占い

辰年(たつどし)の性格!辰年の女は気が強いというけど本当なの?

辰年(たつどし))は十二支のお話では五番目にゴールした動物です。

十二支では唯一実在しない空想上の生き物になります。

西洋では騎士が倒すモンスターのように描かれますが、私たちのイメージとしては人が望む物を与えてくれるけど怒らせると怖い全知全能の存在です。

不動
そんな龍を象徴する辰年に生まれた子供は、中国では「才能に恵まれている」と考えられているんですね。

とくに辰年生まれの女性は「仕事で頭角を現し大富豪になる」と言われますが「辰年生まれの女は気が強い」とも言われます。

結構いろいろなことを言われる辰年ですが、全般的にはどのような性格なのでしょうか?

 

 

辰年(たつどし)の性格!やっぱり女性は気が強いの?

辰年生まれの人は、性格的に

  • 平凡なことが嫌い
  • 変わったものや超常的なことが好き
  • お金は入ってくるけど使ってしまう

という特徴があります。

また、女性が家庭に入っても慌ただしく過ごすことが多く、何でも急いで決断するので傍目には気が強そうにみえるかも知れません。

しかし、辰年生まれの女性は愛情あふれる家庭を築きます。

おやつ
あと辰年は独創的なファッションを好むので風変わりに見えるのも影響しているのかもしれません。

 

辰年生まれはギャンブルで身を滅ぼす!?

中国の龍は真珠や金貨を持ち富の象徴のような存在です。

しかし、辰年生まれは入ってきたお金は使ってしまう傾向があり、また派手なことが好きな性格なのでギャンブルや投機に目がありません。

何度か美味しい思いをすると、その高揚感が忘れられずにどんどんのめり込んでしまいます。

あすか
その派手な性格から舞台や演劇などスポットライトを浴びるような仕事は向いており、また直感力を働かせてトレンドに乗ることも得意とします。

 

 

辰年(たつどし)と相性の良い十二支は?

辰年と相性の良い十二支は「子年(ねずみどし)」と「申年(さるどし)」になります。

他の十二支との相性もお伝えしていきますが、とくに相性の良い子年と申年から相性を見て行きましょう。

 

辰年と子年(ねずみどし)の相性について

辰年生まれの人は、子年と出会うことで人生がパッと明るくなります。

派手で新しいものが好きな辰年の考えを、子年生まれの人は共感してくれるだけではなく、上手く導いてくれる存在です。

この関係はビジネスでも恋愛でも成功することでしょう。

不動
辰年の親から生まれた子年の子供は、勤勉ですばらしい成績を残します。

 

辰年と申年(さるどし)の相性について

申年も辰年生まれの人にとって最良のパートナーと言えます。

申年生まれは辰年の人のプランを実現するために、必要な専門知識や技術を与えてくれる存在です。

アイデアを出すのが辰年で、実行するのが申年という関係が上手く行きます。

とくにビジネスにおいて辰年と申年の相性は抜群です。

おやつ
辰年の親から生まれた申年生まれの子供も、子年と同様に勤勉に育ちます。

 

辰年と丑年(うしどし)との相性

丑年生まれの人が辰年を見ると「何をやっているのか分からない」となります。

これがビジネスであれば納得はいかなくても丑年の人は渋々付き合いますが、その姿を辰年はやる気が無いと感じてしまいます。

相性的には協力し合える関係とは言えないでしょう。

また、辰年生まれの親は丑年の我が子を頑固者だと考えます。

 

辰年と寅年(とらどし)との相性

龍虎と言えばライバル関係を表しますが、こと十二支については切磋琢磨な組み合わせです。

育った環境は異なりますが、だからこそお互いに認め合うこと出来るのも特徴です。

この2人が手を組むと成功の階段を一気に駆け上ります。

思いのほか相性が良く、刺激的な毎日を過ごすことが出来るでしょう。

ひな
親子関係になったとしても、寅年の子供は意志が強く育ちます。

 

辰年と卯年(うさぎどし)との相性

辰年の人にとって気を付けたいのが卯年生まれの人です。

中国には「龍の幸せは兎が現れると消えてしまう」という諺がありますが、辰年からすると卯年は困難を持ち込んできてしまいます。

それでも何とかしたいと頑張っても残念ながら、頑張りに見合う報酬を手に入れることは難しいでしょう。

それなのに辰年の親は卯年の子供を甘やかせて育てます。

 

辰年と辰年(たつどし)との相性

辰年同士は似たもの同士なのですが、相性としては良くありません。

というのは、辰年はお互いに独立心旺盛で、似ているからこそ衝突してしまうことがあるからです。

もし相手の方が人気があったり、周りから認められる存在だと、憤りを感じてしまいます。

あすか
ただ、辰年の親子であれば快活な我が子を「自慢の子供」と感じるでしょう。

 

辰年と巳年(へびどし)との相性

辰年と巳年の相性は良いので、二人が同じ興味を持って進めば強力な関係を築けそうです

巳年は深く物事を考え、辰年は直感で決断をする。

そんなアプローチがことなる辰年と巳年ですが、だからこそ良いのです。

巳年の子供は、辰年の親から手厚い援助を受けて育ちます。

 

辰年と午年(うまどし)との相性

辰年と午年は友情関係を築くことが出来ます。

仕事面では、午年にとって辰年の考え方や行動は新鮮に映ります。

友情と仕事においては組み合わせは上手く行くでしょう。

不動
恋愛では辰年が午年に興味を惹かれることが多いのですが、だからといって積極的なアプローチには至りません。

 

辰年と未年(ひつじどし)との相性

辰年は未年生まれの人に興味を抱きます。

ですが、時間が経つにつれて興味が薄れてしまう傾向があります。

2人の関係を長続きさせたいなら、辰年はあまり期待を抱かずに、未年は言いたいことをハッキリ伝えるようにしましょう。

辰年は未年の子供を慎重に育てるように心掛けてください。

 

辰年と酉年(とりどし)との相性

辰年は、酉年の型にはまらない人生観に注目して「考え方や意見を共有したい」と考えます。

辰年も自由奔放なので、酉年も共通点が目に付くのですが、二人が協力関係を築いても強いものにはならないでしょう。

お互いに尊敬し合えるのですが、それぞれの道を進んだ方が上手く行きます。

ひな
辰年から生まれた酉年の子供は大器晩成になります。

 

辰年と戌年(いぬどし)との相性

戌年はホロスコープだと辰年の正反対に位置します。

神秘的なものが好きで浮ついたところのある辰年に対して、戌年は現実的で地に足がついた性格です。

それぞれが足りないものを持っている存在なのですが、お互いに自分を変えようとしないので相性としては良くはありません。

ただ、自分に足りないものを持った存在なので、よく参考にすべきでしょう。

 

辰年と亥年(いのししどし)との相性

辰年と亥年のペアは微妙な組み合わせです。

家庭を大事にする亥年は、辰年の予測不能な考え方や行動についていけないことが出て来ます。

また、辰年は家庭を大事にする亥年を「自分の人生を縛りつける存在」のように感じてしまいます。

あすか
そのため辰年と亥年の組み合わせは、最悪ではありませんが良くもないのです。

 

 

おわりに

今回は辰年(たつどし)の性格や他の十二支との相性についてお伝えして来ました。

辰年は、神秘的なものが好きで、変化や勢いのあるものを好みます。

そんな辰年と相性が良いと言われる十二支は、

  • 子年(ねずみどし)
  • 申年(さるどし)

です。

相性の良い十二支生まれの人との出会いを大切にして、人生をより良いものにしていきましょう。

また辰年の次の巳年については、こちらの記事で詳しく解説しています。

巳年はお金に困らない?巳年の性格や他の干支との相性も詳しく解説!

巳年(へびどし))は十二支のお話では六番目にゴールした動物です。 優雅で官能的なヘビは「魔術と神秘の象徴」であり、スピリチュアルの意味を持ちます。 そのため巳年生まれの人は、スピリチュアルな存在(霊や ...

続きを見る

以上「辰年(たつどし)の性格!辰年の女は気が強いというけど本当なの?」でした。


【 PR 】

スマホで人気占い師に直接占って貰えます♪

「電話占いは占い師の姿が見えないので本当に占ってくれているか分からない!」

そんなモヤモヤした気持ちがあるかもしれませんが、スマホで先生を見ながら占って貰える「紫月香帆オンライン占い」なら、そんな心配もありません。(ご自身の姿を見せたくない場合は、映像をオフにすることも可能です)

紫月香帆先生は「TOKIOカケル」や「ヒルナンデス」といった人気番組にも出演された人気占い師です。

人原関係や男女の悩み、仕事や方位のことなど心に引っ掛かることを相談されてみては如何でしょうか?




おすすめの記事 と スポンサーリンク

-占い

© 2023 イエエエイ!!!