部屋探し・家探し・暮らしに関することを紹介してます!

暮らし応援ブログ『家ェエイ』

購入・売却

タマホームの評判って悪いの?不動産営業マンの私はこう思う!

更新日:

注文住宅でリーズナブルな価格を提案する「タマホーム」

SMAPの木村拓也さんが「ハッピーホーム♪」と歌うテレビCMも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

そんなタマホームですが、ズバリ評判はどうなのでしょうか?

 

基本的に不動産関係の掲示板は「悪口に溢れている」傾向がありますが、正直言いましてタマホームもWEBでの評判はあまり良いとは言えません。

ですが、実際に家を見ている人、住んでいる人、専門家の人が「あそこはダメだ」と言うなら分かりますが、なんとなく憶測や聞いた話で文句を言うのは違いますよね。

というわけで、今回は不動産営業マンの私が本音で「タマホーム」のことをお話しますよ。

 

スポンサーリンク

 

タマホームの家はWEBの評判ほど悪くない!?

まず私の感想としては、タマホームの家はWEBの評判ほど悪いとは思いません。

一般的にタマホームの家は「安かろう悪かろう」というイメージがあるかもしれませんが、タマホームの家は「言うほど安くもないし悪くもない」というのが私の感想です。

 

タマホームの家は安くない?

タマホームと言えば、坪単価27.8万円というような「坪単価30万円以下で注文住宅が建てられるのか!?」という強烈なインパクトがありました。

しかし、実際にふたを開けてみるとタマホームの坪単価は「施工床面積」で計算されており、当時一般的だった延床面積では含まれない「ベランダや玄関ポーチ、ロフトまで床面積としてカウント」するため坪単価が必然的に下がるカラクリがありました。

 

また坪単価で計算された「基本価格」以外にオプション価格や付帯工事が加わるので、結局最終的には坪単価4~50万円くらいになります。

注文住宅で坪単価4~50万円であれば、今ではタマホーム以外にも色々な会社を検討できます。

坪単価4~50万円で検討可能なハウスメーカー

  • アエラホーム
  • アキュラホーム
  • アイフルホーム …etc

ですから、タマホームは特別安いハウスメーカーというわけではありません。

 

ゆえに「安かろう悪かろう」ではない!

坪単価4~50万円で建てる注文住宅であれば、私は良い家だと思います。

これも比較をどことするかですが、仮に圧倒的なコストパフォーマンスの飯田HDグループの建売と比べれば当然「タマホームも豪華な家」です。

私は飯田HDの家も「圧倒的な価格の安さ」は非常に魅力だと思いますし、とくに家に大きなこだわりが無ければ良い家でしょう。

 

ですが「三井ホーム」など他の有名ブランドのハウスメーカーと比べれば内容は当然見劣りします。(価格もその分やはり安いですけど)

これは個人がどこを基準と考えるかによりますが、タマホームの家自体はWEBで叩かれるほど悪いものではありません。

 

スポンサーリンク

 

タマホームの評判を下げているのは「営業マン」の質!?

では「なぜタマホームはWEBでの評判が悪いのか」というと、営業マンの対応にありそうです。

掲示板などを見ると「約束を守らない・感じが悪い」などマイナスな印象を受けます。

ですが、私も不動産業界の人間として言わせて頂ければ「不動産営業マンの7割くらいは対応が悪い」です(苦笑)

ただ、タマホームの場合は「営業ノルマ」から顧客の要望など後回しになる傾向はあるかもしれません。

 

じつは私もタマホームに面接に行きました

私は不動産業界に入る前は住宅リフォームの会社で働いていましたが「もっと金額の大きい商品を販売したい」と思って、家の近くに出来た(という理由)タマホームに面接を受けに行きました。

面接では「ロールプレイング」を行うように言われました。

タマホームの面接で絶対行われるわけではないと思いますが、ロールプレイング(以下ロープレ)は「お客様を想定して、ひとり営業を行う」のですが、大体こういうロープレ重視の会社は「成績至上主義」の会社です(苦笑)

私が勤めていた住宅リフォームの会社も同じなのでよくわかります。

 

こういった会社の内部事情は、売れない営業に対するプレッシャーは非常に強いです。

そのプレッシャーから逃れるために「無理な契約を行い結果クレームに発展」します。

タマホームに限った話ではありませんが、ハウスメーカーの営業はどこも似たようなところがあります。

そもそも、お客様の予定や予算を考えずに、会社や自分都合で話を進めていくことに営業センスを感じられないのですが「売れない営業マンに対する会社の圧力たるや」なのです。

 

とはいえ、そんなことはお客様からすれば関係ない話。

だからこそ、ハウスメーカーを決める時は「会社よりも人で決める」ことが大事です!

 

注文住宅は「営業・監督・大工」に会って決めるべし!

こちらはタマホームに限った話ではありませんが大切なポイントです。

私も小さいハウスメーカーで売買の経験がありますが、お客様が営業に伝えた要望が現場監督(や大工さん)に伝わらないことなどザラにあります。

理由は「どこかにボンクラがいる」のです。

  • 営業が現場監督に伝えない
  • 現場監督が大工さんに伝えない
  • 大工さんが指示を忘れてしまう

 

タマホームに限った話ではなく、家づくりで失敗しないためには、営業・監督・大工さんには絶対に会うこと。

この人だと心配だなと思ったら「担当を代えてもらえないか」聞いてみましょう。

 

タマホームで後悔することってある?

では、タマホームで家を建てるにあたって気を付けたいポイントはどういったことでしょうか?

あとで後悔しないためにも以下の点については念頭に置いておきましょう。

 

打ち合わせはシンプルに進む

タマホームはコスト削減するために「労力を削減」しているため見積りの作成も営業が行います。

他のハウスメーカーでは積算担当者が見積りを作りますが、そうじゃないのですね。

結果WEBの評判では「あとで支払う費用が増えた」などクレームに発展していることもあるようです。

標準仕様で細かい打ち合わせなしであれば良いですが「オプション追加」できっちり話を詰めたい場合は注意して下さい。

「自分で勉強して、自分から聞いて、打ち合わせ内容はメモを取る」くらいの慎重さを持って臨みましょう。

 

アフターサポートも期待しすぎない

タマホームはアフターメンテナンスは10年間付いています。

3か月・6か月・1年・2年・5年・10年目に実施され、10年目に有償で工事を請けると保証延長されます。

アフターサポートの評判を調べてみましたが、とくに良かったという内容もありません。

というか、私の家でもアフターサポートは簡素なものでしたので、これはタマホームに限った話ではないかもしれません。

 

安いイメージが定着しすぎている

家を建てるとまわりから必ず聞かれるのが「どこで建てたの?」ということです。

逆にあまり有名ではない地元の建設会社であれば「へ~」で終わりそうですが、タマホームは有名なだけに色々聞かれそうです。

ただ、その中でやはり安いイメージが定着しているだけに少し気になります。

「周りのことは気にしない」という強いメンタルの持ち主であれば問題ないかもしれませんが、タマホームというイメージは良くも悪くもあるでしょう。

 


 

個人的には営業が見積りを作るのは不安です。

というのも、以前私がいた会社でもお客様に渡す見積もりを営業が作っていたのですが、内情は適当の一言でした。

まさに「どんぶり勘定」で、細かい見積り請求する人は「ウチの客じゃない」くらいのことを社長が言ってましたから最悪です。

タマホームが一緒とは言いませんが、家の見積りはそんなに簡単に作れるものではないだけにトラブルの原因になりそうです。

この点はとくに注意したいところだと思います。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

タマホームの評判はWEBではよくないものが多いですが、不動産業界の私から言えば「そこまで悪いかな?」というのが印象です。

すごく良いとも言いませんが、良くも悪くも値段相応。

ハウスメーカーの注文住宅で言えば「ロープライス」ですから、十分検討の余地があると思います。

 

ただ、やはり第三者から見た評判やイメージはありますから「ブランド」として考えると少しマイナス点。

今はタマホームが出てきた当時とは違い「似たような価格帯」の会社もいくつかあるので、いろいろ調べてから決めるのが間違いありません。

よく「アキュラホーム」なども比較検討されますよ。

アキュラホームの評判は?実際の購入者の意見をまとめてみました!

また、あとでお伝えする「一括カタログ請求」なども是非活用してくださいね。

以上「タマホームの評判って悪いの?不動産営業マンの私はこう思う!」でした。

 

 
 

【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!


運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`Sで、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。


 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-購入・売却

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2018 All Rights Reserved.