルに砂利を加えて混ぜ、さらに水を加えて混ぜ、混ぜまくったら完成です。

モルタルとコンクリートでは、圧倒的にコンクリートの方が強度は高いです。

賃貸では、RC(鉄筋コンクリート)で建てる物件が多いですが、RC(鉄筋コンクリート)は、コンクリートの弱点である引張力を鉄筋で補い、また鉄筋の弱点である圧縮に対してはコンクリートで補うことで、マンションやビルなどの建築物以外でも、道路やダムなどでも使用されています。

 

スポンサードリンク

 

「モルタル」と「コンクリート」の見分け方

「コンクリート打ちっぱなし物件」という、一度は住んでみたいオシャレの代名詞がありますが、コンクリートの場合は、モルタルの仕上げより少し粗さが残ります。

砂利を混ぜる分、どうしても粗さが出てしまいます。

a7113bc62de238e37f966cd50c6cdec0_s

 

この表面をよりツルっとさせるのに、モルタルを使用します。

6_x

引用元:イエナカ手帳

 

建売の戸建ての基礎などの多くは、モルタル仕上げで表面をツルっとさせている家が多いですね。

上記写真は、キッチンの壁をモルタルで仕上げています。

但し、仕上げも敢えて粗くすることでデザイン性を求めるような場合もあります。(外壁に多い)

また、冒頭の訪問販売の営業マンが言っていた「ひび割れについて」は、表面のモルタルが割れていただけで、中のコンクリートが割れているわけではないので、基礎の強度には影響がありません。

6_x

引用元:イエナカ手帳

 

この写真でも右側にヒビが見えますが、これは表面のモルタルが割れているだけです。

モルタルは結構ヒビが入るので、オーバーに言う営業マンもいるので、注意してくださいね。

 

DIYで使えるものなの?

セメントをベースに「モルタル」「コンクリート」を作って、DIYで使うことも出来ます。

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

ちょっとコンクリートが必要という場合は、こういうインスタントのものが良いでしょう。

量がそんなに多くないので広範囲だと何袋も買わないといけませんが、すでに空練りされているのでありがたいですよね。

また、ある程度の量が必要という事で、セメントと砂、砂利などを混ぜて作る場合、作り過ぎて捨てるのも大変なので、作り過ぎに注意です。

モルタルは、セメントと砂の見た目で何となくわかりますが、コンクリートが初めて作る方だと分かりにくいと思います。

コンクリートの場合は、砂利の量の1.5倍くらいで考えておくと、ちょうど良いくらいだと思います。

 

最後に

如何でしたでしょうか?

最近はテレビ番組で芸能人がDIYして、部屋をオシャレにしたりするのを見ていると、ちょっと自分でもやってみようかなと思います。

またモルタルやコンクリートも、年数が経ってくるとヒビが入ったりして補修が必要になってくる時期もやってきます。

そういう時に、自分で出来ると家計にもありがたいですし、趣味としても喜ばれますよね。

覚えておいて損は無いかも!?

 

スポンサードリンク

 

 

-暮し・インテリア
-, ,

Copyright© 住まい探しブログ『家エェイ』 , 2017 AllRights Reserved.