部屋探し・家探し・暮らしに関することを紹介してます!

暮らし応援ブログ『家ェエイ』

購入・売却

土地の探し方にはコツがある!早く見つけるためにも全部やるべきだよ

更新日:

「土地は無いけどハウスメーカーで家を建てたい!」

でも、いざ土地を探すとなかなか見つからなくて困っている方も多いと思います。

そんな土地探しで施主さんが出来る事と言えば、以下の4つ。

  1. ネットで探す
  2. 不動産屋巡りをする
  3. 自分で空き地を探す
  4. ハウスメーカーに探してもらう

 

「一軒家を建てるのにちょうど良い土地」というのは、思っているよりも簡単に見つかるものではありません。

そのため、出来る事は全て行った方が良いですが、ただ闇雲にやるのも効率は悪い。

やはり何事もポイントを抑えることは大切です!

というわけで、今回は「それぞれの土地の探し方のコツについて」お伝えしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

色々なところから幅広く!ネットを使って土地を探すコツとは?

土地を探している施主さんの中には「本当によくネットをチェックしているな」と感心する方が多いです。

fudou
それだけ家づくりに対する情熱があるのでしょうね。

しかし、その情熱もなかなか土地が見つからないと薄れてきてしまいます。

というわけで、ここでは幅広く情報を集めるための「ネットを使った土地の探し方」についてお伝えしていきましょう!

 

土地探しで押さえておきたいサイト!

ネットで土地を探せるサイトは「スーモ」や「ホームズ」など色々ありますが、私が自分の家の土地を探すなら以下の3つには目を通します。

サイト名 特徴
アットホーム 土地や売買に関する物件数は多い(広告費を払って掲載)
不動産ジャパン 公益財団法人不動産流通推進センターが運営する
ハウスドゥなど 大手仲介業者。家を建てるのではなく「純粋に仲介が仕事」の会社

 

不動産業界の情報というのは「共有される」ので8~9割は同じ情報です。

しかし、みなさん他の「共有されていない1~2割の情報を求めて」ネットを巡回するわけですよね。

でも、スーモやホームズをいくら見ても情報の出所が一緒(広告費を払って集客する不動産会社)」なので効率はイマイチです。

 

oyatu
であれば、ハウスドゥなど「不動産の買取り」も行う仲介業者のサイトをチェックした方が新しい情報を見つけられるかもしれません。

複数のポータルサイトを見るのは余裕があったらに留めておきましょう。(疲れてしまうので)

ちなみに、アットホームは広告費が安いので「スーモは掲載しないけどアットホームには掲載する」不動産屋は意外とあります。

 

保留地や競売情報も調べる!

また、ネットで土地探しを行うなら「保留地」や「競売情報」も合わせて調べておきましょう。

競売は差し押さえなどで出てくる土地なので嫌な方もみえるかもしれませんが、保留地は純粋におすすめです。

保留地とは、土地区画整理事業(土地を使いやすく整形する)のなかで生まれる土地のことです。

そのため区画整理されているので住みやすく、購入は抽選ですが「買えれば相場よりも安い」ので探さない手はありません。

fudou
保留地や競売情報はポータルサイトに出てこないので要チェックですよ!

 


 

土地の探し方はネットだけではありません。

ですから「あまりネットにこだわらない」のもポイントです。

個人的に土地探しは「不動産屋巡り」に重点を置くのが良いと思います。

 

土地探しは「不動産屋巡り」に重点をおくべき理由!

土地の探し方で最もおすすめなのが「不動産屋巡り」です。

地元の個人が運営している不動産屋では「月に1件契約が決まれば暮らしていける」と言われるので、意外とネットなどに情報を公開せずに来店した人に紹介しているだけという不動産屋はあります。

そのため、たくさんの不動産屋を巡れば「タイミング良く希望の土地情報をゲット出来る」かもしれません。

oyatu
ただ、それで出会えればラッキーで「多くは土地が出てくるのを待つ」ことになるので、不動産業者との付き合い方も大切なポイントになってきます。

 

不動産屋に土地探しを依頼する時のコツ!

不動産業者に土地探しを依頼するにはコツがあります。

それは、たくさんの土地情報の提案をして貰うために「条件のハードルを下げる」ことです。

具体的には、以下の2つが大切です。

  • 予算は正直に目一杯を伝える
  • エリアを出来るだけ広げる

 

まず予算ですが、本当の予算は3,000万円なのに2,000万円と伝えてしまうと「紹介して貰える土地情報を狭くするだけ」です。

「3,000万円と言うと値引き交渉で不利になるのでは」という心配も分かりますが、土地は市場に出ている時点で価格が決まっています。

3,000万円の土地は3,000万円で、2,000万円の土地を3,000万円で売り付けられることはありません。

fudou
また、エリアを広げるのは「かなり重要」です。

 

なぜなら、そのエリアに土地がなければ予算を上げても見つからないからです。

土地を探して貰う不動産屋は「パートナー」として信頼すべきですし、また信用できる不動産屋を探すことがポイントです!

 

時間が掛かっても不動産巡りはやっておくべき!

地元の不動産業者は「土地の情報が集まる場所」なので、希望の土地情報がなくても不動産屋巡りはやっておく価値があります。

例えば、実家の土地を相続して売却したいとしましょう。

その場合、不動産屋もしくは税理士に相談するかもしれません。

でも、税理士も土地売却となれば付き合いのある不動産屋に相談します。

そのまま一軒家を建てれるような土地を求めるなら、地元の不動産業者との付き合いは大切にしたいですね、

 

スポンサーリンク

 

自分で空き地を見つけて土地を探す!

他のサイトを見ていると「自分で空き地を探す」という土地の探し方もみかけます。

たしかに街を散策していると「家を建てるのにちょうど良さそうな空き地」を見かけますよね。

実際こういった空き地も、法務局で「登記事項証明書」を取れば地主が誰なのか調べることは出来ます。

しかし、地主さんの立場で考えると「赤の他人が突然土地を売ってくれ」と訪問してきたらどう思うでしょうか?

ですから、個人で空き地の地主さんを調べる方法はありますが、交渉自体は不動産屋に依頼した方が良いでしょう。

 

不動産屋は地主と交渉してくれるのか?

ここで気になるのは、不動産屋は「自分で見つけた空き地の売却交渉までしてくれるモノなのか?」という点です。

この答えは「不動産屋による」となってしまいます。

不動産屋が登記簿をとって地主さんに購入したい旨を伝えてくれるかは、本当に不動産屋次第です。(面倒くさがって嫌がるところもあります)

ですから、不動産屋巡りを行う時に合わせて「気になる空き地を見つけたら地主さんに交渉して貰えるか?」も合わせて確認しておくと良いですね。

また、地主さん側にも不動産屋さんがいれば「不動産屋さん同士で商売になる」ので、前向きに交渉してくれるかもしれませんよ。

 

地主さんもタイミング次第で売却を検討してくれます!

私の知っている地主さんでも「固定資産税を払ってるだけで勿体ない」と言いつつ、もう10年以上空き地のまま放置している方もみえます。

意外と地主さんもきっかけがあれば売却を考えてくれるので、個人的には空き地を探してアタックするのはアリだと思っています。

ただ、先ほどもお伝えしましたが交渉や契約は不動産業者さんにお任せしましょう。

自分で直接交渉して嫌がられると「契約できるものも出来なくなる」こともありますからね。

 

ハウスメーカーに任せっきりはお勧めしません!

最後に家を依頼する「ハウスメーカ-に土地探しも任せる」ですが、こちらはあまりお勧めしません。

もちろん土地を探しても貰うこと自体は良いのですが、お任せしても「自分で調べるのと変わらない」ことが多いです。

これは仕方の無いことで、ハウスメーカーは建築会社であって土地の売買をメインに行っているわけではありません。

oyatu
それに土地の売却を検討している方が「積水ハウスに相談に行こう!」とはならないですよね。

 

ですから、土地情報に関してはハウスメーカーは弱いと思っておいた方が良い…のですが、分譲地の情報を持っている可能性があります!

これは大規模な宅地造成を行って「自社の建築条件付きで分譲地を販売する」ことですが、この情報は不動産屋をまわっても手に入りません。

希望している立地で、希望のハウスメーカーが分譲販売していれば土地探しの苦労はないんですけどね。

 

地元の建築会社も同じようなもの?

あと地元の建築会社でも「土地情報」など店前で掲示しているので、不動産会社と一緒と思って土地探しに訪れる方がみえます。

しかし、ここもあくまで建築会社です。

ハウスメーカーのような大規模な分譲地では無く「100坪程度の土地を分筆して建築条件付きで販売する」ことが多いです。

ただし、立地が重要で家自体はどこで建てても良いのであれば「地元の建築会社で土地探しはアリ」とも言えます。

ハウスメーカーも同様ですが「広い土地を造成する」ことで、新しく家を建てるのに適した土地を造れるのは強みですからね。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

私は不動産業界で働く前は「土地なんて探せば見つかるもの」と軽く考えていましたが、実際に探し出すとコレがなかなか見つからない。

でも、だからこそ土地の探し方はコツを押さえる必要があるんですね。

そのポイントを簡単にまとめておきますと、

  • ネットで探す際はポータルサイトに掲載されない「保留地など」もチェック!
  • 不動産屋は土地情報だけではなく「信頼できる会社」を探すつもりで!
  • 空き地の地主さんと交渉する価値はある!但し交渉は不動産屋に任せる!
  • ハウスメーカーは分譲地の情報であれば強い!

 

土地探しで疲れている方は「ポータルサイトを順番に回っているだけ」ということが多く、それだと時間をかけても同じ情報しか見つからないので疲れてしまうのは当然です。

土地の探し方や業者の特徴を押さえて「幅広く情報収集する」のがポイントですよ。

以上「土地の探し方にはコツがある!早く見つけるためにも全部やるべきだよ」でした。

 



【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!


運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`Sで、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。





おすすめの記事 と スポンサーリンク

-購入・売却

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2019 All Rights Reserved.