家探し・土地探し

新築のご近所挨拶はいつやるの?知っておきたい4回のタイミング

更新日:

「念願の新築のマイホームを購入したぞ!」

そんな人生の一大イベントでは、きっと入居の前からワクワクしているのではないでしょうか?

しかし、新しい家に住む前というのは「やらなければいけない事」もたくさんあります。

その中の1つが「ご近所へのご挨拶」です。

最近ではご近所への挨拶を行わない方も結構みえます。

なんとなく挨拶に行くのプレッシャーを感じるので、気持ちが分からないことはありません。

ですが「これから先」のことを考えれば、ほんの少し頑張って挨拶に出向いた方が私は断然良いと思います。

しかし、ここで考えるのは「挨拶のタイミング」ですよね。

新築の工事が始まる前なのか?

そもそも完成している建売やマンションの場合では入居前だけで良いのでしょうか?

今回は「新築のご近所挨拶について」解説していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

新築のご近所挨拶のタイミングは最大で4回ある!

まず「これから新しい家の建設を始める」というケースで考えると、ご近所への挨拶のタイミングは4回あります。

それは「着工前」「地鎮祭」「上棟式」「入居前」です。

それぞれのタイミングについて見ていきましょう。

 

着工前のご近所への挨拶

家を建てる前に土地を造成したり「新築を建てるにあたり何かしらの工事」を始める前には、着工前のご近所への挨拶は行いたいところです。

これはすでに土地は持っていて「現在の家を解体」したりすることも含まれます。

つまり、ご近所の方には「工事車両が道路に止まったり、工事の音やホコリなどで必ず何かしらの迷惑を掛ける」という前には、ご近所への挨拶は一度は済ませておきたいところです。

とはいえ、これは新しい土地に引っ越すという方の場合は関係ありませんけどね。

 

地鎮祭のご近所への挨拶

はじめに地鎮祭とは「これから家を建てるにあたり土地の神に工事の無事を祈願する祭事」です。

注文住宅で家を建てるのであれば「地鎮祭=工事開始前」で、一度挨拶にお伺いしたいところです。

しかし、ハウスメーカーによっては「着工の挨拶回りは当社で済ませます」というように言われることもあるので、その場合は任せてしまっても問題ありません。

これは引き渡しまでに何かしら苦情が出た場合に「施主に直接クレームが届かないように」という理由もあります。

家の引き渡しまではハウスメーカーの管理ということで窓口を1つにしたいわけですね。

 

上棟式のご近所への挨拶

上棟式とは棟上げむねあげ)」「建前(たてまえ)」なども呼ばれ、柱や屋根の骨組みを組み上げた時に行われます。

以前は上棟式で「餅まき」や「お菓子を投げる」こともありましたが、ただ最近ではやらないことが多いです。

この場合のご近所への挨拶は「上棟式を行うので来てください」というものになります。

また上棟式でも施主として挨拶は行うことになります。

そこでは、

  • ここまで無事に工事が進んだ感謝の言葉
  • 今後も安全第一で工事を進めて貰いたいという言葉

などを伝えればOKです。

ただ餅まきなどを行わないのであれば、後述しますが他の挨拶のタイミング同様に粗品を持って伺っても大丈夫です。

 

入居前のご近所への挨拶

「建売」や「マンション」など建築済みの家では、ご近所へ挨拶するタイミングは入居前しかありません。

これから同じ地域で住むわけですから出来れば挨拶はした方が良いと思いますが、最近はもう一切ご近所への挨拶をしない方も増えてきましたね。

ですが、私は「やった方が良いの?」と聞かれたら、ご近所挨拶は行うことをお勧めします。

やはり挨拶があるのと無いのとでは印象が違います。

私がご近所の自治会長さんの家に引っ越しで挨拶に伺った時には、同じくらいに入居したお宅について「あそこの人は挨拶にも来ない」と言っていました。(ウチにも挨拶にきていないですが)

これからずっと印象が悪いままというのもなんだか嫌なので「とりあえずやっておく」方が良さそうです。

 

スポンサードリンク

 

挨拶に持っていく品物や金額は?

こういった新築のタイミングで行うご近所挨拶ですが、挨拶に伺う時は何かしらの粗品を持っていきます。

持っていく品物については

  • タオル
  • 洗剤
  • お菓子

などが一般的です。

消費期限のないものが一般的ですね。

また、金額は「1,000円以内」でOKです。

あまり高価なものである必要はありません。

 

熨斗(のし)の表書きについて

手土産に持っていく粗品には「のし」を付けます。

のしの表書き

  • 着工前、地鎮祭・入居前…ご挨拶・粗品
  • 上棟式…上棟式記念

ちなみに表書きでよく使う「ご挨拶」と「粗品」も使い分けがあります。

新しい土地に引っ越す場合は「ご挨拶」で、すでに住んでいるのであれば「粗品」となります。

ですから、地鎮祭で挨拶を済ませて再度入居前にも挨拶に伺う場合は「地鎮祭をご挨拶」にして「入居前は粗品」が良いでしょう。

 

ご近所への挨拶はどこまで行けばいいの?

ご近所への挨拶はどのお宅まで行えば良いかというと、一般的には「向こう3軒・裏3件・両隣」と言われています。

ようするに隣接する家は全部ですね。

しかし、そこ以外にも挨拶に言った方が良いのは自治会長さんや班長さん。

そこで地区の色々なルールを聞くことが出来ますよ。

 

自治会には参加しないといけないの?

ゴミ出しとか草刈りとか何かしらの活動があって「自治会は面倒くさい」という方も多いでしょう。

正直、現在自治会に参加している方も「やりたい!」という方はゼロに近いと思います。(そこは皆さん大人として参加しているわけですね)

ですが、そんな自治会もデメリットばかりではありません。

災害など何かあった場合には自治会で備蓄している物資などの配布もあります。(国などが支援してくれる物資とは別)

「え?そんな緊急時に物資とか配布されないの」というと分かりません。

でも普段は面倒だとか会費は払いたくないと言っているのに、困った時だけ助けてもらうのは都合の良い人だとは思われそうですよね。

 

ご近所への挨拶を行わないとトラブルになることも!?

私たち業者はとくに気にするのですが「挨拶は本当に大事」だと思います。

というのも、挨拶が無かったら文句を言う人は結構いますからね。

そして文句を言う人は「挨拶が遅い」ことに対しても腹を立てます。

挨拶が無い時間で勝手にイライラを募らせていくのでしょう。

それが原因で嫌がらせと思えるようなことをする方もみえますから注意が必要です。

こういった人ばかりではありませんが「出来るだけ早い段階で挨拶を済ませておく」だけで防げるトラブルですから、挨拶は大事だなと実感しています。

 

スポンサードリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は「新築のご近所挨拶のタイミング」について解説していきました。

タイミングとしては「着工前・地鎮祭・上棟式・入居前」の4回があり、これも注文住宅と建売では出来る挨拶のタイミングは異なりますが、基本的には「早く挨拶に行く」ことが肝心です。

挨拶に行くのも緊張するかもしれませんが、ちょっとした粗品と「これからお世話になります」という気持ちがあれば大丈夫。

せっかくの新しいマイホームでの生活を気持ちよく過ごすためにも、ご近所への挨拶はしっかりと済ませておきましょう。

以上「新築のご近所挨拶はいつやるの?知っておきたい4回のタイミング」でした。

 

 
 

【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!


運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`S で、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。


 

-家探し・土地探し

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2018 All Rights Reserved.