暮らし

葵を名前にするのは良くない?その理由と真相について解説するよ!

たまひよの「赤ちゃんの名前ランキング2022」によると、男女共通の読みランキングで1位なのが「あおい」です。

ジェンダーレスな男女共通読みで感じで「葵・蒼・碧」が人気のようです。

不動
「葵」と言えば徳川家の家紋として使われていますよね。

でも、そんな「葵」が名前にすると良くないという噂もあります。

赤ちゃんの名前ランキングでも毎年上位にランクインするのに、本当に良くないのでしょうか?

というわけで、今回は「葵」を名前にすると良くないと言われる理由と真相についてお伝えしていきます。

 

 

「葵」を名前にすると良くない理由とは?

葵を名前にすると良くないと言われる理由には「花言葉」が関係します。

葵は「あおい科の植物の総称」でモミジアオイ・タチアオイなどがあります。

また、あおい科ではありませんが、午時葵(ゴジアオイ)も葵の漢字が入っています。

あすか
葵を名前にすると良くないと言われるのは、このゴジアオイの花言葉にあります。

 

午時葵(ゴジアオイ)の花言葉が良くない!?

ゴジアオイは、あまり日本では目にすることがありませんが、南ヨーロッパでは一般的な花です。

午時とは「午の刻」を表し、正午前後の数時間だけ開く極めて短命という特徴を持ちます。

そんなゴジアオイの花言葉は「私は明日死ぬだろう」ですから、これから健やかに育って欲しい赤ん坊に付けるには引っ掛かる花言葉ですよね。

 

ゴジアオイは自らを発火させる危険な花?

またゴジアオイは周囲の温度が35℃を超えると、茎から揮発性の油を出して発火しやすい環境になります。

そのため太陽の熱や摩擦によってゴジアオイが着火し、また周辺の植物も焼いてしまうのです。

では、なぜゴジアオイはそのような行動を取るのかという話ですが、ゴジアオイは揮発性の高い油を発する前に、耐火性の高い種を撒きます。

そして、周りの植物を燃やして種が育つための栄養分にしていると言われています。

不動
そう考えると、なかなか恐ろしいだと思いませんか?

 

立葵(タチアオイ)の花言葉も子供の名前には向いていない?

タチアオイは、アオイ科タチオアイ属に分類され、一年草、二年草、多年草と品種があり、また種類も約60種類ほどあります。

タチオアイは真っ直ぐに1.5~2mほど伸びるのですが、その姿を表して和名の「立葵」が付けられました。

このタチオアイの花言葉ですが、こちらは「野心」です。

ひな
野心を抱くことが悪いかは置いといて、やはり下克上のように身分不相応の望みを抱くイメージがあるため、子供の名前としては微妙なところがあります。

 

葵の花言葉は全て良くないのか?

葵の名前が良くないと言われる所以は「花言葉」ですが、なにも葵はタチアオイだけではありません。

葵は他にも「紅葉葵(モミジアオイ)」「ウスベニアオイ(薄紅葵)」など種類がたくさんあります。

ちなみに、モミジアオイの花言葉は「温和」「穏やかさ」。

またウスベニアオイは炎症を抑える薬効が古くから知られていることから「穏やか」「柔和な心」という花言葉があります。

おやつ
そう考えると葵の花言葉も穏やかな性格の子供に育ちそうで悪くありませんよね。

 

 

葵の漢字は可愛いから人気がある!

葵は「あおい」という読み方も可愛いですが、「葵」という漢字も花をイメージして可愛らしいですよね。

とくに「向日葵(ひまわり)」にも葵は使われていますから、太陽にまっすぐ伸びる明るい印象が強いです。

そのため、葵を使った名前は人気があります。

 

葵を使った女の子の名前

  • 陽葵(ひまり)
  • 美葵(ひまり・みき)
  • 日葵(ひなた)
  • 優葵(うた)
  • 紗葵(さき)
  • 向日葵(ひまわり)
  • 紬葵(つむぎ))
  • 夏葵(なつき)
  • 美葵(みき)
  • 葵心(あこ)
あすか
ちなみに、たまひよ「赤ちゃんの名前ランキング」では、女の子の名前第1位が「陽葵(ひまり)」です。

 

葵を使った男の子の名前

  • 陽葵(はるき・ひなた)
  • 雅葵(まさき)
  • 葵翔(あおと)
  • 瑞葵(みずき)
  • 春葵(はるき)
  • 葵斗(あおと)
  • 葵音(あおと)
  • 葵葉(あおば)
  • 琉葵(るい)
  • 和葵(かずき)
ひな
「陽葵」は「はるき・ひなた」とも読めるので、男の子の名前でも使えますね!

 

葵を名前に入れて後悔しないために

あくまで個人的な感想ですが、葵の一文字が入っている女の子と男の子の名前を見て思ったことに「読めない」ということがありました。

読み仮名を入れているので「陽葵」が「ひまり」や「ひなた」と分かるのですが、読み仮名がないと「ようき」しかパッと出て来ません。

人気の葵ですが、あまり個性的な読み方にして後悔しないようにしたいですね。

 

 

おわりに

今回は赤ちゃんの名前で毎年上位にランクインする「葵」について解説してきました。

ネットで検索すると「葵は名前に良くない」と出て来ますが、基本的には

  • 午時葵(ゴジアオイ)
  • 立葵(タチアオイ)

の花言葉から来ています。

確かにゴジアオイの「私は明日死ぬだろう」という花言葉は名前の意味として合わないと思いますが、なんだったらゴジアオイはアオイ科でもありませんから気にしすぎかと思います。

おやつ
むしろアオイ科の「紅葉葵(モミジアオイ)」「ウスベニアオイ(薄紅葵)」の花言葉は「温和」「穏やか」「柔和な心」といった優しいイメージですから名前の意味としても良いのではないでしょうか?

赤ちゃんの名前に悩んでいる方は「葵」も検討しても良いかもしれませんね。

以上「葵を名前にするのは良くない?その理由と真相について解説するよ!」でした。

 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-暮らし

© 2023 イエエエイ!!!