賃貸・部屋探し

マンションとアパートの違い!定義と生活のしやすさで比べてみるよ

更新日:

こんにちは、不動です。

店頭で賃貸の営業をしていると、お客様から「アパートとマンションの違いって何ですか?」と質問されることがあります。

私が務める不動産会社では便宜上マンションとアパートを区別する場合は「構造」で分けています。

  • マンション…RC(鉄筋コンクリート)造
  • アパート…木造・軽量鉄骨造

しかし、これが必ずしも正しいのかと言われると言葉が詰まってしまいます。

というのも他に「階数やエレベーターの有無」で分けるという方もみえるからです。

 

私も不動産営業マンの端くれとしてお客様に嘘の情報を教えるわけにはいきませんから「なぜ不動産業者でも意見が分かれるのか?」きちんと解説するのですが、一周回ってはじめに戻ってきたというのが皆さんの感想です。

また店頭で聞かれることに多いのは「防音やセキュリティーなど」実際に住んだ時にどっちが良いのかというポイントから、マンションとアパートの違いを聞かれることが多いです。

というわけで、今回はマンションとアパートの違いを「定義」と「生活に直結するポイント」というが点から解説していきましょう!

 

スポンサードリンク

 

そもそもマンションとアパートに「定義」がない!?

マンションとアパートの違いがぼんやりしている理由として「明確な線引きができない」ということがあります。

アパートは、APARTMENT(アパートメント)の和製英語で「建物の内部が複数に区切られた賃貸用の集合住宅」を示します。

ですから私たちは「構造」でマンションとアパートを分けていますが、言葉の定義としてはRC造でもアパートと呼んで構わないのです。(ちなみに英語でマンションは「大豪邸」です)

では「階数」で分けた方が正しいのでしょうか?

 

階数で分けると団地って何になるの?

3階以上がマンションという階数説で気になるのは「団地」です。

団地とは、住居を計画的に集めて建設された地区(集合住宅)のことを言います。

団地も3階以上でRC造だったりするのですが、これは一般的にマンションと呼ぶでしょうか?

また最近は軽量鉄骨造でも3階建ての物件もあるので「階数で分ける」のも明確な線引きは難しいのです。

 

「マンションの法律」から考えるとどうなの?

色々調べていくと「マンション法」という言葉にたどり着く方もみえるかもしれません。

正式名称は「建物の区分所有等に関する法律」と言いますが、一般的に区分所有法と呼ばれます。

また他にも「マンション管理適正化法」というものもあります。

「じゃあマンションも法的な定義があるんじゃないの?」と思いますが、ざっくり言うとこれらは分譲マンション(所有者が複数いる)の法律です。

分譲マンションは「部屋ごとに所有者がいる」ため、管理や所有に関するトラブルが増えたことで上記は作られた法律です。

賃貸マンションの場合は「物件を所有するオーナーが1人」なので、また内容が変わってきます。

 


 

マンションとアパートの定義について、突き詰めれば突き詰めるほど難しくなってきますよね。

また実際の建物にも色々なケースがあり「じゃあこれは?」と考えると正直キリがありません。

ですから便宜上、

  • マンション…RC(鉄筋コンクリート)造
  • アパート…木造・軽量鉄骨造

というのが世間一般的にも「明確な定義があるわけではないけど分かりやすいから」広く認識されているのです。

というわけで、ここから先も構造の違いで分けて解説していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

生活で便利なのは?マンションとアパートの違いを徹底比較!

マンションとアパートの違いですが「もっと私たちの生活に直結する違い」というのもあります。

< 設備面・防音・セキュリティー・費用 >

これらの点に絞った場合に「どっちが良いですか?」と聞かれることも多いです。

賃貸営業マンの率直な意見をお伝えしていきます。

 

「設備」はマンションとアパートどっちが良い?

イメージとしては「すべてにおいてアパートよりもマンションが上」と思われるかもしれません。

ですが、設備に関してはアパートとマンションを比べるよりも「築年数の新しさ」がポイントになってきます。

少し年数の経過しているマンションよりも、新しい新築アパートの方が「部屋の設備は断然に良い」ということも多々あります。

このお風呂は「アパート」です。

最近のアパートの設備は侮れません。

 

「防音」はマンションとアパートどっちが良い?

防音に関しては「やはりマンションの方が良い」です。

ただ、これも新築物件であれば防音に対しての工夫は考えられていて、大手の大東建託では防音対策として「厚めのクッションフロア」を床材として使用しています。

これだったら「ちょっと物を落としても響かないんじゃない?」というくらいフカフカしています。

とはいえ、築年数の古いものも含めて全体的に見ればアパートよりもマンションの方が良いのは間違いありません。

 

「セキュリティー」はマンションとアパートどっちが良い?

店頭で部屋探しの条件で「オートロック付き」という方もみえます。

そうなるとマンション限定になると思われがちですが、最近では「オートロック付きのアパート」もあるんです。

DSC_9510

三階建ての綺麗なアパートで

DSC_9445

入口がオートロックになっています。

私はセキュリティーを重視するなら「メゾネット物件」が最も安心と考えているので、そういう点からも案外セキュリティーは「アパート」かもしれません。

賃貸の防犯!安心なのは「メゾネット物件」という2つの理由

 

「費用」はマンションとアパートどっちが良い?

家賃や共益費などの費用で考えると「アパート」の方が安く済むことが多いです。

その中で分かりやすいのは「共益費」ですね。

マンションで4階以上であれば「エレベーター」があることが多いですが、その場合は共益費は高く設定されます。

実際に私が営業するエリアでは、アパートの共益費が3,000円程度が平均ですが、エレベーターのある賃貸マンションの場合は6,000円くらいになります。

これは共益費にエレベーターの保守管理費などが含まれるからです。

共益費が3,000円変われば年間36,000円の差になりますから結構大きいですよね。

 


 

築年数が古いものも含めて考えれば総合的にマンションの方が何かと良いでしょう。

また「景観」に関しては、やはりマンションになります。

個人的に階数は結構重要で、景観の良さもありますが大体6階くらいになると「虫が出なくなる(蚊もいない)」ので住みやすいです。

これは意外と内見でお客様に話すと「それいいね!」と言われるポイントです。

しかし、最近建てられたアパートであれば「かなりグレードが高い」ので一見の価値はあります。

ダイワリビングの新築物件はおすすめですよ。

大和リビングの評判が高い!賃貸の部屋を探す前に写真を見てみる?

 

スポンサードリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は「マンションとアパートの違い」についてお伝えしてきました。

明確な線引きが出来るような定義はないのですが、私たち不動産業界の人間でも、

  • マンション…RC(鉄筋コンクリート)造
  • アパート…木造・軽量鉄骨造

という「構造の違い」で分けている人が多いです(分かりやすいですから)

また、いざ生活する上で「マンションとアパートにはどういう違いがあって、どっちが良いのか?」という点もみてきました。

一般的に「マンションの方が上」というイメージがあるかもしれませんが、最近のアパートのグレードの高さは部屋探しをするなら必見です。

階数以外のことであれば最近のアパートはマンションに負けていませんよ。

以上「マンションとアパートの違い!定義と生活のしやすさで比べてみるよ」でした。

 

 
 

【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!


運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`S で、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。


 

-賃貸・部屋探し

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2018 All Rights Reserved.