暮し・インテリア

小学生でおねしょが治らない?6か月の通院でピタリと治った体験談!

投稿日:2017年4月12日 更新日:

賃貸で部屋を借りるお客さんを部屋に案内する時に世間話をするのですが、新婚さんや子供の小さい夫婦が多いので「子供の話」によくなります。

話をしていると「幼稚園や小学生でもおねしょをする」ということで悩んでいるという話も聞きます。

じつは、私の子供も小学生でおねしょをしていたので体験談も踏まえて話すと結構喜ばれたりします(笑)

小学生など大きくなった子供がおねしょをするのを「夜尿症」と言います。

「小学生でおねしょするなんて恥ずかしい」ということで、親御さんもあまり表だって相談出来ていない方もみえますが、夜尿症の子供は意外と周りにもいて、私の友人の子供も夜尿症でした。

夜尿症の原因は、

  • 夜のおしっこの配分が出来ない
  • 膀胱が小さい

などの体の問題もありますが、心的ストレスが原因という場合もあります。

 

多くは体が成長するにつれ改善されることが多いようですが、幼児期に夜尿症だった子供の半数が小学生高学年くらいで治り、9割が中学3年生までに治っているというデータがあると先生が仰っていました。

ただ、逆に言えば1割は治らずに大人になっても夜尿症の症状があるそうです。

とりあえず、私もそこまで深刻に考えてないかったのですが、子供も3,4年生になってくると友達の家にお泊りに行ったり、5,6年生になると林間学校などのお泊りをする機会も出てきますので、それまでに治らないかなと思って病院に行ってきました。

結論から言えば、ウチの子供の場合は6か月でおねしょしなくなりました!

というわけで、今回は「小学生の夜尿症の通院体験談」をお届けいしたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

小学生でもおねしょが治らないので、初めにどうした?

じつは、小学生でおねしょが治らない子供って結構いるんです。

とはいっても、親としても小学生でおねしょが治らないと心配になってきますよね。

そう思って病院に行くのですが、お医者さんには「体が成長すれば治るから大丈夫」という人が多いです。

ウチはこれを間に受けて小学4年生まで様子をみていました。

でも、治らない。

 

確かにお医者さんが言うように5年生、6年生になれば体の成長と共に直るのかもしれません。

しかし、親としては「お泊りに行ったときにおねしょしないか不安」で、またそういったイベントが増えてくる小学生の高学年までに完治させていたいのです。

そして「体が大きくなったら治るっていつだよ!」と、小学生のおねしょについて調べれていると以下のようなデータがありました。

参照元夜尿症ナビ

こちらのデータを見ると、「自然経過と治療では2.5倍ほど治癒率に差が生じる」わけですね。

「じゃあ、直した方がよくない!?」

そう思って小学生のおねしょ(夜尿症)の治療をしてくれる病院を頑張って探しました。

しかし、私が住む市内には夜尿症の治療を行う病院がありません。

夜尿症の治療を行う病院は少ないらしく、結局は同じ夜尿症だった友人の子供が通院した隣の市の病院まで車で40分かけて通うことにしまた。

 

スポンサードリンク

 

小学生のウチの子は、どうやって夜尿症を治したのか?

病院に行く前は「おねしょを治すってどうやって行うのかな?」と思っていました。

ウチの子供の場合は、始めに問診を受けて、お薬を飲んで経過観察していくことになりました。

これが夜尿症の治療のスタンダードなのかわかりませんけどね。

 

一気におねしょが治るわけではなく「回数を減らしていく」ことが大切

はじめにお医者さんの説明を聞いた際に「夜尿症は少しずつ改善させていく」ということでした。

薬を飲んでピタッと治るわけではないのである程度の期間の通院は必要となります。

しかし、毎日通院が大変というわけではなく1か月くらいに一度通院する程度なのでさほど負担はありません。

とりあえずはじめは「毎日お薬を飲む」のと、「夜寝る前の水分は控える」ことを行っていきます。

 

そして、やはりお薬も効果があるのでしょう。

おねしょの回数も減っていきまして、ウチの嫁さんも毎日子供を「偉いね~」と褒めていました。

こういう「自信を持たせる」のは大事だとお医者さんも言っていました。

 

夜尿症の治療を初めて3か月が経過…

お薬を飲み、毎月の経過報告を先生にしていくと「じゃあ●●できたらお薬半分にしていきましょう」という宿題を出されます。

ウチの子供の場合は「具体的に月に2回までのおねしょだったら」でした。

この時点ではまだおねしょは完全に治っていませんでした。

「1週間に1回するかしないか?」くらいでした。

それでも今までは1週間に3、4回だったので改善の効果はでています。

そして、頑張ったテストの結果は…

 

ギリギリの月2回でとどまり合格。

とりあえず、よかったです♪

次のテストは徐々にハードルが上がっていきます。(ちなみに失敗したら、同じテストを行うと言っていました。)

今度は「お薬半分にして月に2回までのおねしょに抑え」でした。

これもウチの子供はギリギリで合格ラインをクリアーしていきました。

 

最後のテストも合格して…

結局、ウチの子供は順調に(というかすべてギリギリで)最後のテストも合格しました。

そして無事に通院卒業です。

ただ、先生曰く「ここで合格でも、また戻ってきちゃう子供はいるから」と言ってました。

ある程度は薬の効果もあると思うし、それはそれで仕方がないからお子さんを怒らないようにとのこと。

優しい先生だなと思いました。

 


 

夜尿症の治療を終えて数か月経過していますが、とりあえずウチの子供は順調です。

まあ、仮に戻ったとしても「お薬である程度夜尿症を抑えることが出来る」ということがわかったのは気が楽ですね。

仮に林間学校や修学旅行などのお泊りイベントの時も「薬を飲めば大丈夫」というのは、なんというか心の負担がスッと軽くなります。

というわけで、現在「お子さんが夜尿症なんだよね」ということで悩んでいる方は、お近くの病院(治療してくれるところ)で相談されるとよいと思います。

私の感想としては、病院で相談して治療したことは良かったです。

 

スポンサードリンク

 

体験を通じて「子供のおねしょ」について思ったこと

今回、ウチの子供の夜尿症の治療を通じて思ったことをまとめたいと思います、

まず、一番初めにお医者さんによって

  • 成長と共に治る派
  • 夜尿症は治療して治る派

2つの意見に分かれているということです。

ですから、まずはじめに「自分はどちらのお医者さんの意見を聞くのか?」選択しないといけないません。

そして、もし治療を考えるなら、数は少ないかもしれませんが夜尿症に対応した病院を探すということが大切です!

 

子供がおねしょしても怒ってはダメ!

あと、先ほどもチラッと触れましたが、夜尿症はお子さんを叱っても治りません。

きっと子供はおねしょをしても、

「赤ちゃんの時から夜はおねしょしてますけど何か問題でも?」

くらいの感覚で何が悪いのかわからないのだと思います。

ウチの子も「寝てるときにおしっこしたかったらトイレ行きなよ」とか言っても、まったくピンと来ていない感じでした。

「おしっこ出したらダメ」という意識がないのでしょうね。

そういった分別がついていないのに「おねしょを怒るのはダメ」と病院の先生も言ってました。

私たちの感覚で感情的になってもダメということですね。

…まあ布団干したり、シーツ洗ったりすると怒りたくもなりますけどね(笑)

 

まとめ

いかがでしたか?

夜尿症で悩んでいる親御さんには「体が大きくなるのを待つしかない」と思っている方もみえると思いますが、治療してくれるお医者さんもいらっしゃいますから、一度相談してみるのをお勧めします。

実際、ウチの子供も、友人の子供も経過は良好ですし、病院に行く前と後では症状は随分変わっています。

少なからず子供もおねしょって気になると思いますし、良くなるならそれに越したことはありませんからね。

そんな感じで賃貸や不動産に関係するブログなんですけど、部屋の案内の時に喜ばれる話ということでお伝えしました。

小学生のお子さんのおねしょで悩んでいらっしゃる方は、ぜひ病院に連絡を。

というわけで、「小学生でおねしょが治らない?6か月の通院でピタリと治った体験談!」でした。

 

 

【 おすすめ記事 】

-暮し・インテリア

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2017 AllRights Reserved.