部屋探し・家探し・暮らしに関することを紹介してます!

暮らし応援ブログ『家ェエイ』

賃貸・部屋探し

部屋探しのコツ!みんなが躓く3つのポイントで失敗しないために

更新日:

こんにちは、不動です。

突然ですが、みなさんが部屋探しを行う時に「ちょっと悩むポイント」ってどういった所でしょうか?

賃貸営業マンの私が考えるに、

  1. 住みたい部屋はどうやって決めればよいか?
  2. 物件見学では何を見ればよいのか?
  3. 値引き交渉など出来ないのか?

という3つではないかなと思います。

実際に私が不動産業界で働く前に初めて部屋探しをした時は、上記の3つはどうすればよいのか悩みました。

そんなお悩みポイントですが、今回は賃貸営業マンの私が「部屋探しのコツ」として解決方法をご紹介していきたいと思います。

これから部屋探しを予定されている方は、ぜひ最後までお付き合いください!

 

スポンサーリンク

 

住みたい部屋はどうやって決めればいい?

「自分が住みたい部屋なんだから悩むまでもないでしょう?」と思われるかもしれません。

例えば「駅から歩いて5分で、オートロック付きのRCマンション、部屋は二階以上で角部屋、築年数は新しければ新しいほど良くて…」と希望を上げればいくらでも出ます。

ですが、ここで1つポイントですが「賃貸物件で100点満点の部屋は無い」ということ。

細かい希望や理想も、注文住宅であれば「これから建てる」ので自分の思い通りに出来ます。

しかし、賃貸物件の場合は「すでに建っているものから自分の希望に比較的合っているものを選ぶ」ことになります。

なので、ここで1つ「部屋探しのコツ」が出てきます。

 

まずは「立地を選んだ動機」を明確にしておく!

部屋を探すのに「よくわかならいので店にとりあえず来てみた」という方は結構いらっしゃるのですが、とりあえず決めておかなければ話が進まないというのが”立地”です。

賃貸物件は「すでに建っているものから選ぶ」ので、立地の条件は非常に重要です。

例えばA地区で物件を探していても希望通りの部屋が無いので「予算を上げた」としても、そもそもA地区に物件が無ければ部屋は見つかりません。

この場合は、A地区を選んだ動機を考えて「それに近い条件で地区を広げる」しか選べる物件の増やし方はないのですね。

つまり、ただ漠然と「駅に近い方が良いから」ということで場所を特定するのではなく、なぜその駅に近い方が良いのか(通勤通学で使うなど)という動機をしっかり考えておくことで、仮にA地区でなくても「快速が利用できて通勤通学に支障のないB駅付近も範囲として考えられる」というわけです。

そうやって「エリアを広げること=選べる物件数も増える」ので、自分の希望する物件をより探しやすくすることが出来ます。

 

細かい希望を追求しすぎない

私が営業をしていた時のお客さんで、「部屋を探して6カ月の間、毎週どこかの店で部屋探しをしていた」という人がいました。

話を聞いていると、

  • 理想が高すぎてそんな条件の部屋が無い
  • 色々希望を出し過ぎて、何が大事な事かわからなくなっている

という状況だったんです。

この点を勘違いしていると、部屋がいつまで経っても決まらない(無い物は無い)ので、細かい希望を考えすぎるのも問題ありですね。

 

賃貸では良い物件ほどWEBに露出させます!

立地を考えたら、次は「部屋」ですね。

部屋探しで来店されるお客様の中には「不動産屋はお店にお宝物件を隠している」と思われている方もみえますが、これは賃貸に限っては間違いです。

確かに「土地」であれば広告に出さない物件はあります。

というか、わざわざ広告費をかけなくても来店のお客さんに紹介すれば決まるからです。

ですが、賃貸物件の場合は良い物件ほど広告に載せます。

なぜなら、各仲介会社で同じ物件を扱っているので競争だからです。

ですから、部屋探しに関しては「スーモ」や「ホームズ」などのポータルサイトを利用して情報収集をこまめに行う事がポイントです。

そして、気になる物件があったら即効で連絡をしてお店に行きましょう。

 

気になる物件は即決が基本!だからこそ事前に内容をしっかり考えておく

賃貸で部屋探しをする際に「1週間くらい考えても部屋は無くならないよね」と考えていると危険です。

とくに1~3月は賃貸業界も繁忙期となり、あっという間に他のお客さんに取られてしまいます。

そのため、賃貸の場合は「決められない後悔」をする方が多いです。

それを防ぐためには「自分がどういった部屋に住みたいのか優先順位を決めて、80点の部屋があれば即決する」くらいの心構えが必要です。

「部屋探しはお店に行く前から始まっている」と言えますね。

 

スポンサーリンク

 

物件見学では何を見れば良い?

私たち営業マンはお客様を物件にお連れして見学してもらう「内見」を行います。

その時にお客様は「何を見ればいいんだろう」という状態の方が多いです。

物件見学での見落としが入居後に後悔を招くこともあるので「内見でしっかりチェックする」のも部屋探しのコツです。

ただ、内見で見るポイントは多岐に渡るので別の記事で詳しく解説させてください。

賃貸で内見する際のポイントは?失敗したくないならココに注目!

上記の記事で内見のポイントを抑えつつ、さらにここでは「一人暮らし」「同棲」などシチュエーションに合わせて注目したい設備などを紹介していきましょう。

 

一人暮らしだったら備わっていて欲しい設備

はじめて一人暮らしをする場合は、生活に必要な家電を揃えるだけでも結構お金が必要です。

ですが、借りる部屋に初めから備わっていれば「自分で買わなくて済む」ので助かりますよね。

賃貸物件で「初めから備わっている設備」として多いものは、

  • エアコン
  • 室内照明

などですが、エアコンに関しては注意が必要です。

 

あまり古いエアコンは効きも悪し電気代も高い!

一人暮らしでエアコンを購入しても、次に引っ越しをする時に「取り外し費用・移設の費用費」が掛かりますし、また次の物件にエアコンが設置されていたら今度は処分に困ってしまいます。

ですから、一人暮らしでは「エアコンのある物件」を狙うのは良いと思います。

しかし、注意したいのは備わっているエアコンが古い場合です。

あまり年式が経過しているエアコンだと効きが悪かったり、電気代が高くことも考えられます。

そういった場合は、内見時にエアコンの製造年月日を確認して10年くらい前のものであれば交換してもらえないか相談してみましょう。

 

同棲や新婚生活など「女性」が生活する時に欲しい設備

最近の賃貸物件ではセキュリティー面も強化されていて「ALSOK」などが付いている部屋もあります。

ですが、そこまではなくても女性が生活するなら、

  • モニターフォン
  • 1階シャッター

は、欲しい所です。

ちなみに、現状がインターフォンでも「管理会社に相談して」自分でモニターフォンに交換するのはOKが出ると思います。(但し、退去時には原状回復してくださいと言われるかもしれません)

また、今は工事不要の壁掛けタイプのモニターフォンもあります。

(画像をクリックするとアマゾンに移動します)

もし管理会社が工事NGを出したら、そちらで対応するのも手ですが初めから備わっているに越したことはありませんね。

 

スポンサーリンク

 

賃貸契約でも値引き交渉は可能なの?

部屋探しで気に入った物件が見つかって、いざ契約の段階になると「少しでもお値打ちに借りたい」と思いますが、ズバリ賃貸契約でも値引き交渉は出来るのでしょうか?

結論から言うと、時期によっては値引き交渉も可能です。

逆に言うと「時期によっては値引きが難しい」ので、部屋探しのコツとして時期について解説していきましょう!

 

1~3月は値引き交渉は難しい!?

賃貸業界は1年を通して「忙しい時期」と「暇な時期」に、結構差があります。

その中で忙しいのは1~3月の繁忙期です。

この時期は、新社会人や転勤される方が一気に部屋探しに訪れるので通常の3倍は忙しいです。

ですから繁忙期に置いては黙っていても部屋が決まっていくので、この時期の値引き交渉は大家さんも応じてくれないことがあります。

ですが、その他の時期であれば賃貸契約でも「何かしらの交渉」が可能です。

仮に家賃交渉などは難しくても「フリーレント」などは可能なことが多いですよ。

 

フリーレントとは?

フリーレントとは「期間を設けて家賃無料にしますよ」というものです。

フリーレント1か月と言えば「1か月分の家賃は無料でいいですよ」ということになります。

家賃交渉などが厳しい場合でも、フリーレントだったらOKというケースは多いのでお願いしてみる価値は十分にあります。

ただ、その際のポイントとして「高圧的な態度で交渉しない」ことです。

あまり感じの悪い人だと大家さんに相談もせずに「無理です」と営業マンが断ります。

これは営業マンが「イラッとくる」という理由もありますが、営業マンは入居後にトラブルを起こしそうな人を大家さんに紹介したくないのです。

なぜなら、紹介した人がトラブルを起こすと大家さんが部屋を紹介させてくれなくなるからです。

人に好かれるような態度で臨むのが結局一番得する方法ですね。

 

仲介手数料は店によって変わる

じつは賃貸は同じ物件を契約するとしても不動産屋(仲介会社)によって支払う費用は変わります。

というのは、不動産屋に支払う仲介手数料が違うからです。

仲介手数料は、家賃の1か月分が上限と定められているのですが、会社によっては半額の会社もあります。

大手の賃貸会社で言えば「ミニミニ」「エイブル」は仲介手数料が家賃の50%です。

不動産屋の選び方については、こちらの記事で詳しく解説しています。

不動産屋の選び方!賃貸の場合はお店をたくさん回るべき?

ぜひ合わせて参考にしてください。

 

家賃以外の費用もチェック!

値引き交渉も行って、最終的な見積もりを出して貰ったら、家賃以外の費用もしっかりとチェックしましょう。

不動産屋が提示してくる見積もりを「こういうものかな?」と思って契約すると高くついているかもしれませんよ。

例えば「室内消毒」などと記載されるゴキブリ駆除ですが、一般的には15,000円くらいの費用をとられますが、個人的にはバルサンでいいんじゃないかと思います。

また家財保険も、不動産屋が提示する内容は割高なものが多いです。

今はネットで賃貸専用の家財保険というのも出ていますので、自分で契約した保険でも良いか不動産屋に確認して、OKであれば自分で契約するのもいいですね。

以下の記事でWEBで加入できる賃貸用の火災保険と加入する内容のポイントについて解説しています。

賃貸の火災保険に入らないはダメ!でも安く済ませることは出来ますよ

 

スポンサーリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は「部屋の探し方のコツ」「内見のコツ」「お値打ちに契約するコツ」の3つを紹介してきました。

賃貸の営業マンとして今まで働いてきて、とくに上記3つのポイントは「お客様が悩まれる」ところなので、これから部屋探しをされる方は参考にして頂きたいと思います。

とくに最近は賃貸業界でもWEBを利用したサービスもあり、首都圏や関西圏ではチャットで部屋探しが出来る時代になりました。

首都圏・関西圏の部屋探しならイエッティ!

こういったWEBサービスを活用するのも部屋探しのコツですね。

以上「部屋探しのコツ!みんなが躓く3つのポイントで失敗しないために」でした。

 

 
 

【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!


運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`Sで、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。


 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-賃貸・部屋探し

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2018 All Rights Reserved.