暮らし

「そうめん」と「ひやむぎ」の違いとは?カロリーの違いも解説!

夏と言えば「そうめん」や「ひやむぎ」の季節ですよね。

しかし、毎年思うのは、「そうめん」と「ひやむぎ」の一体何が違うのだろう?

昔は、「そうめん」と「ひやむぎ」には製造方法の違いがあったようです。

気にはなるけど、食べ終わる頃にはいつも調べる事を忘れてしますので、今回はバシッと調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

「そうめん」とは?

小麦粉、塩、水を混ぜて練り、植物油(もしくはでんぷん)を塗り、引き延ばして、天日干しにしたもの

 

「ひやむぎ」とは?

小麦粉、塩、水を混ぜて練り、伸ばし、切ったもの (細打ちにしたうどん)

 

「そうめん」と「ひやむぎ」の違いとは?

しかし、現在では「そうめん」も「ひやむぎ」も製麺機で作り、「ひやむぎ」でも油を使うこともあるため、製法で2つに大きな違いはありません。

ですが、現在は「麺の太さ」で区別をしています。

そうめん 長径1.3mm未満
ひやむぎ 長径1.3mm以上 1.7mm未満
うどん 長径1.7mm以上
きしめん 幅4.5mm以上 厚さ2.0mm未満

 

「そうめん」と「ひやむぎ」カロリーが高いのはどっち?

  • そうめん…127カロリー(100gあたり)
  • ひやむぎ…127カロリー(100gあたり)

ゆでた場合は、「そうめん」も「ひやむぎ」もカロリーは変わらないそうです。

こうなると、どちらを食べようか悩む必要がないというか、どちらでも変わらないですね。

 

スポンサーリンク

 

色が付いた麺は「そうめん?」「ひやむぎ?」

現在は、色付きそうめんもありますが、昔は色付きは「ひやむぎ」だけだったそうです。

「そうめん」と「ひやむぎ」は、見かけが似ていて製造者でも区別が難しく、見分けるために「ひやむぎ」には色をつけていたと言われています。

現在は「太さ」で区別していますが、昔から「そうめん」と「ひやむぎ」の区別は難しかったのですね。

まあ、実際「そうめん」と「ひやむぎ」を袋から出したら、どっちがそうめんで、どっちがひやむぎというのは、正直わかりませんよね。

 

最後に

「そうめん」と「ひやむぎ」が、ほとんど変わらないのは薄々気が付いていましたが、まさか「うどん」や「きしめん」も変わらないとは思っていませんでした。

というか、ひやむぎは元々うどんを細切りにしたもの(切り麦)を、冷やして食べる場合は「冷麦」と呼んだそうです。

夏の暑い時期は、夏バテもありますから、そんな時は「そうめん」や「ひやむぎ」で乗り切りましょう!

というわけで、「そうめん」と「ひやむぎ」の違いについてでした。

 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-暮らし

© 2021 イエエエイ!!!