暮らし

クッキーとサブレの違いとは?ビスケットについても解説!

最近、味覚が変わってきたのか、お菓子をよく食べるようになってきました。

特に和菓子やチョコを好んで食べるのですが、「クッキーもいいかな?」と買い物の時にお菓子コーナーに立ち寄ってみると、サブレというものを発見しました。

このサブレですが、クッキーと何が違うのでしょうか?

また、よくよく考えて見るとクッキーとビスケットの違いもよくわかりません。

というわけで、今回は「クッキー」と「サブレ」と「ビスケット」の違いについて調べてみたいと思います!

 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

 

クッキーとは?

クッキーとは、アメリカでは「サクサクしたお菓子」を全てクッキーと呼ぶようですが、日本では

  • 手づくり風の外観
  • 糖分+脂肪分の合計が40パーセント以上のもの

のものをクッキーと呼ぶようです。

これは、クッキーのことなのですが、「全国ビスケット協会」で定められているようです。

 

※ちなみに、全国ビスケット協会は、協会だけにお堅いイメージのサイトかなとおもいましたが、上記画像のようにポップなイメージで、「ビスケットの歌」まで再生出来る、ビスケット愛に溢れる協会のようです。

(アマゾンで人気のコペンハーゲンのクッキー)

 

サブレとは?

サブレとは、フランスのサブレという町の名前から呼ばれるようになりました。意味は「砂」というようです。

そして、サブレとクッキーの違いについては、海外では同じだそうです。

ただ日本では、サブレの方が、クッキーよりもバターを使う量が多いようで、よりバターの風味と、サクッとした食感が楽しめるようです。

アマゾンでランキング1位の資生堂のサブレ)

 

ビスケットとは?

ビスケットは、イギリスの呼び名です。クッキー、サブレと同様で、イギリスでは「ビスケット」と呼ぶようですが、やはり日本では違います。

日本では、昔はビスケットよりもクッキーの方が高価なお菓子とされており、クッキーと間違ってビスケットを買わないように、先ほどの「全国ビスケット協会」が、糖分+脂肪分の合計が40パーセント以下のものは「ビスケット」と、定義しました。

※但し、協会が定めたものであって世界基準というわけでは無く、あくまで協会での規定との事です。

(アマゾンでレビューが高いビスケット)

 

「クッキー」と「サブレ」と「ビスケット」のカロリーは?

クッキーとサブレとビスケットの違いについてですが、海外ではほぼ一緒とのことでした。

では、何か違いが無いかと考えて、気になる「カロリーの違い」について解説します。

まず、3つの中でカロリーが最も高いのは、「クッキー」のようです。

まず全国ビスケット協会の規定通りに、糖分+脂肪分の合計が40パーセント以上のものとした場合、確実にビスケットよりもカロリーは高くなります。

そして、サブレはクッキーよりもバターを使いますが、小麦(炭水化物)が少ないため、じつはクッキーやビスケットよりも、カロリーは若干低いのです。

つまり、クッキー ≧ ビスケット ≧ サブレ の順番でカロリーは高いということになります。

 

スポンサーリンク

 

最後に

最後に、全国ビスケット協会のサイトでは、ビスケットについて以下の事が書かれていました。

小麦粉のほか、卵や乳製品を使ってつくられるビスケット。たかがお菓子と言ってしまっては、ビスケットにちょっと失礼かもしれません。とかく現代人に不足しがちなカルシウムやビタミンA、B1、B2をかなり含んでいるバランスのとれた食品です。しかも、たん白質、脂肪も豊富で、エネルギー量も高くなっています。まさに健康に欠かせない栄養素が勢ぞろいという訳。

思ったよりも、ビスケットが高い栄養素を獲れる食品なんだと勉強になりました。

そう考えると、カロリーメイトも確かにビスケットっぽいので、仲間なのかもしれませんね。

というわけで、「クッキー」と「ビスケット」と「サブレ」の違いについてでした!

 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-暮らし

© 2021 イエエエイ!!!