暮らし

リエットとパテの違いとは?テリーヌについても解説!

先日、会社の同僚とフランス料理のお店の話になったのですが、「テーブルマナーにも自信が無いから敬遠しがち」と言っていました。

私もテーブルマナーに自信があるわけではないですが、それよりも怖いのは「メニュー」ですね。

「リエット、パテ、テリーヌ…、これは一体どういう料理なのか?」

店員さんに、「あれ?この人リエットもわかってないの(笑)」とか、思われていたらどうしようと被害妄想全開で考えてしまいます。

というわけで、今回はそんなカタカナのメニューを見てもビビらないで済むように「リエット」と「パテ」の違いと、また「テリーヌ」についても解説していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

リエットとは?

引用とっておきのハーブ生活

一般的には豚のバラ肉や肩肉をみじん切りにしてラードで煮込み、ペースト状にしたフランスの一般的な保存食。

サーモンやガチョウの肉でも作れます。

パンやクラッカーに塗って食べます。

 

パテとは?

肉や魚などを細かく刻んだり、すりつぶしてペースト状に練り上げたフランス料理です。

もともとはパイ生地に包んで焼くのが本来の調理法でしたが、今はパイ生地を使わないことも多く見られます。

 

テリーヌとは?

もともとは、フランス料理で使う、蓋付きの土鍋、深皿のこと言いました。

料理としては、その焼き物の容器に、つぶして調味した魚・肉・野菜などを入れて、天火で蒸し焼きにした料理で、冷まして薄切りにし、前菜に用います。

パテと似ていますが、陶器(テリーヌ)に入れれば、それはテリーヌです。

 

スポンサーリンク

 

「リエット」と「パテ」と「テリーヌ」の違いとは?

まず「リエット」と「パテ」「テリーヌ」の違いを考えると、

  • リエット…煮る
  • パテ・テリーヌ…焼く

というように、調理法が違ってきます。

また「パテ」と「テリーヌ」の違いを考えると、

  • パテ…パイ生地、もしくは型に入れない
  • テリーヌ…陶器に入れる

というように、固める際に使用する型が違います。

 

料理は出来ないけど食べてみたい方にお勧め

「リエット」「パテ」「テリーヌ」と、食べてみたいけど、作るのは大変そうですし、食べに行くのもフランス料理となると、テーブルマナーなど少しビビってしまう方にお勧めなのがこちら!

 

ラ・カンティーヌ 豚肉のリエット 50g  540円

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

かわいいビンに入ったリエット(パテ)ですが、お値段もお手頃で、ラ・カンティーヌはその他にも色々なソースも取り扱っているので、いつもの料理のアクセントに如何でしょうか。

 

最後に

フランス料理に限りませんが、カタカナの料理メニューを見ると「これは一体何なんだ」ということもよくあります。

ビスクなんかも、よくわからない方はいらっしゃるのではないでしょうか?(ビスクについては、こちらの記事で!)

しかし、今回の記事で「リエット」「パテ」「テリーヌ」は完璧ですね!

ということで、今回は「リエットとパテの違いとは?テリーヌについても解説!」でした!

 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-暮らし

© 2021 イエエエイ!!!