部屋探し・家探し・暮らしに関することを紹介してます!

暮らし応援ブログ『家ェエイ』

コラム・豆知識

1平米とは何坪で何帖(畳)になるの?計算の仕方も詳しく解説!

投稿日:

簡単な漢字の問題ですが「平米」って何と読むか分かりますか?

答えは「へいべい」で単位は「㎡」です。(ちなみに、うちの姪っ子が1㎡を「へーべー」と読んでます。可愛い。)

さて、突然の漢字テストでしたが、賃貸物件の広さ(専有面積)は「55.67㎡」のように平方メートルで表示されます。

しかし、間取り図のリビングやキッチンの広さは「6帖」と表記されていることが多いです。

では「1㎡は何帖で、逆に1帖は何㎡」なのでしょうか? また「坪」の場合はどうなると思いますか?

今回は「㎡や帖に坪など」広さの表記についてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

 

「㎡・帖・坪」の広さについて

まずは「㎡・帖・坪」を一目瞭然で分かるように図にして解説していきましょう。

はじめに賃貸でよく使われる「㎡」と「帖」からいきますね。

oyatu
ちなみに「帖」は畳の広さと一緒です。洋室だと畳が無いので「帖」で表します。

 

「1帖(畳)は何㎡」なのか?

畳のサイズには「京間・中京間・江戸間・団地間」などがあり、それぞれサイズが異なります。

呼び名 1畳の寸法
京間 191cm×95.5cm=1.82㎡
中京間 182cm×91cm=1.65㎡
江戸間 176cm×88cm=1.54㎡
団地間 170cm×85cm=1.44㎡

でも、これだと「同じ1帖(畳)でも広さが全然違う」という疑問が浮かびます。

そのため、不動産公正取引協議会では「1畳当たりの広さは1.62平方メートル以上とする(表示規約施行規則第11条第16号)」と公正取引規約に定めました。

 

「1㎡は何帖」なのか計算してみる

公正取引規約に従って「1帖=1.62㎡」として計算すると「1㎡=0.617帖」となります。

では、逆に「6帖の部屋を㎡に計算したい」場合は、帖数に1.62を掛ければOKです。

  • 6帖×1.62=9.72㎡
  • 8帖×1.62=12.92㎡
  • 10帖×1.62=16.20㎡
fudou
1.62で「÷」か「×」のがポイントですね。

 

1㎡は何坪で、1坪は何㎡なの?

あまり賃貸では使わないですが、売買では「坪」は頻繁に出てきます。

平米と坪はどのように計算するのかも合わせて解説しておきましょう。

  • 1㎡=0.3025坪
  • 1坪=3.30578㎡

例として、50㎡を坪に計算すると「50㎡×0.3025=15.02坪」で、30坪を㎡に計算すると「30坪÷0.3025=99.17㎡」となります。

(※ 仮に実測が123.4567㎡の時は、1/100未満は切り捨てで「123.45㎡」と表記されます。)

平米と坪は0.3025を「×」か「÷」かなので、こちらも難しくはありません。

ちなみに、なぜ1坪の面積が上記の数値なのかというと「度量衡(どりょうこう)」という長さ・容積・重さを測る制度で定められているからです。

oyatu
度量衡は「大宝律令(701年)」が始まりと言われ、その後豊臣秀吉の太閤検地などを経て全国で数値が統一されるようになりました。

 

スポンサーリンク

 

これは知っておきたい「専有面積」について

ここまで「㎡・帖・坪」と単位をみてきましたが、実際に分譲マンションや賃貸物件の広さで注意したいのが「専有面積」です

専有面積とは、入居者が独占的に使用できる部分で「ようするに部屋のこと」ですが、仮に専有面積が55.67㎡と58.97㎡の2部屋があったとします。

どちらが広いかというと当然58.97㎡だと思いますが、じつはそうとも言い切れないのが難しいところ。

そこで「実際の広さ」を知るための注意点をお伝えしておきます!

 

専有面積には「壁芯面積」と「内法面積」の2つがある!

専有面積の表示には「壁芯面積」と「内法(うちのり)面積」の2つがあります。

それぞれの違いは、

  • 壁芯面積…壁の中心から面積を測る
  • 内法面積…壁の側面から面積を測る

ということで「測る位置が違う」のです。

つまり、壁芯面積は「壁の中心から壁面までの厚み」があるので、同じ50㎡でも実際の居住スペースとして使用できる面積は内法面積よりも狭くなります。

fudou
一般的な賃貸物件は内法面積ですが「分譲賃貸」だと壁芯面積が多いので注意しましょう。

 

専有面積には「階段や廊下」も含まれる!

また、賃貸物件で人気の「メゾネット」ですが、じつはこちらも面積については注意が必要です。

というのも、メゾネットには室内階段があるのでワンフロアの物件よりもリビングなどに使用できる面積は少なくなります。

感覚的には、専有面積60㎡のメゾネット物件だと「50~55㎡くらいのワンフロアと同じくらいに感じる」と思います。

一人暮らしや二人暮らしに必要な広さは?

ちなみに、一人暮らしや二人暮らしに必要な専有面積の広さですが、

  • 一人暮らし…25㎡~28㎡くらいは欲しい
  • 二人暮らし…55㎡~58㎡くらいは欲しい

と、個人的には考えています。

とくに1LDKで二人暮らしを検討している方は、この専有面積は絶対に気にするべき。

1LDKは専有面積30㎡台からありますが、これは「ちょっと広めな一人暮らし用」で、二人暮らしだとかなり手狭になると思います。

また、先ほどのメゾネット物件の場合は「55㎡でも室内階段があるのであれば実質50㎡くらいの感覚」なので、内見の際にしっかり部屋の広さを確認しないと入居してから後悔するかしれません。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は「㎡・帖・坪」についてお伝えしてきましたが、さいごにおさらいです。

  • 1㎡は0.617帖
  • 1畳当たりの広さは1.62平方メートル以上
  • 1㎡は0.3025坪
  • 1坪は3.30578㎡
  • 専有面積には「壁芯面積」と「内法面積」の2種類がある

ということでした。

また、内見できない方は専有面積の平米数だけで判断せずに、間取りで「生活するスペース」をイメージしながら確認するようにしましょう。

これ物件チェックのテクニックなので是非参考にしてください!

 



【 最後にPRです 】

部屋探しは「キャッシュバック」が新常識!?

賃貸で部屋探しをするなら「suumo」や「ホームズ」のポータルサイトをが物件数も豊富で便利です。

しかし、今もっとも熱いのは部屋を借りると祝い金が貰える「キャッシュバック賃貸」です!

サービスが開始された当初は少なかった物件数も「現在は十分過ぎるほど豊富」となりました。

もちろん「礼金敷金0円・ペット相談可・新築築浅・デザイナーズ物件など」の絞り込み検索も充実しており、これで祝い金が貰えるのですから利用しないなんて逆に損ですよね!




おすすめの記事 と スポンサーリンク

-コラム・豆知識

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2020 All Rights Reserved.