部屋探し・家探し・暮らしに関することを紹介してます!

暮らし応援ブログ『家ェエイ』

住宅ローン・税金

ネット銀行の住宅ローンは審査が厳しい?利用時に注意すべき点とは

投稿日:

最近は住宅ローンで「ネット銀行」を利用される方も増えています。

WEBでの手続きをメインとするネット銀行では、一般的な銀行や信用金庫のような対面での手続きではない代わりに、金利や諸費用が安いことが大きなメリットです。

金利が安いことは嬉しいですが、利用する際にはいくつか気を付けるポイントもあります。

ここでは都銀と比べて審査は厳しのか?(緩いのか?)

また、ネット銀行を利用する際に外せない注意点などをお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

 

ネット銀行は一般的な銀行と比べて審査は厳しくなるのか?

はじめにネット銀行を利用する上で注意すべき点は「審査」です。

住宅ローンを利用することが初めての方は、ぜひ注意して読み進めて下さい。

 

ネット銀行の審査は銀行と比べても厳しい

結論から言うと、ネット銀行の審査は都銀と比べても厳しいと言われています。

後述しますが、ネット銀行は金利など優遇されている分「より安定収入のある人にしか貸さない」ようになっています。

fudou
一般的な銀行では「都銀がその傾向が強い」ですが、ネット銀行はその上を行くイメージです。

 

ネット銀行の事前審査はあてにならない

銀行や信用金庫で住宅ローンの事前審査を申し込んだ場合「事前審査通過=本審査通過」と考えてほぼ間違いないです。

本審査では「売買契約書」が必要になりますが、契約書を締結してから融資の可否が分かるのではスムーズに不動産取引が出来ません。

そのため、本審査が通るかを事前に審査するので「事前審査通過=本審査通過」になります。(ただし100%ではありません)

しかし、ネット銀行の事前審査は「仮申し込み」のようなもので、審査とは呼べません。

oyatu
そのため注意しないといけないのは「ネット銀行の事前審査に通過しても、本審査で覆されることはある」ということです。

 

ネット銀行は審査に時間が掛かる

ネット銀行は、WEBからの申し込み(事前審査)に通過すると、本申し込み用の書類が送られてきます。

こちらに売買契約書などの必要書類を添付して、ようやく本審査開始となります。

郵送するのが遅れたり、添付書類が足りずに再送する場合は、それだけ本審査開始が遅れます。

fudou
審査自体がネット銀行は時間が掛かる傾向にあるので、出来るだけスムーズに進めるために気を付けなければいけません。

 


 

ネット銀行を利用する場合「本審査に通らなかったり、審査結果が期日までに出ない」可能性も考えておく必要があります。

そのためネット銀行一本ではなく、銀行や信用金庫でも事前審査を通しておく方が間違いありません。

 

スポンサーリンク

 

その他、ネット銀行を利用する際に注意すべき点は?

また、審査以外でもネット銀行を利用するならチェックポイントがあります。

個人的には次の2つは要チェックだと思っています。

 

保証料無料でも「事務手数料」が高いかもしれない!

ネット銀行では「保証料無料」が多いです。

銀行や信用金庫が利用する保証会社よって変わりますが、多くは「借り入れ金額の2.2%」くらいになります。

仮に3,000万円を借入れた場合、66万円程度が保証料として掛かると思うと無料になるのは嬉しいです。

oyatu
しかし、保証料無料のネット銀行では「事務手数料」が高いことが多いです。

 

一般的な銀行では事務手数料33,000円か55,000円の定額が多いですが、ネット銀行の場合は「融資額の1~2%」と設定されているところもあります。

仮に2%であれば保証料と変わらなくなるので、この点は注意したいポイントです。

ちなみに登記を依頼する司法書士の手数料も、ネット銀行だと割高になることがあります。

 

保障内容は「支払い条件」を確認する

住宅ローンを利用する際に「全疾病保障」を付けるなら、支払い条件は必ず確認しましょう。

例えば、病気と診断されて180日間入院が継続して始めて保障されるのであれば、入院期間中(働けない)の住宅ローンの支払いは気になります。

就業不能に対する保障はあるのか? 150日で退院した場合はどうなるのか?

支払い条件については、しっかりとチェックするようにしましょう。

 

それでもネット銀行で申し込むだけの価値はある!

ここまでネット銀行の厳しい話ばかりになりましたが、それでもネット銀行で住宅ローンを申請する魅力はあります。

冒頭でもお伝えしましたが「他に比べて金利が低い」のは魅力です。

2020年7月現在では、auじぶん銀行は「じぶんでんきを合わせて契約することで0.38%」という金利で住宅ローンを提供しています。

またイオン銀行では「イオンでの買い物が毎日5%オフ」というサービスも提供しています。

fudou
他のネット銀行でも、多くは金利0.40%台と銀行や信用金庫と比べて低い設定になっているので、やはり金利の低さは魅力的です。

 

また「繰り上げ返済の手数料」も抑えておきたいポイントだと思います。

銀行や信用金庫の店頭で繰り上げ返済を行なうと手数料が必要になりますが、ネット銀行では繰り上げ返済手数料が無料というところが多いです。

繰り上げ返済の手数料に数万円かかることもあるので、この点をしっかりと抑えておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

さいごに記事のおさらいをします。

  • ネット銀行の審査は他と比べても厳しい
  • 金利の安さだけで飛びつくと後で困るかも知れない
  • ネット銀行を利用するなら一般の銀行でも事前審査は申し込むべき

一般的な銀行や信用金庫であれば、不動産会社が間に入って手続きのサポートをしてくれることもあります。

しかし、ネット銀行に関しては自分で申請することになるので、書類の準備や記入チェックなどは十分に注意してください。

その努力が金利に現れると思って頑張りましょう!

 



【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!


運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`Sで、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。






おすすめの記事 と スポンサーリンク

-住宅ローン・税金

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2020 All Rights Reserved.