部屋探し・家探し・暮らしに関することを紹介してます!

暮らし応援ブログ『家ェエイ』

賃貸・部屋探し

賃貸のエアコンが故障した!トラブルにならない正しい対処の方法とは

更新日:

こんにちは、不動です。

最近の賃貸は「エアコン完備」という物件が多く、むしろ地域によってはエアコン無しでは借り手がつかないとまで言われています。

もし私が部屋を借りるとしても「エアコンを買うと退去する際も取外しや移設の費用も必要」なので、エアコンは完備されている物件を選びたいです。

それに部屋を借りる時というのは「契約に必要な初期費用・引っ越し代・家具家電」など、まとまったお金が必要なので、エアコンが部屋に初めから備え付けられていると入居者さんも色々と助かります。

しかし、エアコンが付いていたら気になることもあるわけで、

  • エアコンが故障したらどうすれば良いのか?
  • エアコン修理の費用は誰が負担するものなのか?
  • エアコンを買い換えたと思ったら買い替えてもいいのか?

こういった場合は入居者さんはどのような対応を取るべきなのでしょうか。

備え付けの設備についてはデリケートな問題ですから、今まさに賃貸物件の備え付けのエアコンで困っている方は「この記事を先に読んで」行動を起こして頂きたいと思います。

というわけで、今回は「賃貸のエアコンが故障したらどうするのか?」について解説していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

賃貸のエアコンが故障した!はじめに行うべきことは

賃貸物件に初めから備え付けられているエアコンが故障したら、まずは「管理会社に連絡する」ようにしましょう。

ここで注意したいのは「絶対に自己判断で何かしない」ということです。

というのも、部屋に備え付けられているエアコンを含む設備というのは「すべて大家さんから借りているもの」になります。

良かれと思ってエアコンを自分で修理したとしても「他人の物を勝手に修理する」となるとトラブルの原因になります。

そのため、まず初めは「管理会社に連絡する」ことが大前提です。

 

エアコンの修理費は誰が負担するの?

備え付けのエアコンが故障したら修理費は一体誰が支払うのでしょうか?

所有者である大家さんなのか? 利用している入居者なのか?

こちらについては「通常使用で故障したのであれば大家さん」が修理費や買い替えの費用を負担します。

しかし、例外として入居者さんが負担しなければいけないケースもあるので以下でみていきましょう。

 

契約書に特約が記載されている!?

契約時に特約で「エアコンが故障した場合の修理費は借主(入居者)が負担する」というような記載があれば、その特約の内容が優先されます。

これは備え付けのエアコンが「前入居者の残置物」だったりすると考えられるケースです。

前の入居者が「エアコン使ってもらっていいので置いて行っていいですか?」と言って、大家さんが許可すればこういったケースもあるのですが、この場合は「そもそもエアコン完備の部屋ではない」ので特約で「大家としては責任負いませんよ」となるのですね。

こういった特約は、賃貸契約の際に「重要な事項」として説明されるので不明点はきちんと確認するようにしましょう。

 

故意に壊した場合は入居者負担になる!?

入居者が故意に壊したのであれば当然修理費は自己負担です。

しかし、これも「故意」というのが場合によっては難しく、入居者さんとしては普通に使用していたつもりでも「日常の手入れがされていないことで故障した」と言われてトラブルに発展することもあります。

というのも、入居者には「善管注意義務」があります。

これを簡単に解説すると「借りているもの(エアコン)だから掃除や最低限のメンテナンスはしてくださいね」というもので、例えばエアコンが思いのほか早く故障した場合に「日常的な手入れが不適切だ」とされる場合があります。

 

とくに「エアコンの効きが悪い」などでトラブルになることが多く、その場合は「経年劣化により大家さんの費用負担か?善管注意義務違反により入居者さんの費用負担か?」話し合いが分かれるです。

そんなトラブルにならないためにも、入居者さんとしては洗浄スプレーなどエアコンを使用する上での最低限のお手入れは行いたいところですね。

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

 

エアコンを自己負担で修理!あとで大家さんに費用を請求できるの?

たまに「部屋のエアコンが壊れたから」と管理会社にも大家さんにも連絡せずに修理する方がみえます。

その場合の修理費用ですが、これは必ずしも大家さんが支払ってくれるとは限らないので注意が必要です。

まず大家さんとしては「本当に修理が必要だったのか?」確認することも出来ずに請求書だけ渡されても応じれないのは当然ですし、また大家さんや管理会社には付き合いのある業者もあるものです。

また、事前連絡もなく自己判断で修理した場合は、最悪「元に戻せ(原状回復しろ)」と大家さんに言われる可能性もあります。

人の良い大家さんであれば修理費を支払ってくれるかもしれませんが、どちらにしても自己判断で修理したりせずに、まずは管理会社に連絡するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

備え付けのエアコンが古い!買い換えたい場合はどうする?

ここまでエアコンが壊れた場合の話をしてきましたが、場合によっては備え付けのエアコンが古くて買い換えたい場合もあると思います。

あまりにも古いと音もうるさいですし、また電気代も無駄に掛かりそうですからね、

では、エアコンを買い替える場合は「大家 or 入居者」のどちらの負担かというと基本的には大家さんの負担になります。

しかし、これも当然無条件に「買い換えて欲しい」という意見が通るものではなく、あくまで話し合いの上で決定です。

とくにエアコンの使用年数は判断材料で重要で、一般的にエアコンの買い換えまでの平均寿命は13年と言われています。

 

(画像をクリックするとアマゾンに移動します)

それよりも新しいエアコンだと大家さんも了解してもらえない可能性もありますが、仮に「自分でエアコンを購入して、そのまま部屋に置いていく」というような話であれば買い換えること自体はOKが出ると思います。

 


 

別の記事になりますが、あまりにも古いエアコンで高い電気代を支払うのなら「新しいエアコンを購入した方が得になる」ケースも考えられます。

電気代についても考えていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

賃貸に備え付けのエアコンが古い!勝手に交換してもいいの?

エアコン付き賃貸を借りる際の注意点

あと、これは賃貸営業マンとしてのアドバイスです。

皆さん内見の際にあまり気にされませんが、エアコン付きの賃貸物件を借りる際は「きちんとエアコンを確認」しましょう。

大家さんも性格や人柄が色々で、なかには「とりあえずエアコンが付いていればいいや」という方も少なからずみえます。

そのため、

  • 部屋の大きさと全然合っていない
  • 年数がかなり古い

ということもあり、また入居後にクレームを入れても対応してくれない可能性も出てきます。(故障しているわけではなく動くのであれば)

 

しかし、入居前にエアコンをチェックして「古いから買い換えて欲しい」ということを契約の条件にすれば、意外とエアコンの買い替えの話もスムーズに進むことが多くあります。

ですから「エアコンが付いているな」ではなく、きちんと契約前にエアコン本体を確認(ステッカーが貼ってあるのでスペックがわかる)するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は「賃貸の備え付けのエアコン」について解説してきました。

とにかく賃貸の大前提は「なにかあったら管理会社に連絡する」ことです。

その上で故障した時の話をまとめると、エアコンが壊れたら「基本的には大家さんの負担」で修理してくれますが、日常の使用方法に問題があるような場合は入居者さんの負担になる場合も出てきます。

ですから、どうせ備え付けのエアコンだからと乱暴に利用したりすることは厳禁です。

また「古いから買い換えて欲しい」というのは、入居前が交渉のチャンス!

やはり「エアコンを変えてくれたら入居します」というのは、交渉の強力な武器になりますから内見の際は必ず備え付けの設備自体をよく確認することをお勧めします。

以上「賃貸のエアコンが故障した!トラブルにならない正しい対処の方法とは」でした。

 

 
 

【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!


運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`Sで、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。


 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-賃貸・部屋探し

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2018 All Rights Reserved.