部屋探し・家探し・暮らしに関することを紹介してます!

暮らし応援ブログ『家ェエイ』

購入・売却

パナホームの評判は?実際に購入した人たちのリアルな感想がこちら!

更新日:

こんにちは、不動です。

不動産業界のWEBの口コミは基本的に悪口が多く、そういった評判や口コミを鵜呑みにして良いかは甚だ疑問を感じます。

そんな思いから、最近各ハウスメーカーで実際に家を建て方たちの意見を頂くことをしています。

そして、今回は「パナホーム」で家を建てた方たちに評判を聞きました。

※ 家電製品でも有名なパナソニックの住宅メーカー「パナホーム」ですが、2018年4月に「パナソニックホームズ」に社名変更されています。

そのため、現時点では「パナソニックホームズ」が正式名称となりますが、今回お話を聞いた方は皆さん「パナホーム」で購入されているので記事内はパナホームで統一させて頂きます。

 

パナホームは軽量鉄骨造ということで「トヨタホーム・ヘーベルハウス・大和ハウス・セキスイハイムなど」と比較されることが多いです。

ですが、やはりパナソニック系列ということで電気設備」や「省エネ」といった分野に強いハウスメーカーというイメージあります。(私はですが)

実際にパナホームで家を建てた方は、どういった点を評価したのかも気になります。

というわけで、今回はパナホームで家を建てた方にご意見頂きましたので早速みていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

パナホームの評判!実際に家を建てた方に聞いてみた!

fudou
私も仕事柄いろいろなハウスメーカーの話を聞きますが、実際に購入して住んでいる方の声は「どんな営業マンに商品説明されるよりも勉強になる」ものです。

これから注文住宅を考えている方は是非参考にしてくださいね。

 

パナホームの値段が思ったよりも安かった!?

親と同居するために2世帯住宅形式で複数のハウスメーカーを検討したOさん(仮名)。

太陽光発電やIHシステムキッチンなど、パナホームの得意とする電化製品を一式取り揃えたことで「節電効果に期待したかった」そうで選択肢の中に入れたとのこと。

結果として、Oさんは「3階建て58坪の間取り」の家をパナホームで建てました。

 

決め手となったのは比較した他メーカーよりも1坪当たりの値段が安かったから。

具体的には55万円で購入したそうです。

選んだ商品名は「エルソラーナ」で、こちらは鉄骨軸組み構造ではなく「大型パネル構造」のため値段が安かったそうです。

(※ エルソラーナは現在販売していませんが「大型パネル構造」の商品は販売されています。2018.09時点)

パナホームの坪単価は70万円くらいと考えていたので「最終的には金額面において理想的な家を手に入れた」とおっしゃっていました。

 


 

パナホームの坪単価を調べると70万円という話が多いですが、この場合の構造は「軽量鉄骨軸組み構造」だと思われます。(もちろん設備などでも坪単価は変わってきます)

 

「じゃあ、値段が安い大型パネル構造は悪いんじゃないの?」ということもなく、特徴としては「面(壁・床・屋根)」で支える構造で耐震性に優れているとされますから、決して悪いわけではありません。

しいて言えば、軸組み構造の方が間取りを大開口に出来るなどの自由度がありますが、その点を気にしなければ何も問題がないというのが個人的な感想です。(私だったら気になるレベルでもありませんし)

なんにせよパナホームのような大手ハウスメーカーで「坪単価50万円台」で購入できたのは、Oさん羨ましいですね。

 

パナホームの「キラテック」という外壁材が決め手に!

注文住宅を検討したMさん(仮名)は、家を建てるにあたりハウスメーカー4社から話を聞きました

そしてパナホームと契約した決め手になったのが「キラテック」という外壁材です。

 

キラテックは光触媒技術を取り入れたタイル材で、メンテナンスコストを抑える事ができるのが魅力です。

そもそもタイル素材は日焼けによる色落ちや劣化が少ないのですが、さらにキラテックは光触媒技術により「汚れが付いても雨で洗い流せる(汚れが付きにくい)」という特徴があります。

外壁は約10年ごとにメンテナンスを行うのですが、その際に張り替えや再塗装などを行うと50〜100万円ほど費用が掛かります。

長い目で見てメンテナンスコストの費用の差は大きいと判断して「キラテックのあるパナホームで契約した」とのことでした。

また、担当営業の方が値引交渉に応じてくれて思っていたより安く購入する事ができて満足したそうです。

 


 

fudou
私も自分で家を建てるなら外壁は「タイル張り」にしたいと思います。(建て替えるお金ないですけど!)

やはり見た目も高級感がありますし、また劣化しにくいので「初期費用をかける価値がある」と思います。

とはいえ、タイルでも汚れが目立つと嫌なもの。

その点、光触媒技術で汚れを分解してくれるキラテックは魅力的だと私も思います。

ですが、Mさん同様に外壁に魅力を感じたKさん(仮名)は「少しパナホームの家に不満がある」そうです。

 

スポンサーリンク

 

パナホームは冬が寒いって本当なの?

3年ほど前に結婚したことをきっかけに、パナホームで家を建てたKさん。

決め手となったのは、

  • パナホームが建てている他の家の外観が私や夫の好みに当てはまっていたこと
  • パナソニック製品を使っているので統一感が出ると思った

という点だったそうです。

家を建てたのは夏ごろで「冷房をあまり使わなくても家の中が涼しく感じられた」のは、とてもよかったと思ったそうです。

 

しかし、冬場になってみると「暖房をつけていても床が非常に冷たい」という状態が続たそうです。

カーペットを強いたり、冬用の室内履きの靴を利用するなどの対策はしてみたものの「カーペットや靴が利用できないところは本当に冷たく」冷え性なNさんは余計症状が酷くなって毎年冬は頭を抱えたとのこと。

それ以外には特に失敗したなと思うところはないと感じている分、この冬に冷たくなってしまう室内環境だけは非常に残念とおっしゃっていました。

 


 

oyatu
冬の寒さが思いのほか厳しくて大変だというKさんですが、これはパナホームに限らず「鉄骨造のメーカー」は冬の寒さは全般的に苦手です。

構造が鉄なので冷たさなどの熱伝導率は木造住宅の比になりません。(ヒートブリッジ現象と言います)

とはいえ、そういった弱点はパナホームも分かっているので「基礎断熱や地熱利用に力を入れている」のですが、ただ実際に住んでいる方の評判としては「冬は寒い」という意見が多かったです。

軽量鉄骨のメーカーの営業だと「冬でも大丈夫ですよ!」という方もみえますが、簡単に言い切る営業マンの言葉は鵜呑みには出来なさそうです。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は「パナホームの評判について」お伝えしてきました。

実際にパナホームで家を建てた方のお話を聞いてみると「全体的に評価は高い」です。

とくにパナソニックの住宅メーカーということで、

  • 太陽光発電を含めたオール電化が安心
  • 技術関係の説明は素人にも分かりやすい

という意見は多く、またそういった点を決め手にされた方も多かったですね。

 

またパナホームで家を建てられた方が大絶賛するのが「キラテック」です。

サイディング材で見積もりを出したものと比べると150~200万円前後(建物の大きさによりますが)は価格が高くなりますが、住宅を長く住むことを前提に考えるとランニングコストは抑える事ができます。

またパナホーム以外も検討したい方は、下記で紹介する「LIFULL HOME`Sの一括カタログ請求」はかなり便利です。

ぜひご利用くださいね。

以上「パナホームの評判は?実際に購入した人たちのリアルな感想がこちら!」でした。

 

 
 

【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!


運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`Sで、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。


 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-購入・売却

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2018 All Rights Reserved.