暮らし

ドラム式洗濯機は二度と買わない!縦型と両方使った感想がこちらです

皆さんの洗濯機は「ドラム式」と「縦型」のどちらでしょうか?

私の家は縦型からドラム式を使っていて、そろそろ買換えの時期と思っていたのですが、今度は縦型の洗濯機を買いました。

おやつ
ドラム式を縦型の両方を使った上での決断です。

たぶん、これから先もドラム式洗濯機は二度と買わないと思います。

あくまで個人的な感想にはなりますが、今回はドラム式洗濯機を二度と買わないと決めた理由についてお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

なぜドラム式洗濯機を二度と買わないと決めたのか?

ドラム式洗濯機は、

  • 少ない水で洗える(水道代の節約)
  • 乾燥機能が充実している
  • 見た目がかっこ良くて憧れていた

という点を魅力に感じて購入しましたが、いざ使ってみると色々な問題が出て来ました。

確かにドラム式洗濯機にもメリットはあるのですが、以下のような問題が「ドラム式洗濯機は二台目はいいや」と感じさせたんですね。

 

故障することが多いうえに修理費が高い!

ウチのドラム式洗濯機は何度か修理をしながら使っていました。

ちょいちょい壊れるのは「構造上ほこりが溜まりやすい」などの理由もあるようですが、電化製品などの出張修理って凄く高くないですか?

部品代が数千円でも技術料と出張費で3万円とか、普通に財布に響きます。

色々な機能が付いて便利になるのは良いですが、その分壊れると修理費が掛かるのは車でも何でもそうだなーと思います。

田中
ちなみに、たまたまウチのドラム式洗濯機が故障頻度が多いのかというと、そうでも無いようです。

 

 

乾燥機のフィルター掃除が面倒!?

故障する箇所は様々ですが、とくに注意したいのはフィルター掃除でしょう。

ドラム式洗濯機には、2つのフィルターがあります。

  • 排水フィルター
  • 乾燥フィルター

これは洗濯物に付いているホコリや髪の毛を取るためなので仕方がないかもしれませんが、なにせ乾燥フィルターには溜まります。

そのため乾燥する度にフィルター掃除をしないと故障の原因になります。

正直かなり面倒な作業です。

 

黒ずみや嫌な臭いが移ることがある!?

ドラム式洗濯機は、少量の水で洗濯が出来るというメリットがあります。

ですが、少量の水で洗うために白い衣類が色移りして黒ずむことがあります。(というか、します。)

では、黒ずみ対策としてどうするかというと

  • 色落ちしそう新しい衣類は分けて笑う
  • 汚れのひどい衣類と分けて洗う

ということをしなければいけません。

マイケル
洗剤や柔軟剤の量によっても、黒ずみや黄ばみが発生する可能性があるので調整が必要です。

また、まとめ洗いすると臭いが移ることもあるようです。

 

洗濯物がゴワゴワする!?

ドラム式洗濯機は「たたき洗い」が基本です。

そのため毛足が寝てしまい、乾燥機をかけずに外干しするとタオルや衣類がゴワゴワになります。

参考元パナソニック

では、ゴワゴワを解決するためにはどうするかというと

  • 乾燥機にかける
  • 水量を多くして洗う
  • 干す前にパンパンして空気を入れる

などがあります。

干す場合は上下にパンパン振って寝ている毛足を立たせるとゴワゴワが解消されます。

あすか
結局、乾燥機をかけるのが一番ですが、電気代の節約を考えると外干しもしたいんですよね。

 

腰を曲げて洗濯物を取るのが億劫!?

これは意見が分かれるかも知れませんが、私は腰を曲げて洗濯物を取るのが辛かったです。

また、ドラム式洗濯機は入口の隙間に靴下など小さい洗濯物が落ちてしまうことがあります。

こういうのを見かけるて腰をかがめる度にちょっとイラッとしたりしましたね。

あと、小さい子供のいる家庭だと横に扉が付いていることで勝手に開けないか心配という声は多いようですね。

 

ドラム式洗濯機は重いし場所をとる!?

個人的に気になるのはドラム式洗濯機の重量です。

縦型洗濯機も軽いわけではありませんが、家族向けのドラム式洗濯機の平均的な重量は約80kg。

個人的に家にあまり重いものを置いておきたくないので、この点は正直ずっと気になっていました。

不動
また、賃貸生活だと場所をとるため洗濯パンに置けないことも多々あります。


今までドラム式洗濯機を使ってきて、上記のようなことは正直デメリットに感じました。

また、これらがたまたまであれば良かったのですが、WEBで調べてみると同じような悩みを持っている方は結構多いようです。

そんなことで縦型洗濯機を家電売り場で見ていて「縦型洗濯機の方が良くない?」と思い、今回は縦型洗濯機を購入しました。

 

スポンサーリンク

 

新しく縦型洗濯機を選んだ理由には何がある?

ドラム式洗濯機から買換えるにあたり、縦型洗濯機を選んだ理由は何なのか?

ここでは縦型洗濯機に感じた魅力をお伝えしていきます。

 

縦型洗濯機の方がコストパフォーマンスが高い!?

まずドラム式洗濯機は本体価格が高かったのに故障が多かったという点が一番のネックです。

もちろん本体価格が高くてもランニングコストが安いのであれば検討しますが、水が少しで洗えても修理代が高かったら意味がありません。

だったら縦型洗濯機はドラム式に比べて本体価格が安いですから、実際のコストパフォーマンスを考えると縦型洗濯機になってしまいます。

水は使っても洗浄力が高い!?

また、ドラム式洗濯機のデメリットとも言える黒ずみや色移り。

黒ずみの改善のために水を使うのであれば、初めから縦型洗濯機でも良いのではないでしょうか?

また洗い上がりのゴワゴワも縦型洗濯機では感じません。

ひな
黒ずみの改善やゴワゴワ対策であれこれやるのは、正直もういいやという感じです。

 

時々乾燥を使う程度なら縦型洗濯機でも十分!?

ドラム式洗濯機を買った理由に、冒頭で「乾燥機能が充実している」とお伝えしました。

ドラム式は何と言っても乾燥機能が大容量です。(主流は6kg)

それに対して縦型洗濯機は4.5kgですから、一般的に1人の一日分の洗濯物は1.5kgと言われているので、ちょうど1人分の差があることになります。

ただ、毎日ちょうど良い感じの洗濯量になるわけではなく「これだったら外干ししよう」ということもあるので(むしろ多い)、私の家の場合は乾燥はたまにで大丈夫かなという結論に達しました。

 

そして我が家が選んだ縦型洗濯機は?

そんな中で縦型洗濯機の乾燥機能付きでオススメなのが「日立のビートウォッシュ」です。

  • 洗剤の自動投入
  • ナイアガラビート洗浄

などで手間の掛からない洗濯が出来ます。

ナイアガラビート洗浄では、シャワーと回転の力で洗浄力をアップさせることができます。

おやつ
洗濯容量によって本体価格も変わるので、色々調べて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

ドラム式と縦型!それぞれの感想について

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の両方を使ったことがあるので、どういった家庭だとドラム式が良いのか?

また縦型洗濯機が向いているのかをお伝えします。

 

ドラム式洗濯機が向いている家庭とは?

ドラム式洗濯機を選ぶポイントは何と言っても「乾燥機能」だと思います。

洗濯物を干すのが家の構造上大変という場合はドラム式洗濯機が便利でしょう。

例えば、3階建てで洗濯機と干す場所が離れている場合や、あまりベランダが大きくない家はドラム式洗濯機でしょう。

田中
逆に言うと、乾燥機能以外でドラム式洗濯機を選ぶ理由が無いと感じたので、今回は縦型洗濯機を購入したんですけどね。

 

縦型洗濯機が向いている家庭とは?

乾燥機能を重視しないのであれば縦型洗濯機の方がメリットは多いと思います。

本体価格が安いこともそうですが、洗濯物が多くて1日1回で済まない家庭は洗濯時間の短い縦型洗濯機の方が効率的です。

また、縦型洗濯機の方が泥汚れはしっかり落ちるので、子供が運動系の部活動などをやっているご家庭は縦型洗濯機がオススメです。

まいこ
あとは何と言っても本体購入価格が抑えられるのが嬉しいポイントですよね。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

今回、私の家ではドラム式洗濯機から縦型洗濯機に買換えをしました。

海外だとドラム式洗濯機は主流だそうですが、日本の水の水質上とくに「たたき洗い」というのは必要がないそうです。

あすか
そうなってくるとドラム式洗濯機のメリットは乾燥機能に限られると行っても過言では無いように思えます。

であれば、我が家が縦型洗濯機で十分という結論にたどり着きましたので、この記事がこれから洗濯機の買換えを検討している方の参考になれば幸いです。

 

ただ、縦型洗濯機にすると「部屋干しが気になる」という方もみえるかも知れません。

そんな時はこちらの記事を参考に部屋干し対策を行ってみて下さい。

部屋干しの臭いの原因は?嫌な臭いを発生させないために出来ること!

雨の日が続く梅雨時期や台風シーズンにはどうしても洗濯物の部屋干しが続いてしまいます。 天気だけに限らず共働きで日中は家にいなかったり、PM2.5・花粉・防犯など様々な理由で部屋干しをする方が最近は増え ...

続きを見る

以上「ドラム式洗濯機は二度と買わない!縦型と両方使った感想がこちらです」でした。

 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-暮らし

© 2021 イエエエイ!!!