部屋探し・家探し・暮らしに関することを紹介してます!

暮らし応援ブログ『家ェエイ』

賃貸

IT重説対応物件とは?忙しい人や遠方の人は積極的に利用しよう!

投稿日:

先日、お客様に「IT重説対応物件って何ですか」と聞かれることがありました。

まずIT重説とは、宅建業法第35条に基づき宅地建物取引士が行なう重要事項説明を「テレビ会議などのITを活用して実施する」ものをいいます。

従来の重要事項説明は対面で行なう必要がありましたが、IT重説ではパソコンやテレビ等の端末を利用して「対面で無くても行える」ようになりました。

つまり、スーモやホームズなどで「IT重説対応物件」とされているものは、店頭で重要事項説明を受けなくてもIT重説でOKという物件のことです。

人によっては「IT重説対応物件狙い」でも良いくらいにメリットがあるIT重説。

そんなIT重説対応物件について、今回は詳しくお伝えしていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

IT重説対応物件を選ぶメリットについて!

とくに次に該当する方はIT重説のメリットは大きいので必見です。

  • 転勤や進学で遠方から部屋探しをしている方
  • 日中に時間が取れない方

 

何度も店舗に足を運ばないで済む!

通常の重要事項説明は「対面で行なう」ことが条件だったので、わざわざ重要事項説明のために店頭に足を運ぶことがありました。

そのため、賃貸では平均で

  • 部屋探しで店に行く
  • 重要事項説明(および契約)で店に行く
  • 鍵の受け取りで店に行く

というように3回くらいは店に足を運びます。

 

しかし、IT重説であれば重要事項説明と契約書や鍵の受け取りも店によっては郵送対応可能で「店に行くのが部屋探しの1度だけ」で済むので、時間も手間も交通費も削減できます。

fudou
転勤で県外から引っ越しされる方だとIT重説はかなりのメリットになりますよね。

 

内見不要であれば「来店0回」も可能!?

また、もし内見が必要なければ「一度も店に行かないで部屋を借りられる」サービスもあります。

それが「AWANAI賃貸」です。

AWANAI賃貸は「LINE」を利用して全国の賃貸物件を仲介するサービスになります。

そのため、部屋の紹介からIT重説まで全てWEBで完結することが出来ます。

部屋は見なくても構わない人向けのサービスですね。

 

先に重要事項説明書を見ることが出来る!?

IT重説では、事前に重要事項説明書および添付書類を事前に送付しておくというルールがあります。

今までに店頭で重要事項説明を受けたことがある方は分かると思いますが、基本的に重要事項説明書は重説の当日に渡されます。

そこから1時間くらい宅地建物取引士の説明を受けるわけですが、当日に小難しい書面を渡され説明されてもパッと理解はできないと思います。

しかし、IT重説であれば事前に重要事項説明書が送付されているので、一読して分からない点はネットで調べておくことが出来ます。

oyatu
一度読むだけでも質問箇所が分かりますから、重要事項説明の理解度に差が出ます。

 

スポンサーリンク

 

どうやってIT重説対応物件を探す?

さきほど「AWANAI賃貸」は先出ししてしまいましたが、スーモやホームズなどで「IT重説対応物件」を探すにはどうしたら良いのでしょうか?

画像付きで解説していきましょう。

 

スーモで「IT重説対応物件」を探すには?

スーモの条件検索(エリアや間取りなどで絞り込み出来る)ページの下の方に行くと、画像のようIT重説対応物件のチェックボックスがあります。

そちらを選択するとIT重説対応物件のみが表示されます。

また、物件ページからは、

こちらの画像のように「さらに条件を追加する」というリンクがあるので、そちらから先の条件検索のようなページに移動できます。

 

ホームズで「「IT重説対応物件」を探すには?

ホームズも同様に条件検索ページに「IT重説可」というチェックボックスがありますが、さらにオンライン内見や相談が出来る物件も絞り込み出来るようになっています。

 

オンライン内見とは?

オンライン内見とは、ビデオ通話を利用して不動産会社のスタッフが代わりに内見をしてくれるサービスです。

そのため、入居希望者は現地に赴くこと無く部屋の状況を確認することが出来ます。

スタッフと会話も出来るので、家にいながらでも「見たいところをしっかり確認出来る」嬉しいサービスです。

 

IT重説を行なうためのルールについて

重要事項の説明にITを活用する場合は、次に掲げる1~4すべての事項を満たしている必要があります。

  1. 宅地建物取引士及び重要事項の説明を受けようとする者が、図面等の書類及び説明の内容について十分に理解出来る程度に映像を視認でき、かつ双方が発する音声を十分に聞き取ることができるとともに、双方向でやりとりが出来る環境において実施していること。
  2. 宅地建物取引士により記名押印された重要事項説明書及び添付書類を、重要事項の説明を受けようとする者にあらかじめ送付していること。
  3. 重要事項の説明を受けようとする者が、重要事項説明書及び添付書類を確認しながら説明を受けることが出来る状態にあること並びに映像及び音声の状況について、宅地建物取引士が重要事項の説明を開始する前に確認していること。
  4. 宅地建物取引士が、宅地建物取引士証を提示し、重要事項の説明を受けようとする者が、当該宅地建物取引士証を画面上で視認出来たことを確認していること。

 

oyatu
ようするに、事前に必要な書面は送って「通話も映像も対面と同様に双方が説明・質疑応答が出来る状態」で行なうという当たり前のことです。

また、途中で通話や映像が途切れた場合は「不具合が解消された後に再開する」ものとされています。

 

スポンサーリンク

 

IT重説の具体的な流れは?

ITと聞くと拒否反応を示す方もみえるかもしれませんが、そこまで難しいものではないので安心して下さい。

流れは各不動産会社で多少異なりますが、基本的には以下のステップです。

 

事前に準備しておきたいこと

  • スカイプなどのアプリをダウンロード
  • アプリの作動確認
  • 重要事項説明書などを事前に受け取る

※ 実際の現場の声として「アプリのインストール」がIT重説でネックになりやすいです。

アプリのインストール方法やカメラの設定方法が分からないなどもありますが、法人契約で会社のPCからIT重説を受けるような場合「会社のPCだとセキュリティーの観点からアプリがインストール出来ない」こともあります。

アプリは不動産会社から指定されます。IT重説当日に慌てないように事前に作動確認しておきましょう。

 

IT重説の最中は何をする?

  • 宅地建物取引士および借主の双方で映像・通話により意思疎通出来るか確認
  • 宅地建物取引士から宅地建物取引証を画面越しに提示して貰い説明スタート
fudou
説明で分からないところは納得出来るまで質問するようにしましょう。

 

IT重説完了後は書類の返送に注意!

  • 不動産会社に必要書類を返送する
  • 鍵を受け取る
oyatu
必要書類を返送しないと鍵を受け取れないので早めに送った方がいいですよ。

 


 

従来の対面式の重要事項説明と「入居者がやることは変わらない」ので心配することはありません。

ただ、映像や音声が途切れることが多いと時間が凄く掛かるので「通信環境の良い場所で行なう」ことは意識しておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は「IT重説対応物件について」お伝えしてきました。

IT重説事態は2017年10月1日から全国で開始され、ホームメイトやハウスコムなど賃貸仲介大手は積極的にIT重説を行なっています。

ただ、全ての不動産会社が対応しているわけではないので、部屋探しの時点で注意は必要です。

借主にとっても「時間・手間・交通費」が節約できますし、かなり便利なので早く全ての不動産会社で対応できるようになれば良いんですけどね。

IT重説が当たり前になってくれば賃貸はもっと色々なサービスが生まれてきそうです。

 



【 最後にPRです 】

部屋探しは「キャッシュバック」が新常識!?

賃貸で部屋探しをするなら「suumo」や「ホームズ」のポータルサイトをが物件数も豊富で便利です。

しかし、今もっとも熱いのは部屋を借りると祝い金が貰える「キャッシュバック賃貸」です!

サービスが開始された当初は少なかった物件数も「現在は十分過ぎるほど豊富」となりました。

もちろん「礼金敷金0円・ペット相談可・新築築浅・デザイナーズ物件など」の絞り込み検索も充実しており、これで祝い金が貰えるのですから利用しないなんて逆に損ですよね!




おすすめの記事 と スポンサーリンク

-賃貸

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2020 All Rights Reserved.