賃貸・部屋探し

なぜ賃貸の審査に落ちるのか?収入の他に思わぬ理由があるんです!

更新日:

こんにちは、不動です。

賃貸の審査は「安定した収入があれば誰でも通る」と思っている方もみえますが、じつはお金や仕事のことだけで入居審査が行われているわけではありません。

たしかに「安定した収入や勤め先」というのは賃貸の審査で大きなウエイトを占めますが、なかには「え?なんで私が落ちたの!」と、通らなかった理由が見当つかないという方もみえます。

しかし、そういった場合「やはり何かしらの理由」が存在しているわけで、それは案外「そんなことで!」ということもあるんです。

当たり前ですが、入居審査に落ちたら部屋が借りられないので困りますよね。

というわけで、今回は「収入や仕事以外で賃貸の審査に影響すること」をお伝えしていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

入居者と会うのは、賃貸の営業マンだけ!

賃貸の審査というのは、

  1. 入居希望者が申込用紙に勤め先や収入面などを記載して
  2. その内容を貸主や家賃保証会社が見て判断する

というのが一連の流れです。

しかし、そういった書面だけでは「人柄」などは分からないので、個人の大家さんだと「入居者はどういった人か?」ということをよく聞かれます。

入居前に借主さんと会っているのは、私たち賃貸営業マンだけだからです。

ですから、逆に言えば「仲の良い大家さん」や「自社管理物件」であれば、入居してからトラブルを起こしそうな方はご遠慮願いたいというのが本音です。

あとで「アンタの紹介してくれた人トラブルだらけで大変だわ!」と大家さんにお叱りを受けると、今後物件に空室が出ても紹介させてくれないことも出てきます。

仲介業(=紹介する仕事)なのに「紹介できる物件が無い」となると大問題ですよね。

ですから、賃貸営業マンというのは審査とは別に「来店されるお客様のことをよく見ている」ものなのです。

 

賃貸営業マンは「来店客」の何を見ているの?

というわけで、ここでは「来店客のどういった点を賃貸家業マンは見ているのか?」をお伝えしましょう。

このポイントを知っておくことで賃貸の審査が不利にはたらくことはないので良いですよ。

 

まずは見た目をチェックする!

「服装」「タトゥー」などの見た目は、どこの賃貸営業マンでもチェックしています。

話してみたら凄く良い子でも、見た目から「友達を読んで大騒ぎをする(騒音トラブル)かも」と思われるだけで大きくマイナスです。

また賃貸営業をしているとよく見るのが「ためらい傷」です。

ためらい傷があると「万が一部屋で自殺されたら事故物件になる」ので、自社管理物件や個人大家さんの物件だと紹介は厳しいです。

「疑わしい場合は断る」ことが入居後のトラブルを発生させない対策です。

 

来店時の車にも注意して!

また、車でお店に行くときも改造車や外車などはやめておきましょう。

まず良い印象を与えません。

とくにサイズの大きい車は「物件の駐車場でのトラブル」が起こりやすいのでNGということも多いです。

横柄な態度は嫌われます!

車の営業だと台数をたくさん売りたいですが、賃貸の場合は「空いている部屋が埋まればそれでお終い」です。

ですから、希望者がAさんとBさんがいれば「よりトラブルを起こさない入居者」に住んでもらいたい。

となると来店時に態度の悪い人は嫌われます。

実際この点を勘違いしている方も多く「部屋を借りて欲しいんでしょう?」と横柄な態度の方もみえますが、結構そういう方はお断りする不動産屋(仲介店)が多いです。

 


 

もちろん賃貸の審査となると「家賃の支払いは問題ないか?」などもあります。

ですが、賃貸の営業マンは「大家さんに良い入居者さんを紹介するのも仕事のうち」ですから、来店された方の見た目や人柄というのは厳しくチェックしています。

人から誤解されやすそうな見た目の方は注意してくださいね。

 

スポンサーリンク

 

引越しの理由は言いにくいこともハッキリと!

賃貸の営業マンは「引っ越しの理由」を始めに聞くと思います。

じつは、これも世間話ではなく重要な情報収集になっています。

「結婚するから今の部屋が手狭になった」とか「仕事が変わって引っ越ししないといけなくなった」などの明確な理由がある場合は問題ありません。

しかし、不動産の営業マンが事細かく理由を聞いてくる時は「前の住居を追い出されたのではないか?」「何かトラブルを起こしたのではないか?」ということを気にしている可能性が高いです。

とくに「入居者トラブル」や「家賃不払い」など無ければ問題ありませんので、例えば「離婚してすぐに部屋を借りないといけない」など多少言いにくい事も気にせず伝えましょう。

 

職業に関しては審査は緩くなってきている!?

ちなみに賃貸の営業マンが追及するような形で質問するケースで「多すぎる収入」ということもあります。

そういった場合は「夜の仕事」が多いですが、最近は水商売であれば審査も問題ないことが多くなりました。

夜の仕事だと生活時間が他の入居者と違うことでトラブルを気にしている大家さんが多かったですが、最近は「将来成りたい職業」でキャバクラが出てくるくらいですから、その点は理解されてきているようです。

また珍しいケースとして、一度「デイトレーダー」という方が部屋探しに来たことがありましたが、やはり安定した職業とは言えないということで審査は難航しました。

ですが、こういった職業についても「理解のある物件というのは探せば結構あるなー」というのが最近の印象ですね。

 

賃貸の審査に落ちたらどうなるの?

「賃貸営業マンに与える印象でも審査に影響する可能性がある」ことをお伝えしてきました。

そうなると心配なのは「審査に落ちたらどうなるのか?」ですよね。

結論を言えば「他の物件であれば通る可能性もある」ということです。

 

まず営業マンが厳しめに入居者を見るというのは、

  • 仲の良い大家さんの物件
  • 自社で管理する物件

に限ります。

というのは、入居後にトラブルがあった場合に自分(たち)が対応しなければいけない可能性があるからです。

逆に言えば、大東建託などのサブリース会社や他社管理物件であれば「家賃保証会社などの審査が通ればそれでOK」です。

ですから収入面や仕事で問題が無いのに審査が通らなかったとしても、そこは気にせず別の物件を探していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は「どうして賃貸の審査に落ちるのか?」というテーマでお伝えしてきました。

基本的に賃貸の審査は「収入や勤め先」に問題が無ければ余程通ります。

しかし、収入面も勤め先も問題ないと思うけど審査に落ちたという場合は、じつは審査以前に賃貸の営業マンが「入居後のトラブルを心配して」審査の土台に載せていない可能性もあるのです。

見た目や人柄が審査に影響を与えることもあるということを知っておけば、事前に気を付けることも出来ますよね。

「メタルが好きなバンドマンです!」という方も、これから賃貸で部屋探しを行うのであれば、誰が見ても好印象なスタイルでお店に言って頂くことをお勧めします。

以上「なぜ賃貸の審査に落ちるのか?収入の他に思わぬ理由があるんです!」でした。

 

 
 

【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!


運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`Sで、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。


 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-賃貸・部屋探し

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2018 All Rights Reserved.