暮らし

花粉症と風邪の違いとは?春夏秋冬の花粉症についても解説!

私は、年中通して年中通して鼻の調子が悪いです。

「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」は、花粉症でも風邪でも起こりますから、人によっては症状で悩む場合もあると思います。

というわけで、今回は「花粉症と風邪の違いと、春夏秋冬の花粉症について解説」していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

花粉症と風邪の違いとは?

花粉症と風邪の違いは、案外明確です。

発症する症状で見比べていきましょう。

 

鼻水

花粉症の鼻水は、サラサラしています。

花粉症は、知覚神経を刺激して分泌腺に伝わることで鼻水が出てくるので、風邪のようにドロッとした鼻水にはなりません。

それに対して、風邪の鼻水は初期段階は花粉症のようなサラサラとしていますが、時が経つにつれて黄緑色っぽいドロッとした鼻水に変わります。

この黄緑色に変化するのは、白血球と風邪のウイルスが戦い、お互いの死骸を含んむことで、黄緑色の鼻水となります。

黄緑色の鼻水になると、風邪の治りかけと言ったりしますが、むしろウイルスと白血球とが戦いを繰り広げている最中なんです。

 

咳・くしゃみ

花粉症のくしゃみは、花粉やハウスダストなどのアレルギー物質が鼻粘膜に付着すると、これを体内から追い出そうとしてくしゃみを起こします。

風邪の場合は、ウイルスを体内から追い出そうとしてくしゃみを起こします。

では、なぜ花粉症のくしゃみは連続するのかというと、花粉症などのアレルギー物質が鼻の粘膜に付着すると、ヒスタミンという化学伝達物質が分泌されます。

これが鼻の知覚神経を刺激して、くしゃみや鼻水を発生させます。

kafun

 

風邪の場合は、熱も出るのはご存知だと思いますが、じつは花粉症でも熱が出ることはあります。

花粉症の症状がひどい場合は、体が免疫反応をおこし熱を出すことがあります。

ただ、風邪のように39℃くらいの高熱とまでは行かないようですが、37℃くらいまでは花粉症でも熱が出るようです。

 

スポンサーリンク

 

のどの痛み

風邪の場合は、のどが痛み出したことが初期症状だったりします。

花粉症でも、花粉などアレルギー物質がのどの炎症を引き起こすことはあります。

のどが痛いと感じたら、塩水でうがいをすると除菌効果もあり、炎症を抑える作用もあるので、一度試してください。

 

春の花粉症の種類

春の花粉症と言えば「スギ花粉」ですが、その他にも「ヒノキ」や「ハンノキ」もあります。

その中でも「ハンノキ」は咳がひどくなるケースがあり、喘息を引き起こすこともあります。

 

夏の花粉症の種類

夏の花粉症の代表格は、「カモガヤ」「オオアワガエリ」です。

イネ科の植物は夏から秋にかけて花粉が飛散しますが、これらの草本植物は背が低いので花粉は遠くまで飛びません。

ですから、近づきさえしなければ花粉症の症状はあまり出ませんが、花粉は小さいため吸い込むと咳が出やすく、喘息を引き起こすケースもあります。

 

秋の花粉症の種類

秋にかけては、「ブタクサ」「ヨモギ」「カナムグラ」「イラクサ」などが花粉症を引き起こす時期になります。

私は秋でも花粉症になりますが、春の花粉症に比べて咳が出るためツライです。

また、秋は夏に繁殖したダニの死骸や排泄物がでやすく、ハウスダストのアレルギーも出やすい時期になります。

 

冬の花粉症の種類

冬は花粉の飛散量が少なくなり、花粉症の症状が落ち着きます。

ですが花粉がゼロというわけではなく、「スギ」「イネ」「ブタクサ」「ハンノキ」などアレルギーを起こす花粉は一年中飛んでいます。

 

スポンサーリンク

 

最後に

風邪も大変ですが、花粉症もつらいですよね。

私の場合は、アレルギーがすごいので年中花粉やハウスダストでやられていまるのと、たぶん軽度の猫アレルギーも持っています。猫も飼ってますけど。

猫アレルギーは、猫カワイイので我慢していますが、やはり花粉症は嫌です。

早めにクスリを飲んで免疫を高めるしかありませんね。

というわけで、今回は「花粉症と風邪の違いとは?春夏秋冬の花粉症についても解説!」でした!

 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-暮らし

© 2021 イエエエイ!!!