賃貸・部屋探し

入社・入学で3月の繁忙期に部屋探し!失敗しない部屋探しのコツは?

投稿日:2016年1月13日 更新日:

賃貸で3月というと1年で最も忙しくなる繁忙期となります。

新入生の入学に新卒の入社、また転勤の時期も重なるのが3月です。

「不動産屋に行って部屋をじっくり見て決めたい」なんて思っていると、その間に他の人に部屋を決められてしまうことも多々あります。

新入生・新卒・転勤の方は、のんびり構えて部屋探しは禁物ですよ。

ということで、3月の繁忙期に部屋を探さなければいけない方に、賃貸営業マンが失敗しない部屋探しの方法をお伝えします。

 

スポンサードリンク

 

まずは「引っ越し業者」に電話しよう!

3月は部屋を探すのも繁忙期ですが、引っ越し業者も繁忙期になります。

「部屋を決めてから、引っ越し業者に電話して」と考えていると、引っ越し業者のスケジュールが埋まってしまいます。

ですから、部屋探しの前に、引っ越しの日程を考え、先に引っ越し業者のスケジュールを抑えてしまいましょう。

賃貸の営業をしている時に、「部屋は決まったけど引っ越しどうしよう…」という人も何人もいましたので、これは結構大事なポイントだと思います。

 

3月が繁忙期だといって、12月から物件探しを始めても無駄

3月が繁忙期だからと心配して12月から探し始める人もいますが、これは無駄です。

賃貸で部屋を借りる際は、基本的に「契約してから1ヶ月以内に入居する」のが一般的です。

どんなに早くても年明けの1月からで十分だと思います。

 

1月になると「退去連絡が入る時期」になります。

3月は転勤や学生の方が退去する時期でもあり、また退去は最低でも1ヶ月前には連絡しないといけないので、少し早目で1月くらいから退去する方は連絡を入れます。

そして、退去連絡が入ると、大家さんや管理会社は、早く入居者を募集したいので不動産屋に情報を送ります。

3月退去ですから、部屋の中は見れないですけど、情報や写真は見れます。

 

スポンサードリンク

 

3月の繁忙期で部屋探しをする心構え

3月の繁忙期は「部屋をゆっくり見て決めたい」なんて思っていると、部屋を見に行っている間に他で決められることも多々あります。

まず部屋を見に行く前に、不動産屋の営業マンに「管理会社に案内止め出来るか確認」してもらいましょう。

3月だと案内止めも断られることの方が多いと思いますが、(逆にそれだけ探している人が多い)案内止めしてもらえれば、ゆっくり部屋も見れます。

また、どうしても部屋を見てからじゃないと決められないという人は、まだ混みあわない1月くらいから探すしかないでしょう。

部屋が決まらないというような最悪の事態だけは避けたいという人は、1月に写真と外観を見に行って決めてしまう心構えは持っていた方が間違いはないですね。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

3月の繁忙期で、部屋を探す場合、

  • 引っ越し業者も繁忙期なので、先にスケジュールを抑える
  • 部屋探しは、退去連絡が入り出す1月から
  • 3月は部屋を見に行く時に「案内止め」をお願いする

この3点は大きなポイントになります。

 

逆に言うと、

  • 部屋が決まっても引っ越し業者が決まらない
  • 部屋探しはいつから探せばよいのかわからない
  • 部屋を見に行っている間に、他の人に決められる

というような失敗が3月の繁忙期は多いという事です。

この点を気を付けて、新入学、入社、転勤で3月に引っ越しを考えてみては如何でしょうか。

 

 

【 おすすめ記事 】

-賃貸・部屋探し
-, ,

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2017 AllRights Reserved.