家探し・土地探し

アーネストワンの建売り物件の評判!実際に買って住んで分かった事!

投稿日:2016年6月23日 更新日:

不動産業界で売買(家や土地を売る仕事)に携わっていると、圧倒的な安さで評判なのが「アーネストワン」です。

アーネストワンは、一建設、飯田産業、東栄住宅、タクトホーム、アイディホームとアーネストワンの6社が統合して出来た「飯田グループホールディングス」の会社です。

「飯田グループホールディングス」としては、最近では歌舞伎役者の市川海老蔵さんのCMで名前を聞いた事があるのではないでしょうか?

その飯田グループの中でも、「アーネストワン」は以前から建築会社の人間からすると「安さ勝負では絶対に敵わない会社」として有名でした。

では、アーネストワンの家は「安いけど良い家」なのか?「安かろう悪かろう」なのか?

実際にアーネストワンの建売り物件を購入して住んでいる知人に詳しく聞いてみました。

 

スポンサードリンク

 

アーネストワンの建売りに住んだ感想

実際にアーネストワンの家に住んでいる人に色々質問しました。

立地優先で家を探していた知人の仕事は、リフォームの営業マンです。

建築や設備に関しては一般の方よりも詳しいです。

アーネストワンの家を購入してから2年が経過しましたが一体どうでしょうか。

 

アーネストワンの家に住んでみてどう?

知人「値段の割にそんなに悪くない。当然、お金をすごくかけた注文住宅の家に比べれば見劣りするけど、一般的な建売り物件であれば、そう大きな違いは感じない。それで数百万円も差があるなら、十分満足している。」

 

入居してから問題は無かった?

知人「入居してすぐにデカイ虫(クモとか)が出てきた。結構玄関で頻繁に出るので、調べてみたら、玄関の基礎立ちあがり部分に隙間が空いていて、そこから床下の虫が入ってきているみたいで、そこを塞いだら虫はでなくなった。それ以外は大きなトラブルは無い。まあ、虫の件は大きな問題だったかもしれないけど(笑)」

 

クレームの対応はどうだった?

知人「玄関の件は虫がイヤで、すぐに塞ぎたかったから、連絡する前に自分で直した。点検の時に、その話をしたらクレーム対応は出来ましたよとは言ってた。点検に来る人も別に感じ悪くなかったけど、そこはアーネストワンに限らず当たり外れあるんじゃない?

 

キッチンやお風呂の設備は?

至って普通。ただトイレが少し小さい。建売りだから選べないので仕方が無い。お風呂はカラリ床とかではない(そんなにグレードの良い物ではない)ので、赤カビとか出やすいかも?コーティングはやっておけば良かったと思った。まあ、ちゃんと掃除すればいいだけの話です。」

 

総合的な感想をお願いします。

やっぱり安いと思う。

というか、そもそも建築業界はボッタくってる所がある。

メガネも20年前だと数万円してたのが、今は5000円でかなり選べるのは、昔はボッタくってたわけで、そういう業界の体質を改善しようとした会社があって今に至ると思うわけで、建築業界もそうなっても良いと思う。

建売りみたいに、ある程度商品化(規格化)されているのであれば、設備や建材も大量発注してコストダウンして、家の販売価格自体が下がっていくというのは、正しい形というか消費者にはやさしいのは間違いない。

そういう点で、アーネストワンの家が安いから悪いとは思えないし、実際に住んでみても満足してます。

 

スポンサードリンク

 

なぜ、アーネストワンの家は安いのか?

それでもアーネストワンは安すぎるから不安という方もみえるかもしれませんので、一人の不動産屋の営業マンの視点としてお話します。

まず設備や建材に関しては、先の知人が言っていたように大量発注でコストダウンを行っています。

また、キッチンなどは確か飯田グループで製造メーカーを買収しているはずです。

そういった企業努力でコストを下げているのは間違いなくあります。

さらに、パワービルダーは土地も安く仕入れる事が出来ます。

というのは、パワービルダーは造成前の広い土地を現金ですぐに買えます。

造成前ですから、一般の土地相場よりも安いですし、また土地が広ければ広い程、個人や中小企業レベルでは手が出ない金額になってしまいます。

そのため地主さんが広い土地を売る時は、パワービルダーに話が行くのです。

逆に言えば、土地が造成されて売りに出ている場合、造成した業者の利益や、転売した不動産屋やブローカーの利益、その他に間に入っている業者の利益が乗せられたものが”相場”ですから、相場で土地を仕入れている業者が金額で勝てるわけありませんよね。

 

スポンサードリンク

 

建売り物件を購入する方にアドバイス

アーネストワンの建売り物件について、前向きな話が多かったですが、ひとつ建売り物件を購入する際のアドバイスを。

というのは、ネットで評判を調べればアーネストワンに限らず建築会社の悪い評判は、たくさん見ます。

家に欠陥があったとか、営業マンの対応が悪いなど。

営業マンに関しては、どこの会社にも悪い人もいれば、良い人もいるので、当たり外れがありますが、これ家に関してもあります。

というのは、アーネストワンに限らず、大手のハウスメーカーは、家を建てる大工などの職人を、自社で雇っているわけではありません。

地元の建築会社や大工に依頼して家を建ててもらっています。

しかし、腕の良い大工というのは、地元で商売してますし、外注の安い仕事を受けられるほど暇ではない所が多いです。

そうなると、ハウスメーカーの仕事を受ける下請け業者は、腕や仕事の質はバラつきが出ます。

つまり、アーネストワンの建売り物件が10棟あったとしても、10棟すべてが同じ質では無いという事です。

ですから、ネットでアーネストワンの評判を調べて真に受けるよりは、建売り物件の良い所は、実際に見れる所なので、まずはしっかりと物件を見る事です。

  • 建具の取りつけ
  • クロスの隅(縮む)
  • 床下
  • 屋根裏  etc

とくに、生活していて見えない所は要チェックです!

手を抜くのは、そういう所ですからね。

 

最後に

如何でしたでしょうか?

「家は一生モノ」と言われますが、最近では老後は「ワンフロアで生活出来るマンションで暮らしたい」と、若いうちは戸建でもいいけど老後はマンションという話も良く聞きます。

そう考えると、お値打ちはアーネストワンのような建売り物件というのも、新しい価値観として今後定着するのかもしれません。

なにはともあれ、家の購入で迷われているなら、まずは実行あるのみで、実際のその目で見に行ってみましょう。

それが一番です!

 

 

 

【 おすすめ記事 】

-家探し・土地探し
-, ,

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2017 AllRights Reserved.