家探し・土地探し

頭金なしで家を買うのは失敗?隠れたメリットを考えてみました!

更新日:

先日「家を買うのに頭金なしは無謀ですか?」という相談を受けました。

これはよく頂く質問ですが、家を買う時に頭金があった方が良いか悪いかで言えば「あった方がよい」でしょう。

「頭金があるのなら住宅ローンで使わずに運用しなさい」と言うファイナンシャルプランナーもみえますが、それはあくまで運用(投資)で勝った場合の話です。

(負けたらどうすんだよう!)

普通に考えれば「頭金があればそれだけ住宅ローンの金利がかからない」ので、頭金をなしにするよりも間違いなく支払総額のお金は少なくなるでしょう。

 

しかし、頭金が今は用意できないけど「家が欲しい」という方もみえます。

というか、そういう方は多いのではないでしょうか?

でも「頭金なしで家を買うのは不安」という気持ちもわかります。

そこで今回は「頭金なしで家を買う隠れたメリット」について考えてみました。

 

スポンサードリンク

 

家を頭金なしで買うことにメリットはあるの?

正直、賛否両論に分かれそうなテーマですが私は「頭金なしで家を買う」ことも時と場合でメリットになると思っています。

なぜなら買い物にはすべて「タイミング」があるから。

頭金なしでも以下のようなチャンスは逃さないことが上手な家の購入の仕方ですよ。

 

お値打ち物件を逃がさない!

もっとも「頭金なし」でも家の購入を踏み切るメリットは、お値打ち物件を逃さないことです。

この場合は「建売一戸建て」や「分譲マンション」になります。

通常、建売でもマンションでも初めは「建てた会社」が中心になって販売しますが、ある程度の時期を過ぎて売れ残っている物件というのは「値下げしてでも売る」ようになります。

仮に20区の分譲住宅を販売している会社で「15区まで売れば損はしない計算」とした場合、利益になるのはそれ以降(16区目から)です。

つまり、値引きしてでも売り切らないと利益になりませんし、損しないから値引きもしやすいのです。

結構100万円、200万円の値引きはザラですから「お値打ち物件」があるなら、頭金なしでも決めてしまう価値は十分にあります。

 

譲れない立地!これだと思ったら早い者勝ち

家を買う時にもっとも重要視すべきものは何かというと、それは「立地」です。

仮に家を建てて「間取りに失敗した」と思っても、最悪はリフォームという手段があります。

ですが「立地」は変えようがありません。

これは私がそうだったのですが、家を探す際にどうしても「学区」と「嫁の実家の近く」という条件が外せませんでした。

頭金が無くても”ココ”を逃せばおそらく一戸建ては出てこない。

支払いに関しては、とにかく働けばカバーできます。

そういう背水の陣の覚悟を持って申込みしました。

 

私も給料だけでは厳しいので、仕事から帰って副業頑張ってます(笑)

でも、そのおかけで今は希望の立地の家に住むことが出来ていますし、副業の分少し生活にもゆとりが出来ています。

 

もし金利が上昇すれば頭金を貯めても変わらない

今は住宅ローンの金利も低水準です。(貯金の金利も低水準ですが)

「いつか上がる、いつか上がる」と言われて上がっていないのが現状ですが、それでもいずれ金利も上昇するでしょう。

金利1% 金利2%
元金 30,000,000円 30,000,000円
利息 5,567,998円 11,739,109円
合計 35,567,998円 41,739,109円

 

仮に1%金利が上昇すると、結構な金額となります。

元金3000万円で金利1%と2%だと約600万円ほど支払う金額に差が出ますから、だったら低金利のうちに少しでも早く住宅ローンの支払いを行っておくのも1つの手だと思います。

結果「金利がそのままなのか?上昇するのか?」

それはわからないことなのですから。

 

スポンサードリンク

 

頭金なしで家を買うからこそ気を付けるべきこと!

頭金なしでも「タイミングを逃がさない」ということは上手な買い物の仕方だと思いますし、逆にコツコツ頭金を貯めてタイミングを逃せば「何のために貯めたのかわからない」ということにもなります。

住宅ローンは長い間支払いが続くので「この先何があるか分からない」という不安は付きまといます。

そこで「頭金なしで家を買うからこそ」気を付けておきたいポイントについても考えてみました。

 

住宅ローンの月々の支払いは無理しない!

今は銀行の住宅ローンの借入可能額の目安は「年収の7倍」と言われています。

ですが「借りられる」のと「返せる」のは違うということは念頭に置いておきましょう。

家を購入して本当に後悔するのは「住宅ローンの支払いが苦しい」こと。

家を買う時は気が大きくなって「ボーナスもあるし、なんとかなるかな?」と考えがち。

出来れば住宅ローンの返済にボーナスは含めずに、毎月の給料で支払える金額で計算しましょう。

家は購入がゴールではなく、そこからの生活にいろいろお金が必要になってきます。

また今までは賃貸で発生しなかった固定資産税などの税金も出てきます。

この先何があるか分からないからこそ、ボーナスは緊急用に貯蓄して「支払いに余裕が出来たら繰り越し返済などに充てる」ことをお勧めします。

 

金利が安いと「何でも」借りない!

住宅ローンでありがちな失敗は「何でも借りる」こと。

例えば、家の購入のために必要な経費以外に「家具や引っ越し代など」も借りられるだけ借りる。

借りても月々の返済がまったく問題ないのであれば良いですが、借りなくて済むものは極力借り入れを起こさないようにしましょう。

住宅ローンは金利が安いですが、借入年数が長いので総支払いはグッと増えます。

詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。

住宅ローンに車の購入費を上乗せ?絶対にやめておきましょう!

 

転職や副業で収入アップを積極的に考えてみる!

あまり転職や副業を勧める不動産営業マンもいないと思いますが、私は家の引き渡しが完了したら「速攻で転職」しました。

転職だけでも毎月の給料は3万円ほどアップしました。

転職は職種にもよると思いますが、転職が無理なら副業もアリだと思います。

今は「クラウドソーシング」など家で出来る副業もありますし、気合と根性があれば稼ぐことが出来ます。

私も貯金をしてこなかった人間なので大きなことは言えませんが、だからこそ「人生頑張る時期が来た」と思っています。

また、やっていると色々なことがわかって面白いものですし、上手くいけば毎月の住宅ローンの支払いが副業の収入で賄えてしまいますよ。

 

スポンサードリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は「頭金なしで家を買う」をテーマに解説してきました。

昔は住宅ローンを組むのに「諸費用分は現金」ということが一般的でしたので、どうしても頭金として2割程度のお金が必要でした。

ですが、今は諸費用も含めてローンが組めるようになったので「月々の支払いが問題ない」のであれば、頭金なしで家を買うことは何もおかしいことではありません。

 

それよりも「お値打ち物件」や「掘り出し物件」があれば頭金の有無は気にせず「買えるなら買う」で良いと思います。

しかし、当然頭金なしであれば住宅ローンの毎月の支払いは大きくなるので「気持ちと財布を引き締めて」家の購入は検討しましょう。

以上「頭金なしで家を買うのは失敗?隠れたメリットを考えてみました!」でした。

 

 
 

【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!


運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`S で、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。


 

-家探し・土地探し

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2018 All Rights Reserved.