賃貸・部屋探し

知恵袋で大東建託の苦情が多い理由!不動産業界にあるギャップとは?

投稿日:2016年8月12日 更新日:

このブログを開始して「大東建託でこんな目にあった」という苦情めいた連絡を頂いております。

なかなか内容は過激なものが多いです。

その真偽については、私の方で双方の意見を聞いているわけでもありません。

そのため、必ずしも大東建託側に落ち度があるかどうかはわかりませんので、内容の公開については伏せさせて頂いております。

しかし私の不動産経験から察するに「業者の対応が悪い可能性は非常に高い」と思います。

これは大東建託に限らず、不動産業界と一般的な考え方の違いに大きな隔たりがあるからです。

 

スポンサードリンク

 

不動産屋にとってのお客様とは?

部屋を借りに来る方、部屋を借りている方は、きっと自分達のことを「お客様」だと考えていると思います。

当たり前ですよね。

一般的な考えとしては、お金を支払って部屋を借りるわけですから、お客様と考えるのは当然でしょう。

しかし、語弊を恐れずに言えば、多くの不動産屋は、部屋を借りに来る人や、部屋を借りている人(以下、まとめて入居者)をお客様と考えてはいないと思います。

もちろんお客様なんですけど、一番大切なお客様ではないということです。

不動産屋にとって、一番大切なお客様は「大家さん」なのです。

 

スポンサードリンク

 

大家が部屋を紹介させてくれなければ賃貸業は成り立たない

不動産屋が大家さんを最も大事にするのは、大家さんが部屋を紹介させてくれなければ、単純に「売る物が無い(貸す部屋が無い)」からです。

貸す部屋が無ければ、仕事になりませんよね。

また、不動産屋の収益面でも

  • 入居者…入居時の仲介手数料など初回のみ
  • 大家さん…管理料(毎月)、退去リフォーム、リノベーションなど定期的に仕事が入る

というように、大家さんから頂ける仕事は定期的に入り、また金額も大きいものが多いです。

ですから、不動産屋が最も大事にするお客様は「大家さん」です。

しかし、「入居者が部屋を借りなければ大家さんに収入が入らないじゃないか!」という意見もあると思います。

大事な大家さんにとって、入居者こそお客様です。

ですが、不動産会社にとっては「トラブルを起こすのも入居者(全ての人が良い入居者では無い)」なので、退去すればまた他の人に部屋を貸せばよいという考え方が根底にあります。

もっとヒドイ言い方をすれば、大家さんは長く部屋を借りてもらいたいですが、不動産屋にとっては入居年数は関係なく、むしろ退去リフォームや再度部屋を照会できる事でビジネスチャンス到来なわけです。

そういった事で、車を買いに行くような印象を、賃貸の不動産屋に求めても「信じられない対応」というギャップが生じるのです。

 

スポンサードリンク

 

大東建託に限らず、業界のコンプライアンスの意識はかなり低い

大東建託と言えば賃貸業界の最大手となりますから、ネットで話題として取り上げられる確率は高いですが、大東建託に限らず賃貸の不動産業界のコンプライアンスは、かなり低いです。

例えば、アパマンショップやエイブルなどは、大手企業で各店舗でも社員教育は当然行き届いていると考えていると思います。

しかし、ほとんどの店舗はFC店で、地元の不動産屋が看板を借りて展開しているだけです。

そのため、各社のコンプライアンス通信などを見ると「部屋を見に行く途中の車で私用の電話をしていた(運転中)」だとか、「接客中にガムを噛んでいた」など、他業種では信じられないような内容も多く見受けられます。

人間慣れというのは怖いもので、長くそういう業界にいると、不動産業界では普通という感覚に陥ってしまいます。

管理会社も同様。対応してくれる担当次第!

知恵袋などで賃貸の苦情やトラブルなどよく見かけますが、業界の人が口を揃えて言うのは「対応してくれる担当が良い人なのを祈る」ということです。

これは部屋を借りる時でもそうですし、入居してからの管理会社でも同じ事が言えます。

実体験として、私は大東建託の物件に2度住んでいますが、何かトラブルがあった場合も、対応に不満を感じた事はありません。

むしろ良い印象を持っています

会社の経営方針は少なからずあると思いますが、私も現状は「対応してくれる担当次第」という部分が大きいと思います。

ですから、もし対応に不満を感じる場合は、担当者を変えてもらうのが一番早い解決方法かもしれません。

そう考えると大東建託のような大手の方が、担当者の変更が”もしかしたら”融通が効くかもしれませんね。

 

おわりに

私は他業種の経験もあるため、不動産業界の「ここがおかしい」ということは目に付きます。

不動産屋は業界の慣例や自社の利益という視点から、入居の方は世間一般論として意見を言うので、衝突が絶えないのだと思います。

この点は管理でも一緒だと思います。

通常は、こういったトラブルが続けば業界が変化していくものですが、不思議と不動産業界は変わる事がありません。

これも不動産屋の収益の多くが「大家さん」から賄われている証拠ではないでしょうか。

私も不動産業界に携わる人間ですが、不思議な業界だなと常々思っています。

 

 

【 おすすめ記事 】

-賃貸・部屋探し
-, ,

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2017 AllRights Reserved.