暮し・インテリア

換気扇の油汚れもスッキリ!掃除を楽に終わらせる方法とは

投稿日:2016年10月21日 更新日:

換気扇掃除ってどれくらいの頻度で行っていますか?

特にお料理時の油汚れにホコリがまとわりつきベトベトになったキッチン換気扇は、掃除もついつい億劫になりがちです。分解するのも面倒だし年数回の大掃除の時だけという人も結構いるのではないでしょうか?

ちなみに私の家では年末の大掃除だけです(苦笑)

そして、年末の大掃除には嫁から「換気扇掃除担当」に任命されるのが通年の儀式となっております。

この換気扇掃除ですが、私の家のように年に一度くらいですと結構油汚れもひどくなっているもの。

私はいつもお風呂場でお湯をかけてゴシゴシ洗うんですが、油汚れがひどいと洗剤を使って洗っても油が固まりになって、それがまた取れないんですよね。

そんな厄介な換気扇掃除について、今年はなるべく簡単に、そしてすっきりと汚れが落としたい。

というわけで、換気扇の油汚れの掃除方法に何か良い手はないかと調べてみました!

 

スポンサードリンク

 

換気扇の油汚れは夏に掃除した方が良い?

大掃除といえば年末が恒例ですが、油汚れがこびりついた換気扇掃除に限っては夏に行った方が効果的らしいです。

いきなりショックなんですけど(笑)

というのも、油汚れの元となる油自体の粘度は気温の影響を大きく受けるそうです。

だから温度の低い冬場は粘度が高く、洗剤で軽くこすったくらいではなかなか落ちてくれません。(た、確かに私は毎年これで困っていました。)

お湯を使っても油汚れ自体の温度が上がるのに時間がかかりますし、お湯もすぐに冷めてしまうので、やはり気温の高い夏場に行った方が効率的だそうです。

年末にまとめて掃除する我が家ですが、換気扇だけはお盆休みに掃除しようかな。

108379

 

換気扇の油汚れもこれでピカピカに!スッキリ掃除術!

では具体的にキッチン換気扇の掃除方法について見ていきましょう。

今回は大掃除対策ということで、ひとつひとつを分解して徹底的に洗浄します。

換気扇は大きく分けてファンがむき出しになったプロペラタイプと、レンジフードに覆われ整流板などでファンが見えないレンジフードタイプがあります。

どちらも構造はそれほど複雑ではありませんので女性でも簡単にできますよ。

 

①コンセント・ブレーカーを落とす

まず最初にコンセントやブレーカーを落としてください。

作業中に無意識にスイッチに触れてしまう可能性もありますし、分解時に漏電などすると大変です。

必ず換気扇が動かない状態で作業を進めてください。

 

②保護具を準備する

油汚れはベトベトしますし洗剤によっては手が荒れることもありますので、必ずゴム手袋を着用してください。

また上部を掃除するときに洗剤がはねることも考えられますので、保護メガネもあった方がいいです。

 

③分解する

保護具が装着出来たら洗浄しやすいように各部位を分解します。

プロペラタイプはファンの中央のつまみを右に回すと簡単に取れます。

レンジフードタイプはビス止めしてあるメッシュカバーや整流板を外すと中にファンがありますので、同様に外してください。

ビス類は小さな器などに入れて別途洗浄しましょう。くれぐれも無くさないように。

 

④各部位ごとに洗浄する

洗剤はキッチン用の中性洗剤でも構わないのですが、古く酸化した油汚れに効果的な重曹がおすすめです。後ほど説明しますが重曹って油汚れに強いんです。

あとはどんどん洗っていけばよいのですが、換気扇の部品は大きなものや立体構造のものなど洗いにくいものが多いので、洗い方について説明します。

 

スポンサードリンク

 

「漬け置き」も効果的!

一番手軽で効果が感じられるのが漬け置き洗いです。

メッジュカバー・整流板などの大きなものはシンクを利用してださい。

シンクに火傷しない程度の熱湯を張り、カップ1杯程度の重曹を入れてよく混ぜ、そこに一晩ほど漬け置いてください。

翌日に程よくほぐれた油汚れをブラシなどでこすると簡単に取れますよ。

 

換気扇掃除を簡単にする「重曹ペースト」

漬け置きする場所が無い、汚れがしつこすぎて漬け置きしても取りきれないという方には重曹ペーストがおすすめです。

重曹2~3に湯1程度の割合で混ぜ、ファンなどの立体的な部品でもたれ落ちないペースト状であればいいです。

全体にまんべんなく塗って1~2時間放置しましょう。

放置後にブラシを使って水洗いすると驚くほどに汚れが取れます。

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

 

これも便利!「重曹スプレー」

レンジフードやコンロまわり、壁面は重曹スプレーで吹き上げましょう。

スプレーボトルでお湯250mlに大さじ1杯程度で作った重曹水を使用します。

これなら普段のお掃除でも手軽に使えるので、常に作ってくと便利です。

その他部材はある場合でも、漬け置き出来るものは「漬け置き」、漬け置きできないものは「重曹ペースト」で対応してください。


(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

 

 組立て・仕上げ

洗浄が終われば水拭きして完了ですが、組み立て前に各部品に柔軟剤やワックスなどを塗っておくと汚れが付きにくく落ちやすくなります。

さらに組み立て後は、吸入口に不織布フィルターを付けておけば、油汚れが内部にまで入って行かず次のお掃除が楽になります。

不織布フィルターは長く使いすぎて目詰まりすると、換気能力が落ちてかえって汚れを拡散させてしまいます。

不織布が見た目に茶色くなったらもう交換時と思った方がいいです。

何でも使える「重曹パワーのヒミツ」

掃除の裏技やコツで必ず紹介される「重曹」ですが、その理由って気になりませんか?

私は気になります!(笑)

というわけで、そもそもなぜ重曹がいいのかを調べてみました。

 

弱アルカリ性

汚れにも様々な種類がありますが、油汚れは酸性の特性を持っています。

それがアルカリ性である重曹と交わることにより中和され、汚れを浮かし取れやすくします。

 

お湯と混ぜることによる炭酸パワー

洗浄にお湯をつかうことは汚れ自体を軟らかくする効果もありますが、熱湯の温度により重曹が炭酸ソーダに化学変化し、その際に発生する炭酸ガスが泡とともに汚れを浮かせ取れやすくしてくれます。

 

やさしい研磨剤

重曹の粒子は細かく軟らかいので、クレンザーのような研磨効果がありながらも傷がつきにくい優しい洗浄力を持っています。

最近では重曹よりもアルカリ性が強く、タンパク質や油など汚れを落とすパワーも強い「セスキ炭酸ソーダ」というものも販売されていますのでこちらもオススメです。

 

忘れてはいけないトイレ・浴室の換気扇

キッチンと比べると汚れの目立たない浴室やトイレの換気扇、一見汚れていないように見えても日常的にホコリを吸入しているのでフィルターなど目詰まりしがちです。

ホコリが溜まるとハウスダストの原因となるばかりでなく、屋外の排出口周辺にもホコリカスが溜まってしまいます。

普段のお掃除のついでにさっと掃除機をかけておくといいでしょう。

さらにマンションなどで24時間換気システムが装備されている方はその出入口も忘れてはいけません。

特に室内への吸入口は外気のチリや土埃が直接吸入されていますので結構汚れがちです。

 

スポンサードリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

油汚れでギトギトになった換気扇も、ご紹介した方法で綺麗に掃除できます。

私的には「気温の影響で換気扇の油汚れの掃除の楽さが変わる」のは衝撃的でした。

確かに、年末にお風呂場で掃除していても、すぐに油が固まって隙間に目詰まりするんですよね。

最終的には爪楊枝とかでほじったりして(笑)

あとは、やはり掃除と言えば「重曹」ですが、今回も大活躍ですね。

以上、「換気扇の油汚れもスッキリ!掃除を楽に終わらる良い方法ない?」でした。

 

 

 

【 おすすめ記事 】

-暮し・インテリア
-, ,

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2017 AllRights Reserved.