部屋探し・家探し・暮らしに関することを紹介してます!

暮らし応援ブログ『家ェエイ』

購入・売却

クレバリーホームの評判!特徴のタイル外壁にデメリットはあるの?

投稿日:

こんにちは、おやつです!

今回は「クレバリーホーム」で家を建てた皆さんに評判をお聞きしました。

クレバリーホームは北海道から沖縄まで全国47都道府県で展開している「株式会社 新昭和」 のFCブランドです。

そんなクレバリーホームの特徴ですが、なんといっても「外壁タイル」です!

 

一般的に利用されるサイディングボードに比べて、外壁タイルは塗り替えなどが必要ないので「メンテナンスコストが安く済む」というメリットがありますが、一般的なデメリットとして「建築費が2~300万円アップする」ので正直悩ましいところだと思います。

しかし、クレバリーホームはタイルを自社開発しており「タイル壁の家なのに坪単価も平均50万円前後」と圧倒的にリーズナブルとなっています。

メンテナンス費のことも考えると、さらにお値打ち感が増しますよね。

今回は、そんなクレバリーホームで「実際に家を建てた方たちからリアルな感想」をお伺いしました。

 

スポンサーリンク

 

クレバリーホームの評判は?実際に家を建てた方に聞いてみた!

今回「クレバリーホームで家を建てた」皆さんに感想を頂きましたが、やはり決め手となっているのは

  • 外壁タイル
  • コストパフォーマンス

といった意見が多かったです。

個人的には外壁タイルのデメリットは「初期コスト」だと思っているので、クレバリーホームのタイルがデメリットになるような事は無いと思っていますが購入された方の意見はどうなんでしょうか?

外壁タイルの家を買いたいと思っていたHさん(仮名)の話から伺ってきましょう!

 

外壁がタイル張りの家に憧れていたのでクレバリーホームに決めました!

私は壁がタイルの家に幼い頃から憧れていたので「自分で家を建てるなら絶対にタイルの外壁にしよう」と思っていました。

「タイル外壁の家」にこだわって検討したハウスメーカーはクレバリーホームとダイワハウスです。

ダイワハウスの壁もとても魅力的で性能についても満足いくものでしたが、やはりクレバリーホームと比べた時に価格が分かれ目になりました。

 

私は最終的にクレバリーホームのVシリーズでお願いしましたが「坪単価はおよそ50万円」と、クレバリーホームの最高級シリーズながら同程度の機能性を有するダイワハウスよりだいぶ価格が抑えられていました。

50坪ほどの敷地に建てたので、水周りや内装など含めて2800万円ほどでした。

外壁は本当におしゃれで今でも家に帰るのがとても楽しみでワクワクします。

庭と家の一体感が見事でクレバリーホームでデザインを考えてくれた方には本当に感謝しています。

また機能面でも特に問題を感じず、とくに不便なことも無く快適に生活をしています。

これから何十年も住んでいく家として、クレバリーホームの家を夫婦共々心から好きになれました。

 


 

oyatu
タイル張りの家はデザインも良いですよね!

タイルの家のメリットはメンテナンスコストが抑えられることもありますが、そもそもデザイン性が高いです。

またサイディングのように色褪せしないので、その見た目が長期間維持できるのも大きな魅力です。

そんなタイル貼りの家なのにコストパフォーマンスの安さに驚かれたIさん(仮名)を続いて伺いましょう。

 

クレバリーホームのコストパフォーマンスの高さに驚き!

見た目がおしゃれで高機密・高断熱の家を建てたいと思い、クレバリーホームとスウェーデンハウスを視野に入れて検討しました。

スウェーデンハウスは高機密で良かったのですが「窓など換気システムがどうしても納得いかない」のが気になっていたところ、クレバリーホームのコストパフォーマンスの良さと外壁タイルに惹かれました。

建てた家は平均的な3LDKの2階建て(建坪50坪)という間取りですが「坪単価は42万円ぐらい」で、スウェーデンハウスと比べると圧倒的な安さです。

 

サイディング張りと違い「外壁のタイル構造の場合は粉を吹くことがない」ので、後々のリフォームやメンテナンス代を考えると圧倒的なお得感を実感することができました。

実際に住んでみて「夏は涼しく冬は暖かい」という利点を実感できています。

当初の高断熱という面からしても「夏のエアコン代・冬の暖房代が大幅に減らす」ことができたのは嬉しかったです。

なにより「高級感のある外壁」を提案してもらえたので、実際に住んでみても外から見ても大手のハウスメーカーと遜色ない仕上がりになりました。

 


 

fudou
クレバリーホームは、よく大手と比較検討されますね!

クレバリーホームはタイルの家だからか、価格の割にローコストな住宅メーカーよりも大手と比較されることが多い気がします。

今回スウェーデンハウスと比較されたIさんですが、坪単価を比べると3割はクレバリーホームの方が安かったのではないでしょうか?

高気密・高断熱の性能で言えばスウェーデンハンスかもしれませんが、絶対に譲れないポイントでなければ価格の安さは大きいですよね。

 

スポンサーリンク

 

保証制度があるので安心して依頼できました!

シンプルな木造建築の家を建てようと考え「アイフルホーム」などと比較検討した結果、クレバリーホームを選びました。

強度の高い木材を使用し、シンプルなデザインかつ自然災害に強い自社製造の外壁タイルが特徴のメーカーとなっていて「多くの工務店がフランチャイズとして加盟している」点もポイントでした。

今回建てた一戸建ては、間取りが自由に選択できるCXシリーズを選び、2階建ての55坪です。

 

万が一契約している工務店が工事できない場合に備えて、クレバリー共済会が残りの工期分を支払う「住宅完成保証制度」があることや、びひ割れや雨漏りなどに対する「瑕疵保証が10年間」も安心できました。

今回建てた一戸建ての坪単価も他のハウスメーカーと比較しても非常に安かったです。

構造がしっかりして住心地も良く、低予算で高品質の木造一戸建てを手に入れられて満足しています。

最後にクレバリーホームズはFCの商品であるために「アフターフォローは加盟店によって内容が異なる」と言われていますが、私は現時点でメンテナンスに不満はありません。

 


 

fudou
確かにFC展開のハウスメーカーは「営業の評判」は当り外れありますね。

WEBの評判などを見ても、営業やスタッフの評判が悪いのは「代理店販売やFC展開している会社」が多いのは否めません。

FCに加盟するのもお金が掛かりますし、どうしても成果至上主義の会社体質になりそうです。

ウチも賃貸はFCに加盟していますが、社長から「FCの加盟金も安くないんだからな!」と機嫌が悪いと怒られますからね(苦笑)

 

クレバリーホームでガレージハウスも建てました!

一世帯数で20坪の間取りで「住居とガレージハウスをそれぞれ建設」しました。

当初は三井ホームも考えましたが「タイルの外壁のデザインが気に入り、さらににコストも低い」のでクレバリーホームの商品を選びました。

商品名はCXシリーズというものです。

坪単価は色々オプションを付けたので85万円とクレバリーホームにしては高いと思います。

 

住んでみて良かったと思えたのは、外壁に特殊な断熱材が使用されているため「季節ごとの室内での寒暖の差が少ない」事です。

建物も従来の木造建築に地震に対して強くするため金物で補強されており、快適に過ごす事が出来ています。

逆に住んでみて失敗したと思ったのは、エアコンがあれば床暖房は要らなかったことです。

また二階を歩くと物音はある程度しますので、気になる方は注意した方が良いかもしれません。

 


 

fudou
車好きはガレージハウスで愛車を眺めて1日過ごせるのだとか!?

基本的に建坪が狭ければ坪単価は高くなりますが、クレバリーホームで坪80万円台はなかなか聞かない数字ですね。

きっと三井ホームだと100万円超えるのではないでしょうか?

ガレージハウスなど趣味を大事されて、家もそれだけ内容の良いものになっているのだと思います。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

今回はクレバリーホームの評判についてお伝えしてきました。

クレバリーホームの特徴となる「オリジナルの外壁タイル」については、やはり皆さん気に入っていらっしゃるようでした。

外壁をタイルにすることで大きなメンテナンスが必要なくなるというコスト面のメリットもありますが、単純に「タイルって見た目も良い」ですからね。

 

ちなみにクレバリーホームのFCを展開している新昭和は、関東圏で「ウィザースホーム」を直営しています。

ウィザースホームも外壁タイルになっていますが構造は違っており、

  • ウィザースホーム…2×4(2×6)工法
  • クレバリーホーム…在来金物工法

となっています。

構造面で違いがあるので、関東圏にお住まいの方は選択肢が増えますね。

以上「クレバリーホームの評判!特徴のタイル外壁にデメリットはあるの?」でした。

 

 
 

【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!


運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`Sで、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。


 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

 

-購入・売却

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2018 All Rights Reserved.