暮らし

水ダイエットのビフォーアフター!1ヶ月半で5kg減ってどうですか?

「最近、お腹周りがヤバいな。」

多くの方が同じように気にしていると思いますが、私は一大決心をして1ヶ月半「水ダイエット+ウォーキング」を続けてきました。

そして、その甲斐あってか見事に-5kgの減量に成功しました!

田中
体重が67kgだったのが1ヶ月半で62kgになり、お腹周りもスッキリしてきたので効果は出ていることが実感できます。

正直思ったよりもダイエット効果があったので、私がやったことを振り返りつつ「なぜ痩せたのか」その理由について調べてみたのでお伝えしたいと思います。

でも、その前に水ダイエットは効果があるのかビフォーアフターから行きましょう!

 

スポンサーリンク

 

水ダイエットのビフォーアフターが分かる動画を紹介!?

今回、私はダイエットというよりも「健康面」を気にして水ダイエット+ウォーキングを始めました。

そのため、残念ながらビフォーアフターの写真を撮っていません。

なので、私と同じようなことをしてダイエットに成功している人はいないかなと探したところ、約1ヶ月続けて-13kgの減量に成功されている方の動画がありましたので、先に紹介させて頂きます。

 

35日の水ダイエットで13kg減という猛者も!?

当初は「水ダイエット+ウォーキング」だけで-13kgの減量に成功して、そこから2週間筋トレして肉体改造をされたそうです。

田中
ちなみに、この方のウォーキング時間は1日30分ほどで、後述しますが私よりもウォーキング時間は短いのに良い結果が出ています。

また、水の飲み方などにも違いがあったので、そういった違いが結果の差に繋がったのかもしれません。(そう考えると私の水ダイエットは非効率的だったと思います。)

ここから、そういった違いも踏まえつつお伝えしていきますが、とりあえずは「水ダイエット+ウォーキング」は効果があると言えそうです。

 

スポンサーリンク

 

本当に水を飲めばダイエット効果があるのか?

水ダイエット+ウォーキングで痩せたんなら、それは水ダイエットの効果ではなくて「ウォーキングのおかげじゃないの?」と疑問に思う方もみえるでしょう。

たしかに、私も水を飲んだだけでは痩せないと思います。

やはり痩せたのはウォーキングの効果もあったでしょう。

田中
でも、私はウォーキングを1日2時間(歩数で言うと1万歩以上)続けましたが、先の動画では1日30分で私の倍以上の減量に成功しています。

ちなみに、なぜ倍以上のウォーキングをして成果は1/2以下だったのかというと、そこは「水ダイエットのやり方」に問題がありました。

 

「水」と「水分」は違う!?

まず私と動画の方の水ダイエットの違いですが、水の捉え方が違いました。

私は「水=水分」と考えて、水を沢山飲むけどお茶や、あまりにも汗をかいたときはスポーツドリンクも飲んでいました。

つまり、純粋に水で2リットル飲むではなく、ウーロン茶なども含めて2リットルという感じです。

おやつ
ウーロン茶はゼロカロリーですし「水と変わらないと思っていた」のですが、じつは水とウーロン茶は同じでは無いんですね。

 

水だからデトックス効果が高い!

水は体内にある老廃物などを溶かして排泄する効果があります。

例えば、塩を水に溶かすと初めはよく溶けても、一定量に到達すれば混ぜても溶けなくなりますよね。

それと一緒でウーロン茶やコーヒーでも「水に他の成分が溶けている」状態なので、それ以上何かが溶けるという意味では水よりも効果は下がります。

あすか
つまり、ウーロン茶やコーヒーも水分ではあるものの、体の老廃物などを外に排出してくれるという意味では水に勝るものはないのです。

 

ちなみに、水ダイエットをすると便秘が改善されるなどの効果も期待できるようですが、私はあまりデトックス効果というのは感じませんでした。

ここは水と水分を一緒に考えていたのが原因かも知れません。

 

水ダイエットの水は「水道水」でも良いの?

ちなみに、水は次のものになります。

  • 水道水
  • ミネラルウォーター
  • 炭酸水
まいこ
水ダイエットは水道水でもまったく問題ありません。

 

また、軟水や硬水などの種類もありますが、水ダイエットではたくさん飲むので「軟水」がオススメです。

硬水はミネラルなどが豊富な水で体に良いと言われていますが、日本の水は「軟水」で私たちの体は硬水よりも軟水が受け付けやすくなっています。

そのため、人によっては硬水の飲み過ぎで内臓に負担をかけて、下痢など体調不良を引き起こすことがあるので注意して下さい。

ちなみに水と勘違いしやすいのが「フレーバーウォーター」ですが、こちらは水ではありません。

代表的な「いろはす」について解説している記事もあるので参考にして下さい。

いろはすは体に悪い?天然水だと思ってガブ飲みしたらヤバイかも!

「い・ろ・は・す(以下 いろはす)」と言えば、絞れるペットボトルが印象的でご存じの方も多いと思います。 いろはすはフレーバーウォーターも含めれば、2021年11月現在で「11種類」も販売されています。 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

 

水ダイエットは「代謝があがる」から痩せる!?

次に水をたくさん飲むことで代謝が上がります。

代謝とは体のエネルギー循環を良くすることで、代謝が上がれば脂肪燃焼が早くなり「痩せやすい体質」になります。

逆に水を飲まないと消化や排出機能が下がり、便秘になったりして代謝が下がります。

そうすると「痩せにくい体質」になってしまいます。

水を飲めば痩せるのではなく、水を飲むことで代謝があがり痩せやすい体になるという点がダイエット効果として大きいようです。

マイケル
ちなみに水を飲んだ直後90分は脂肪燃焼率が24%向上すると言われています。

 

ウォーキングの最中もしくは後に飲んでいた!?

ちなみに、私はウォーキング前に一口含む程度の水分をとって、あとはウォーキングの最中か終わった後に飲んでいました。

これも「水を飲んだ直後90分は脂肪燃焼率が24%向上する」ということを知らなかったのですが、もし意識していれば、より効率的に体重は落ちていたかも知れませんね。

 

スポンサーリンク

 

水ダイエットの正しい飲み方

一日にたくさんの水を飲む水ダイエットですが、

  • どれくらいの量を飲めば良いのか?
  • どのタイミングで飲めば良いのか?

は気になる所です。

 

水ダイエットで飲む水の量は?

水ダイエットは大雑把に1日2リットルと言われたりしますが、適切な水の量は次の計算で分かります。

年齢 計算式
22~55歳 35ml×体重
55~65歳 30ml×体重
65歳以上 25ml×体重

例えば、年齢30歳で体重が60kgであれば、30×60=1800mlで「一日1.8リットルの水を飲む」のが目標です。

また、1日に飲めば良いと思って「一気飲み」するのは厳禁です。

一気に飲んでも体内でため込める水分量は決まっているので意味がありません。

さらに一気飲みをすると「水中毒」を引き起こし、頭痛や気分が悪くなったり、体調不良を引き起こすので絶対にやめておきましょう。

ひな
一気飲みは「むくみ」の原因にもなりますからね。

 

水はどのタイミングで飲めば良いのか?

朝起きてから寝るまでに30~60分ごとに少しずつ飲むようにしましょう。

というのは、水が吸収されるのに20~30分掛かるからです。

また、食事中にたくさん飲むと「食べ物の消化が進まない」ので、食事中はコップ一杯程度にしておきましょう。

不動
むしろ食事中にたくさん水を飲むと消化が進まないので「逆に太ってしまう水の飲み方」ですから気を付けて下さいね。

 

水ダイエットは最初は太るのが普通?

水ダイエットを始めた当初に太る人が一定数みえます。

ちなみに私は水ダイエットを始めても体重の増減はありませんでした。

たくさん水を飲むのでトイレに行く回数が増えたりしたので、ある意味で適切に体内にたまった水を排出できていたのだと思います。

ただ、体重の増加が一時的なものであれば良いのですが、一週間以上続くような場合は少し体に問題があるのかもしれません。

水ダイエットは最初太る?それは飲み方に問題があるかもしれません!

水を2リットル飲めば痩せると聞いてはじめた水ダイエット! それなのに「水ダイエットを始めたら逆に太った」という方がみえるそうです。 田中ちなみに、私は水ダイエット+ウォーキングで1ヶ月半で-5kgの減 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

 

おわりに

今回は「水ダイエット」についてお伝えしてきました。

私はお腹周りが気になりだしたので、ダイエットというよりは健康を気にして「水ダイエット+ウォーキング」始めましたが、1ヶ月半で-5kgの減量が出来ました。

お腹周りのスッキリしましたので「効果あるんだな」と思ったら、もっとビフォーアフターが凄い方もみえるんですね。

そこで違いを比べたところ「水と水分は違う」「水の飲み方が違う」ことが結果の差に繋がったのではと思いました。

田中
水ダイエットは減量ではなく「体質改善」に効果があり、体質を改善させることで「運動によるダイエット効果が増す」のでしょう。

そういう意味では効果を実感しているので、オススメ出来るダイエット方法です。

以上「水ダイエットのビフォーアフター!1ヶ月半で5kg減ってどうですか?」でした。

 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-暮らし

© 2021 イエエエイ!!!