暮らし

ドライヤーが焦げ臭い!そのまま使っても大丈夫かの判断はどうする?

ドライヤーを使っていて「何か焦げ臭いな…」と感じたことはないでしょうか?

なんだったらパチッと音が鳴ったり、たまに火花が見えることもありますよね。

ひな
心配性な私は焦げ臭いと爆発するんじゃないかと、ハラハラドキドキしながらドライヤーを使っていました。

そこで家電に詳しい姉に相談したところ、焦げ臭くてもそのまま使って大丈夫な場合とダメな場合があるとのこと。

ドライヤーが焦げ臭い時に初めにすることを教えてくれました。

というわけで、今回は「ドライヤーが焦げ臭くなる原因」についてお伝えしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

ドライヤーが焦げ臭くなる原因は?

ドライヤーの使用中に焦げ臭くなる原因は「吸込口や吹出口にたまったホコリや髪の毛」ということがほとんど。

たまったホコリや髪の毛が、ドライヤー内部のヒーター(電熱線)に接触して焦げた臭いを発生させています。

そのためドライヤーが焦げ臭い=故障とは限らないので、まずは掃除をしてみましょう。

 

まずはドライヤーを綺麗に掃除してみましょう!

ドライヤーの構造は

  • 空気を吸い込む
  • ヒーターを発熱させる
  • 温風を出す

ものですから、空気を吸い込む吸込口にホコリや髪の毛が絡まっていると内部に入り込んでしまいます。

そのため、まずは吸込口を綺麗に掃除します。

あすか
表面に付いたホコリや髪の毛をブラシで取って、内部に入っているものは掃除機で吸い取ります。

 

次に吸出口です。

こちらは冷風にしながら綿棒などでホコリを掻き出します。

おやつ
注意点として、覗き込みながら掃除するとホコリを被るので気を付けて下さいね。

また、ドライヤーの掃除の仕方が分かりやすい動画も合わせてご紹介しておきます。

 

ほとんどのケースで掃除すればドライヤーの焦げ臭さは改善されるはずです。

 

新品のドライヤーでも焦げ臭いことってあるの?

ちなみに、新品のドライヤーを使用しても焦げ臭いことがあります。

こちらに関してはホコリ等が原因でなく、新品の電熱線に熱が加わったことで一時的に発生するものです。

使用しているうちに改善されますので、故障じゃないかと心配する必要はありません。

 

ドライヤーが髪の毛に近すぎても焦げ臭さは感じます!?

もし掃除しても焦げ臭さが改善されない場合、もしかしたらですが「近い方が乾きやすい」とドライヤーを髪に近づけていないでしょうか?

あまりドライヤーを近づけると、髪を焦がして痛める原因になります。

マイケル
ドライヤーは髪から20cmほど放して使うようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

ホコリや髪の毛がドライヤー内に入って起こる症状は?

ドライヤーは月に一度は綺麗に掃除するのがベストです。

あまり放置していると使用時に焦げ臭いだけではなく、以下のような症状も引き起こします。

 

ドライヤー本体が熱くなる!?

吸込口などにホコリ等がたまると、ドライヤー内部の熱が逃げ道を失ってしまいます。

そのためドライヤー本体が熱くなることがあり、そのままでは故障の原因にも繋がります。

解決策はやはり掃除です。

田中
早めに掃除して綺麗にしてあげましょう。

 

たびたび温風から冷風に切り替わる!?

温風が冷風に切り替わるのは、ドライヤー内部の温度センサーが正常に作動している証拠です。

ドライヤーは温風の温度が高くなりすぎると、サーモスイッチ(保護装置)で温風から冷風に切り替わる仕組みになっています。

ですが、その頻度が多いのであれば、内部の熱が籠もりやすくなっていることが考えられます。

こちらも溜まっているホコリがあれば取り除きましょう。

 

パチッと音がしたり火花が出たりする!?

こちらも故障では無く、サーモスイッチが正常に作動しているために起こるものです。

頻繁に起こるようであれば「それだけ温風の温度が上がりやすくなっている(内部の熱が逃げれられていない)」ので、掃除のタイミングとも考えられます。

 

マイナスイオンやナノイーのドライヤーの場合は?

マイナスイオンやナノイーイオンを発生させるドライヤーで、パチッと音が鳴ったり火花が見える場合は「異常放電」になります。

イオンを発生させる電極部分が汚れているので、イオンの吹き出し口を綿棒で軽くこすって掃除することで改善されるはずです

まいこ
それでも改善されない場合は、修理を依頼することをお勧めします。

 

スポンサーリンク

 

掃除をしても改善しない場合は?

ドライヤーを掃除しても焦げ臭い等の症状が改善しないときは、故障している可能性があります。

合わせて次のような症状が出ていないか確認してください。

 

風量が弱くなった気がする!

今まで使っていたよりも風量が弱くなったと感じる場合は、

  • モーターの経年劣化
  • ドライヤー内部にホコリや髪の毛が溜まっている

ことが考えられます。

ドライヤーの内部のホコリ等は掃除機で吸い出せれば良いのですが、それで改善できなければ分解となります。

不動
分解して元通りにならないと困るので、その場合は修理か使用年数によっては買換えが良いでしょう。

 

風が出ないのに煙が出て来た!?

ちなみにドライヤーを使用して風量が少なくなったり、風が出なくなって「煙が出る」ことがあります。

煙が出ると爆発するんじゃないかと不安になりますが、こちらはヒューズ(保護装置)が働いたことで起こる症状と考えられます。

爆発はしませんが故障していますので、無理な使用は控えて下さい。

 

カラカラと異音がする!

ドライヤーの内部からカラカラと音がする場合は、何かしらの異物が入った可能性があります。

異物が中で詰まってしまっても危険ですし、ドライヤーの風と共に吹き出してきて頭などに直撃するのも危険です。

おやつ
異音がする場合は、無理せずに修理に出して下さいね。

 

電源が入りにくい!

電源が入りにくい場合は「コードが断線している」可能性があります。

ドライヤーの故障で電源が入らないケースは多いですが、もしかしたらコードをドライヤー本体に巻き付けていないでしょうか?

巻き付けてしまうと根元の部分がねじ曲がってしまいコード内部の配線が切れてしまいます。

ひな
メーカーの取り扱い説明書にも「巻き付け禁止」と記載されていることがほとんどなので、コードクリップなどで根元に負担を掛けないようにまとめるようにしましょう。

上記で紹介したような異常があり、ある程度の年数を使用しているのであれば寿命と判断しても良いかもしれません。

寿命を迎えたドライヤーの処分や新しいドライヤーの選び方などは、こちらの記事を参考にしてください。

ドライヤーの寿命は何年?こんな異常がある場合は買換えサインかも!

「ドライヤーの調子が悪いけど寿命かな…」 最近のドライヤーは性能や価格にも幅がありますが、一般的にドライヤーの寿命はどれくらいなのでしょうか? おやつちなみにウチにあるドライヤーは現在5年選手で現役バ ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

 

おわりに

今回は「ドライヤーが焦げ臭い時の対応」についてお伝えしてきました。

ドライヤーの異常の多くは「掃除をしていない」ことで発生します。

これはメーカーの取り扱い説明書にも「ホコリが付着しているので掃除して下さい」と書かれています。

あすか
そのため、まず焦げ臭い等の異常を感じたら掃除してみる。

それで改善されれば良しですし、改善されない場合は故障を疑うことになります。

一番良いのは月1回の定期清掃をして、長くドライヤーを使い続けることがベストですけどね。

以上「ドライヤーが焦げ臭い!そのまま使っても大丈夫かの判断はどうする?」でした。

 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-暮らし

© 2021 イエエエイ!!!