部屋探し・家探し・暮らしに関することを紹介してます!

暮らし応援ブログ『家ェエイ』

賃貸

賃貸でコンロはIHを使いたい!契約前に確認すべきポイントがあるよ

投稿日:

「賃貸のコンロってIH買ってきても大丈夫ですか?」

先日、部屋探しにみえたお客様から質問を受けました。

ガスよりもIHの方が安心という声は意外と多く、IHコンロがビルドインされている物件を紹介すると喜ばれるケースもしばしば。

 

ただ、初めからビルドインされていれば良いのですが「あとでIHコンロを設置しよう」と考えている場合は少し注意が必要です。

場合によっては「せっかくIHコンロ買ってきたのに使えないじゃないか!」ということにもなりかねません。

というわけで、今回は「賃貸のコンロでIHを設置する場合の注意点」についてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

 

賃貸ではIHコンロを使用できないこともある!?

まず、エアコンやIHコンロは100Vと200Vのタイプがあるのですが、200VのIHコンロを利用したい場合は「契約前に分電盤をチェック」するようにしましょう。

というのも、分電盤が「単相2線式」だと200Vタイプの家電製品は使用できないからです。

 

築年数が古めの物件では「単相2線式」になっていることがあり、どうしても200Vを使用したい場合は「単相3線式」へ変更する電気工事が必要となります。

そして、この電気工事を行う場合は「事前に大家さんや管理会社に許可を貰わなければいけない」のですが、それがそう簡単でもないのです。

 

管理会社の許可が簡単に貰えない?

単相2線式から単相3線式に変更して、200Vタイプの家電製品を各部屋で使用できるようにする場合は

  • 電力会社との契約を変更する
  • 電線からの引き込み工事
  • 電力計の交換
  • 分電盤の交換
  • 分電盤から各コンセントへの配線工事

などが必要となり、上記の工事を行うと8万円程度は費用が掛かります。

長い間入居してくれていた人ならともかく、契約直後に上記の工事費を負担してと言われて納得してくれる大家さんも正直そう多くはありません。

 

fudou
大家さんからすれば「内見の時にチェックしないで契約した借主の落ち度」ですし。

ですから、IHコンロやエアコンなど後付けする予定であれば「分電盤のチェック」は、必ずしておきたいポイントです。

 

分電盤が「単相3線式」でも200VのIHコンロが使えないこともある?

分電盤が「単相3線式」だから、問題なくIHコンロ使えると油断するのは禁物です。

というのは、コンセントが200V対応でなければダメだからです。(200V対応のコンセントは「エアコンのコンセント」を見ると分かりやすいです)

 

コンロまわりにコンセントがあっても「200VのIHコンロを使用する場合は200V対応のコンセントが必要となる」ので、その場合はコンセントの交換が必要です。

ただ、先の分電盤からごっそり交換する工事とは違うので工事費は1万円以内というところ。

oyatu
コンセントの交換は自己都合なので自費になると思いますが、その分大家さんや管理会社も了承してくれやすいでしょう。

 


 

賃貸でIHコンロを使いたい場合は、契約前に「分電盤」と「コンセント」はチェックしたいポイントです。

実際、築年数の新しい賃貸は「200V対応」になっていることが多いですが、それでもコンロまわりに200Vコンセントがなければ「コンセントの交換」は必要になります。

ただ、工事とか面倒ですし気軽にIHコンロって使えないのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

賃貸だとIHコンロって気軽に使えないの?

コンセント工事などなしでIHコンロを使用したい場合は「100V対応のIHコンロ」にするしかありません。

例えば、以下のようなタイプですね。

 

fudou
ちなみに、このスタンド付きは「初めから備え付けられている小さいコンロの上」に設置することも可能なので、1Rなんかの賃貸だと重宝しそうです。

ただ、注意点としては200Vのタイプに比べてパワー不足は否めません。

この点はIHコンロに求めることも大きく関わってきますが、簡単な料理であれば100VのIHコンロで十分な気がします。

個人的には1Rなんかに備え付けられている「そうめん茹でるお湯が沸かない電気コンロ」に比べれば、100VタイプのIHコンロもかなり有能だと思います。

 

IHコンロとガスコンロ!選ぶならどっちがおすすめ?

賃貸でコンロなし(備え付けられていない)のであれば、ガスとIHで選択の余地があります。

それぞれメリットについて考えてみましょう。

 

料理は短時間で済ませたい!

出来るだけ手早く料理を行いたい方は「ガスコンロ」の方が向いています。

お湯を沸かすだけならIH(200V)の方が早いですが、大きめのフライパンなどで料理する場合はガスコンロの方が早く熱くなります。

そのため時短して料理したい場合はガスコンロの方が早いです。

キッチンまわりの掃除を楽したい!

ガスコンロは五徳を洗ったり掃除するのが大変です。

ですが、IHコンロの場合は「拭くだけ」で済みます。

掃除の楽さで考えるとIHコンロの方が断然楽です。

 

光熱費はどっちが安く済む?

一般的には「都市ガスが安い」と言われますが、これもコンロを使用する時間まで加味すれば分かりません。

というのも、単純にお湯を沸かすだけならガスよりもIHの方が早いですから、一人暮らしでお湯沸かしたり小さい鍋くらいしかしないのであれば「IHの方が安く済む」でしょう。

また、電気料金は夜間や早朝、日中で値段が変わります。

oyatu
そういった点も踏まえて総合的に考えれば「都市ガス→IH→プロパンガス」という順で光熱費は高くなると考えて良いと思います。

 


 

実際に賃貸でIHコンロを選ぶ方と話をしていると「火事にならない安全性」と「掃除のしやすさ」が決め手になるようです。

ちなみにIH対応の賃貸なら「パナソニックホームズ」がお勧めです。

私の営業しているエリアだと、ほとんどの物件がIHコンロ付きになっていますよ。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

今回は「賃貸のコンロでIHを選ぶ際の注意点など」をお伝えしてきました。

とくに初めからコンロなしの物件で「ガスコンロからIHかどうしようかな?」と迷っている方は、おさらいとして以下の点に注意です。

  • 200Vの家電が使用可能になっているか?(単相2線式は要注意!)
  • IHコンロ(200V)を使用したい場合は、200Vコンセントに変更する許可が大家さんから貰えるか?

この2つは部屋を借りる前に必ず確認したいポイントです。

 

実際にこの手の問題は「部屋を契約して家電を買いに行ってから気が付くことが多く」それから説明がなかったとクレームを言っても取り合って貰えません。

そうなると解決策は「100V対応の家電を使用する」しかないので、パワーの強い200VのIHコンロを使用したいと考えている場合は注意して下さいね。

以上「賃貸でコンロはIHを使いたい!契約前に確認すべきポイントがあるよ」でした。

 



【 最後にPRです 】

部屋探しは「キャッシュバック」が新常識!?

賃貸で部屋探しをするなら「suumo」や「ホームズ」のポータルサイトをが物件数も豊富で便利です。

しかし、今もっとも熱いのは部屋を借りると祝い金が貰える「キャッシュバック賃貸」です!

サービスが開始された当初は少なかった物件数も「現在は十分過ぎるほど豊富」となりました。

もちろん「礼金敷金0円・ペット相談可・新築築浅・デザイナーズ物件など」の絞り込み検索も充実しており、これで祝い金が貰えるのですから利用しないなんて逆に損ですよね!




おすすめの記事 と スポンサーリンク

 

-賃貸

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2019 All Rights Reserved.