暮らし

風速10mで外出すると危険なの?どのくらいの風なのか詳しく解説!

天気予報で風速10mになると「相当風が強い」ということは分かります。

ですが、具体的にどのくらいの風の強さかピンと来る方は少ないのではないでしょうか?

風速は1秒間に何メートル進むかを表すので、風速10mは1秒間に10秒進むということです。

そんな時に釣りやキャンプは出来るのか?

また、そもそも外出しても危険はないのか気になります。

そこで今回は「風速10mがどのくらいの風の強さなのか」詳しくお伝えしていきます。

 

 

風速10mはどのくらいの風の強さなの?

以下の表は「ビューフォート風力階級表」というものです。

風の強さは「風力」で表しますが、こちらは気象庁でも採用されている風力階級になります。

風力 名称 風速(m/s)
0 Calm 0.0-0.2
1 Light Air 0.3-1.5
2 Light Breeze 1.6-3.3
3 Gentle Breeze 3.4-5.4
4 Moderate Breeze 5.5-7.9
5 Fresh Breeze 8.0-10.7
6 Strong Breeze 10.8-13.8
7 Near Gale 13.9-17.1
8 Gale 17.2-20.7
9 Strong Gale 20.8-24.4
10 Storm 24.5-28.4
11 Violent Storm 28.5-32.6
12 Hurricane 32.7

この階級表を見ると、風速10mは風力5の「Fresh Breeze(疾風)」もしくは風力6の「Strong Breeze(雄風)」になります。

風力6の海上での様子は「白く泡だった波頭が立ち広がる」ので、海が荒れているよう見えるでしょう。

また、陸上では「電線が唸り、傘も差しにくい」状態になります。

 

風速10mを時速に換算すると?

風速は秒速(m/s)で表しますが、私たちにとって身近な速度単位は時速です。

そこで風速10mを時速に換算したいと思います。

計算方法は「秒速×3.6=時速」です。

つまり、風速10mは「10m/s)×3.6=36(Km/h)」になります。

おやつ
時速36kmで1分走れば600m進みます。そう考えるとなかなかのスピードですよね。

 

冬の風速10mだと寒さはどのくらい?

では、冬に風速8mの風が吹くと体感温度はどのくらいになるのでしょうか?

体感温度はミスナール式「tn = 37 - ( 37 -t) / ( 0.68 - 0.0014 × h + 1 / a ) - 0.29 × t × ( 1 - h / 100 )」で計算できますが、パッと見ても難しい。

そこで「気温8℃・湿度40%」で風速0mと8mで体感温度がどれくらいになるか答えだけ見ていきましょう。

  • 風速0m…体感温度 11.3℃
  • 風速10m…体感温度 -4.2℃
不動
ちなみに、気象庁では風速10mで雪が降っていると「吹雪」と呼んでいるそうです。

ここまでを見ても風速10mでレジャーを楽しむのは難しそうなことは想像出来ます。

でも、実際に風速10mはどのくらいの状況になるのか気になる所なので見ていきましょう。

 

 

風速10mは釣りにどのくらい影響する?

ツイッターで風速10mで釣りに出掛けている人を探したら結構見つかりました。

あすか
こんなに揺れる船だと私なら間違いなく酔うと思います。

また、なかには海と風を軽くみている方もいるようです。

本当に危ないので波風の強いときは気を付けましょうね。

 

 

風速10mだとキャンプにどのくらい影響する?

風速10mで釣りに出掛けている人をツイッターでみましたが、キャンプも負けじといらっしゃいました。


ひな
キャンプ場のカメラで見ると不足10mってこんなに強いんです。


風速10mのキャンプはテントに籠もりっきりになると思います。

それでもキャンプが好きな方は楽しめるんでしょうね。

 

風速10mでも大丈夫?風に強い山岳テント

風速10mの強風でもキャンプに出掛ける方はみえますが、やはりテントは風に強いものを選ばないといけません。

そこでお勧めなのは「山岳テント」です。

山の強風にも対応できるように「高さを抑えて丸みを帯びた形状」をしています。

普通のテントだと簡単に吹き飛びますので、しっかり道具を選んで行きましょう。

 

風速10mだと外出するのも危険!?

ここまでの動画を見て風速10mで外出するのは安全とはいえないでしょう。

また、あくまで風速10mは「10分間に吹いた風の平均速度」なので、一時的に風速10m以上の風が吹くことも考えられます。

  • 風速10m…傘がさせない
  • 風速15m…転倒する人がでる
  • 風速20m…立っていることが困難

くらいですから、外出するのは控えた方が良いでしょう。

 

風速10mだと飛行機は欠航する?

ちなみに、あまり風が強いと飛行機も欠航することがあります。

では、風速10mで飛行機は欠航するのかというと「ギリギリセーフ」だと思います。

判断基準は航空会社によって違いますが、多くは雨天時に「横風で風速12~13m」で欠航すると言われています。

おやつ
向かい風の場合は風速13mでも制限はないそうですよ。

 

 

おわりに

今回は「風速10mはどのくらいなのか?」をテーマにお伝えしてきました。

ポイントをおさらいすると、

  • 風速10mを時速に換算すると36㎞/h
  • 冬の風速10mは外気温が8℃でも、体感温度は-4℃を超えてくる
  • 傘をさすのも困難な風の強さ

ということでした。

あすか
風速10mはあくまで平均的なものなので、突発的にはもっと強い風速になることもあるので注意して下さいね。

以上「風速10mで外出すると危険なの?どのくらいの風なのか詳しく解説!」でした。

 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

 

 

-暮らし

© 2022 イエエエイ!!!